波動が合わない違和感を人間関係で感じるワケと感じても大丈夫な理由。

アナタ自身のステージ(アナタのいる波動空間)が変わると、「違和感」を感じると思います。

この違和感を感じるということは、そこに合わなくなってきたサインです。

 

今まで出来たことができなくなったり、

体調が悪くなったり・・・

ボーっとする時間が増えたりすると思います。

 

人間関係で言えば、

話が合わなくなったり、

会う頻度が少なくなったり、

タイミングが合わなくなったり。

 

そうなったとしても、それは全く問題ではありません。

アナタの体が新しい環境に慣れるための準備期間だからです。

 

準備をするから次に進める。

 

例えるなら、

今までは山が好きだったのに、急に海が好きになった。

山での過ごし方や必要なものは知っているけど、

海に関しては詳しく知らない。

 

だから、海で過ごすために必要なものを探したり、

海で泳ぐ方法を学んだりすると思います。

 

まさに

波動領域が変わるということは、その状態と同じなのです。

 

人間関係でも、今までの波動領域で興味があったことから、軽くなって興味が別に移ることで話題は変わります。

だから、今までと同じ人と一緒にいても、何を話していいかわからなくなるんです。

 

まさに、山が好きな人と話していて、自分は海が好きになったんだけど、山の友達と一緒にいると話は合わなくなりますよね。

それと同じです。

 

最初は戸惑うかもしれませんが、

慣れれば大丈夫です。

 

イメージしてもらえればいいと思いますが、

初めての場所ややることって、何がどこにあるのかわからないし、怖いし、どうしていいかわからない・・・

となるかもしれませんが、

1度経験すれば、それはなくなりますよね??

 

それと同じように、

新しいステージにいても慣れれば、何の問題もなくなっていきますし、

慣れることが出来るのです。

 

人間関係においても、慣れれば話すこともそんなに難しいことではなくなります。

 

だから、

「出来なかったらどうしよう・・」

と、自信をなくす必要もありません。

 

軽く生きることに方向性を向けているから起こることです。

 

軽くなることに意図していれば、そういうことが何度か起こると思います。

そのたびに、「ん?」となるかもしれません。

「あれ?今までとは違う?」と思うこともあると思います。

 

言葉では表現できないことも起こりますし、

言葉に出来ないけど、なんとなくわかる情報も増えていきます。

 

それは、頭がおかしくなったわけではありません。

今まで受け取らなかった情報を、受け取っているだけなのです。

 

そして、その情報から、今までの自分とは違う情報を受け取って、それを実行しているから変化していきます。

その上でわかりやすい変化が起こるのが、人間関係なのです。

だから、どんなに波動が合わないと違和感を感じても、その違和感があるから気がつくことができる。

違和感に気がつくから、これからどうしていけばいいのかもわかるんです。

 

だから、違和感自体がダメということではありません。

感じたからおかしいわけでもありません。

感じても大丈夫なのです。

感じるから次に進めます。

 

人間関係が合わないから切るというのは、ちょっと違います。

 

波動が合わないと、自然と会う回数は減ってきます。

「いきたくない」と思うことも増えると思います。

 

その時に、自分の気持ちに正直な行動を起こせるかが大事です。

 

自分に合わない相手を、なんとかして自分に合わせることはできません。

だから、自分がそこから出るしかないのです。

 

違和感を感じながらも、周りの目や利害関係を気にしてその場にいることも1つの選択肢です。

それは、違和感よりも周りの目や利害関係が大事だと思っているからになります。

 

そして、それがダメということもないんです。

ただ、そのままでは何も変わらないことは忘れないでください。

 

例えば、周りが変わったらいいのに・・・

と考えるのは、ナンセンスだということです。

 

合わない人がいて、その人がいなくなったらいいのに・・・

と考えるのも、違います。

 

この思考は、「排除」の思考です。

排除は重いエネルギーなので、そのエネルギーを纏うことになります。

 

だから、いつまでも合わない人といる現実になるんです。

 

合わないものは合いません。

 

重い世界と軽い世界は、全く別の世界です。

価値観も違えば、関係性も違います。

 

その2つが交わることはないので、合わないものは合うことがありません。

合わせようとすること自体無理があります。

 

だからこそ、自分はどちらにいたいのかをはっきりさせて、感じた違和感を感じないところに、自分でいけばいいということになります。

自分の周りに軽い世界を生きている人がいなくても、全国を探せばいるんです。

 

そして、軽い世界に方向性を向けていれば、案外ひょんなところから近所に友人ができるかもしれません。

それは、「自分に合うのはここだ」と決めるから、得られる現実です。

 

先に自分で決めるから、その通りに現実が動いていきます。

現実が動いてから決めるということはできないんです。

 

自分で決めるから、次に何をすればいいかわかる。

 

決めないと現実は動きません。

決めないということは、今までと同じでいいということになります。

 

波動エネルギーは、推し量って動いてくれるのではなく、思っているままに動くのです。

だから、「決めない」というと、決めていない現実を作り続けることになります。

 

次がわかるようになるのは、どうするかを決めた時です。

 

どんなに解決策が見えていなくても、どうすれば人間関係を変えられるかわからなくても、

どんな人と一緒にいたいのか。

今の人たちとどう付き合いたいと思っているのか。

それをはっきりさせないことには、何も見えてきません。

 

「こうすればいいのか」

という解決策は、自分で見つけることができます。

 

「この違和感は、こうすれば解決できる」

ということも、自分で見つけることができますよ。

 

関連記事

「挑戦の恐怖を楽しさに切り替えられる思考術。」

「自由への介入とは??」

「無性に眠いのはスピリチュアルと関係がある?」

「成功も失敗もなく、どちらも”体験できる”という本質の理由。」

「体験することで軽くなれる理由。」

 

今西のLINE公式アカウント

気が向いたときに、気づきや発見を送っています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!

無料登録はこちら