自分を満たすと軽くなって、その軽い波動が自然に循環していく理由。

循環は、「作る」ものではなく「ある」ものです。

常に循環し、常に変化していくことが自然なので、自然に循環が起こります。

 

ただ、自分の中のエネルギーが枯渇していると、

循環させることが難しくなるのです。

 

循環するエネルギーが、枯渇することでどこに流れているのか?

ということがわかれば、それを流さないと決めることができます。

 

エネルギーがなくなる理由。

毎日ご機嫌に楽しく生きていれば、

エネルギーは常に循環し、新しいエネルギーが回ってきます。

 

まさに、呼吸をしているのと同じような感覚なので、

エネルギーが不足することはありませんし、

エネルギーがなくなるという心配をすることもありません。

 

あって当たり前・・・ということも考えないレベルの話になります。

 

それは空気だけではありません。

エネルギーも同じです。

 

身体のエネルギーは、食べ物によってチャージすることができます。

それと同じように、精神的なエネルギーもチャージすることができるのです。

 

例えば、

自然がたくさんあるところに行って、木や動植物に触れると気持ちよくなると思いますが、

それは、それらの存在とエネルギーを交換している(循環している)から、感じられる感覚なのです。

 

無意識にしている人が多いですが、

それを意識的にすることで、エネルギーチャージはいつでも、どこでもできるようになります。

 

それにも関わらず、エネルギーが不足する理由があるのです。

 

1つは、エネルギーチャージをしていることを知らないということです。

肉体のエネルギーチャージをしても、心が満たされない時があると思いますが、

その状態こそ、精神的なエネルギーが不足している状態です。

 

だから、いくら肉体を癒しても、いつまでも疲れが取れないことが起こります。

 

ただこれは、エネルギーのことがわかって、

草・木・大地・宇宙からのエネルギーを感じられるようになれば、すぐにチャージすることは可能です。

 

もう1つは、物質次元の社会の状態です。

ピラミッド社会と呼ばれる社会システムは、トップにエネルギーが流れるような仕組みになっています。

 

そして、入り口がたくさん、出口が1つなので、

循環することがありません。

 

循環しないということは、

ピラミッドの下にいると思われている人たちにはエネルギーが返ってこないことになります。

 

返ってこないエネルギーをどうやって補充するか。

1つ目の理由で書いたように、

エネルギーチャージを感じられれば、自分の中から湧き出てくるエネルギーからチャージすることができますが、

それは、ほとんどの人が知らない(教えない)方法です。

 

世の中で広まっている方法は、

「奪い合う」という方法です。

 

これがエネルギーバンパイアと呼ばれるもので、

高圧的な態度をとったり、

尊重の無い言葉を使ったり、

被害者になったり、

いろんな方法をイメージとして植えつけられています。

 

だから、

誰も疑うことなく、対立もするし、支配もする。

そんな社会になっています。

 

奪い合うということは、

奪った側はエネルギーがチャージされて、

奪われた側はエネルギーがなくなります。

 

奪っても、別の人に奪われることもありますし、

奪われても、別の人から奪うこともあるのです。

 

そうやって、

いつまでも、誰もが満たされることのない環境になっていきます。

 

自分を満たせば循環する。

そう言い切れるのは、そういうことです。

奪い合いはなくなりません。

 

その土俵から降りない限り続きます。

 

そして、土俵から降りないということは、

いつまでも重い世界を体験するということにもなるのです。

 

自分を満たせば、それを誰かに提供することが楽しくなります。

提供することが楽しくなるので、そこにいる相手も楽しくなります。

 

お互いに楽しい状態で居られるということは、

そこに自分の中から湧き出てくるエネルギーが出ているということなのです。

 

「自分のご機嫌なことをする」

すごくシンプルな言葉ですが、まずは自分ができるから、周りもご機嫌になっていきます。

 

それは、自分の楽しいエネルギーに周りが共振して、

そのエネルギーから小さな循環が生まれるからなのです。

 

誰かの幸せを願う前に、自分を自分でご機嫌にする。

誰かのために、何かをするのが素晴らしいと言われてきました。

でもそれは、自分が満たされていて初めて、心からやろうと思えることなのです。

 

自分で自分を満たす前に、

誰かのために自分を犠牲にして・・・

 

それでは、いつまでも自分の目の前にご機嫌な世界は現れないのです。

 

急激に環境を変えたり、

人間関係を変えたりする必要はありません。

 

それも、循環の中にいれば自然に起こるタイミングで起こります。

 

社会を変えるとか、そういうことも必要ではありません。

ピラミッド社会の重い価値観を持って、社会を変えようとしても、

表面上は違っても同じことが起こります。

 

だから、

自分をご機嫌な世界で満たせば、自然に波動領域が変わるので、

新しい世界は自然に見えてくるのです。

 

まずは、自分を満たす。

これが始まりというのは、そういう意味があります。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役【経歴】▶︎「人生をクリエイトする。(月4万PV)」の運営。▶︎ブログ運営4年経過▶︎波動関連のサービス運営●波動のような目に見えないものが面白くて研究してます●兵庫県出身のウォーキング/サウナ/温泉/食べること/電車好きです。