考え方や価値観が同じなら、田舎でも都会でも同じ現実を作るワケ。

都会にいても田舎にいても、どんな環境や世界にいても、現実を作っているのは自分です。

自分自身に現実を作る力があります。

だから、どんなところにいても、考え方や視点・価値観などが同じであれば、体験する現実は同じです。

 

例えば、田舎に行ったからスローライフをできる可能性は増えますが、都会の時に忙しくしていれば、その忙しさを田舎でも生み出すということになります。

人間関係でも同じです。

田舎に行くから気持ちがいい人間関係を作れるわけではなく、考え方や価値観が変わるから、気持ちがいい人間関係を作れるんです。

それらについて、解説していこうと思います。

 

考え方や価値観が同じなら、田舎でも都会でも同じ現実を作るワケ。

まず、考え方や価値観が、何に影響を及ぼしているのかというと「行動」です。

行動する前に必ず、思考エネルギーを使うことになります。

 

例えば、お寿司屋さんという言葉のイメージが、「回転寿司」であれば、回転寿司を見つけることも、そこに行くことも、どれくらいの予算なのかも瞬時にイメージすることができます。

これは、「回転寿司=どういうところ」なのかということが、イメージしなくても当たり前にできている状態です。

 

ただ、回転寿司でも地域によって違ったり、大手チェーン店をイメージしたり、高級回転寿司をイメージしたりと、人によって違います。

この人によって違うイメージができるということは、考えている視点が違うということになるのです。

 

この違いによって、行く店は変わると思います。

行く店が変わるということは、行動が変わりますし、そこで出会う人も変わるということです。

 

これが趣味・嗜好によって、体験する現実が変わるということになります。

 

では、これを人間関係に当てはめてみるとどうなるのかというと、自分が今までしている思考と行動になれば、行き慣れている寿司屋と同じように、今までと同じ行動を起こすことになるので、出会う人も同じような人になるということです。

都会に住んでいて、田舎に引っ越したとしても、行動が同じであれば、出会う人もそう変わらないというというのはそういうことです。

 

また、自分と同じ思考をしている人は、同じような価値観を持っている可能性が高いので、出来上がる人間関係も、最初は新鮮に思えますが、だんだん同じだと思うようになっていくのです。

 

お店であっても、出会う人であっても、スタートは自分の思考エネルギーであり、現実を変えたいのであればその思考エネルギー自体を変えていく必要があるということになります。

 

思考エネルギーを変える方法。

では、思考エネルギーを変える方法について解説していきます。

 

思考エネルギーというのは、マインド(頭で考えること)ではありません。

現実を作ることができる思考エネルギーは、感覚になります。

 

言葉にすると「考えないで考える」ような感覚なのです。

この感覚の正体を掴むことができれば、言葉でなんとかしようと思わなくても、思考エネルギーは自然と変わっていき、行動も自然と変わるので、現実は変わっていくことになります。

 

考えないで考える感覚とは?

先ほど回転寿司のお話を例に出しましたが、行き慣れているお店って、言葉にしなくてもお店のイメージや出てくる商品を瞬時に理解することができると思います。

わざわざメニュー表を見なくても価格は知っているし、お店位に行くためのルートや、どんな雰囲気なのかも、ネットで調べなくてもイメージができると思います。

この感覚が、「考えないで考える」ということなのです。

 

感覚が鋭くなってくると、「理解する」ことができるようになります。

その理解を言葉にしてしまうと、伝わりにくくなるのです。

 

お店の雰囲気を言葉で伝えるよりも、写真を見せたほうが早いですよね。

それは、写真を見て理解できるからです。

 

この理解ができることが、現実を作る思考エネルギーの正体です。

だから、「できる」という理解ができれば、どんなこともできるようになります。

根拠のない自信というのは、理解したことを信じ切っているのでできるのです。

 

逆に言い聞かせても現実化しない理由は、言い聞かせているものが「言葉」なので、理解できていません。

むしろ、言い聞かせることは執着になるのです。

 

日常での思考エネルギーの変え方。

思考エネルギーを変えていく上で大事なことは、普段の何気ない選択自体に意識を向けることです。

自分が何を選んでいるのか、自分がどういう行動をしているのか、それはどういうことを考えての行動なのか。

それらを無意識にするのではなく、意識的に選ぶことが、実践的に思考エネルギーを変える方法になります。

 

例えば、コーヒーを飲むか、紅茶を飲むか迷ったら、その時の気分を感じて意識的に選ぶことが大事になります。

これを、周りに合わせてとか、いつもしているからとか、そういう方法で選ぶのではなく、自分が選んだということを意識するんです。

 

それができると、意識して選んだ結果である現実を体験することができます。

その現実を体験してみた時に、「この感覚や意識で選んだら、こういう現実になった」ということを把握していくんです。

 

「周りに気を使って、周りと同じものを選んだら、後から罪悪感を感じることになった。」のであれば、周りに気を使って選ぶ行動は、自分にとってご機嫌な現実を作るものではないということになるので、次に同じ状態になったら、意識的に「自分が飲みたいものを選ぶ」ということを決めることができます。

 

すると、その選択肢で現実を作るので、罪悪感を感じることはありませんので、楽しい時間を過ごすことができます。

楽しい時間を過ごせるので、そのエネルギーに共振し、その後の現実も楽しい現実をそのままのエネルギーで作っていけるのです。

 

重くなったら、むしろチャンス。

楽しくしていく中で、ふとした時に重くなったら、その時は自分の中にある重くなる原因の思考エネルギーが表面化してきているのでチャンスです。

軽くご機嫌でいる現実が続いた時に、ふと重くなったり、「あれ?」と思う体験することがある場合が出てくるかもしれません。

 

これに気がつけるのは、普段がご機嫌で楽しいからになります。

軽い波動で生きること、軽い思考で生きることが当たり前になるから、「あれ?なんか重くない?」ということにも気がつけるのです。

気がつけたら、意識的に自分の行動や思考を感じていきます。

 

これも、慣れてきたらオーダーによって原因を見つけることができるのです。

 

重くなる原因を見つけるためのオーダーのやり方。

1、ハートの感覚に意識を向けます。

2、「原因はどこか教えて」とハートのオーダーをします。

3、最初にイメージができること、理解できることが原因です。

 

このやり方において大事なのは、「3」で出てくるイメージや理解が、直接的な重さ、マインドで判断できる重いことではない可能性もあります。

逆に、自分にとっては当たり前のことだったり、重いとも思っていない出来事である可能性もあるんです。

自分のイメージや理解を信じ切れるかどうかが大事なのですが、最初に浮かんだことを信じてみてください。

 

そして、そのイメージや理解をもとに、原因を探していきます。

すると、「これが重い原因?」というものを見つけることができるのです。

見つけたら、あとは昇華して、エネルギーをフラットにしておけば、今の自分が影響を受けることがなくなります。

 

まとめ

どんな現実も自分の波動と思考で作っています。

逆に言えば、作ることができるということです。

 

今まで無意識に作ってきたことを意識的に変えてみてください。

それができれば、都会であっても、田舎であっても、自分がご機嫌に生きることはできるようになるんです。

環境が自分の波動を軽くしたり、重くしたりしていることもありますが、それ以上に自分の思考エネルギーの影響が大きいことを理解してみてくださいね。

スポンサーリンク




面白かったらシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』