【自分を満たすコツ】自分の本音の気持ちを受け取るところから始まる理由。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

何よりも先に、自分を満たしてください。

自分を満たすことは、自己中心ではありません。

アナタがアナタ自身を満たさない限り、アナタの世界に満たされた空間を体験することが出来ません。

 

余裕がなかったら渡すことはできません。

 

例えば、とても寒いところにいるとします。

アナタの横には薄着の子どもがいて寒いと言っています。

アナタがたくさん服を着ていて暖かければ、何の躊躇もなく服を脱いで渡すことが出来ると思います。

 

でも、もしアナタも薄着だったらどうでしょうか??

子どもであっても正直ためらいませんか??

 

「なんでそんな薄着なの??」

って思いませんか?

 

これはあくまで極端な例ですが、

もし、アナタが服をたくさん着ていて、暖かいことに満たされている。

それだったら、服を心地良く提供することが出来ると思います。

 

これって、心の状態でも同じです。

 

自分の心が満たされているから、周りも満たされていくのです。

ご機嫌で生きていくことを自分がしているから、提供することも楽しくなっていきます。

 

義務感を感じることもなければ、罪悪感を感じることもありません。

それは、まず自分の心を楽しさで満たせているからに他なりません。

 

これはどんなことにも当てはまります。

自分が満たされていると、提供することにためらいはありません。

もちろん、搾取するなんてことも考えませんよね。笑

 

自分を満たし続けていると、人に提供したくなります。

提供したくなるくらい自分を満たしてみてください。

 

自分を満たす方法

 

じゃあ、どうやって満たすのか??

 

自分の気持ちに素直になってみてください。

自分の感じていることに素直になってみてください。

 

気のせいだとか、思ってはいけないだとか、こうすべきだとか。

そう言ったものを脇に置いて、ただただ自分の思っていることを受け止めることをしてみてください。

 

すると、自分の気持ちに素直になれます。

「やりたい」と思えること、

「やりたいくない」と思えること。

 

それらがわかれば、行動することができます。

 

やりたいことはしてみればいいですし、合わなかったらやめればいいのです。

イメージしていたことと違えば、すぐにやめればいいと思います。

それくらいの軽い気持ちでやってみると、自分の気持ちを受け取って行動できたことが成功体験として残ります。

だから、次にやりたいこともすぐにできるようになるんです。

 

そして、やりたいくないことも同じです。

やりたくないと言う気持ちを受け取って、「やらない」ということをしてみてください。

 

掃除をしない、料理をしない、相手にしない。

やらないという体験から、やらなくても大丈夫だということがわかります。

1度でも大丈夫だとわかれば、もうしなくて済むのです。

 

それも、自分を満たすためには必要なことだと思います。

 

我慢や犠牲は、満たすこととは真逆のことです。

どんどんエネルギーは、外に流れていきます。

だから疲れるし、疲弊するし、活力がなくなるから、やりたいことができなくなるんです。

 

自分と周りを比べると、エネルギーは無くなります。

 

新しく何かを手に入れる以外にも、今の自分がすでに持っているものがあります。

そこに目を向けてみてください。

 

何も持っていない人はいません。

アナタが気がついていないだけです。

本当に。笑

 

比べる必要はないんです。

アナタが自分で「満たされている」と感じたことが真実です。

だから、どんどん自分の持っているもの、満たされていることを感じてみてください。

 

周りと比べたり、成功というモデルケースに当てはめると、

「足りない」「もっと欲しい・・・」となってしまいます。

 

「もっと」という思考エネルギーは、「いま手元にない」という現実を引き寄せることになります。

 

モデルケースは幻想です。

人それぞれ、満たされているという感覚は違います。

 

だから、

自分の感覚を信じていればいいのです。

自分の気持ちを最優先に考えれば、うまくいきます。

 

満たされているかどうかを他人に判断してもらう必要もないのです。

自分が「楽しい!」「満たされている!」と感じていれば、ただそれだけでいいのです。

 

まずは、自分を満たしてください。

それが何よりのスタートです。

 

関連記事

「罪悪感を感じることでわかることが、自分のタネだと言える理由。」

「感情をコントローすることはできない理由。」

 

よければシェアをお願いします!