体験するから自分の中から答えが出てくる理由。

自分の中から湧き出てくる答えは揺らぎません。

自分がこれだと思ったものを、自分で決める。

それが、確信になっていきます。

 

どんなに周りに言われても、

影響されたとしても、

最後に決めているのは自分です。

 

だから、周りの意見を参考に決めることも、

自分の中から出てきた答えだと決めることも、

どちらも”決める”ということは同じなのです。

 

どちらも同じだからこそ、

自分の中から湧き出てくるものを選ぶことで、

その決断が自分のご機嫌に繋がっていくのであれば、

後悔は決してしないはずです。

 

体験からわかる自分の中。

 

自分で心からイメージしていると思っていても、

それを実際に体験した時に、それが自分にとって、本当に体験したかったことなのかがわかります。

 

体験することで、欲しかった状態を体験した時に、

自分の中の感覚、本当に感じた感覚を知ることになります。

 

それは、イメージだけでは得ることができません。

 

だから、小さなことでも、ちょっとでも、

自分の「やりたい」と思ったことはやってみることが大事になります。

ちょっとしたリアル、ちょっとした体験。

それらが次の現実を作る要素になっていくからです。

 

例えば、

軽い世界というのも、いろんな種類の軽い世界があります。

その軽い世界の中で、自分が1番居心地のいい場所、環境を選ぶには、

いろんな軽い世界を体験してみてこそ、わかるようになります。

 

そして、

いろんな軽い世界を体験することで、自分の納得できる選択を選ぶことができます。

 

納得できていないものは、

どんなにその世界が素晴らしいと言われても、受け入れることはできません。

 

これが、自分以外の人が勝手に自分の軽い世界に導いてくれない理由です。

救うことも、導くこともできません。

 

自分で歩いて、そこに進むしかないのです。

 

こんな世界があります。

あんな世界もあります。

軽い波動はこんな感じです。

重い波動はこんな感じです。

 

そうやって選択肢をお伝えすることはできても、

山を登る時の標識のように、軽い波動で生きるルートをガイドすることはあっても、

選択する権利は、自分にしかないのです。

 

そして、それに気がつき、自分で動けるようになると、

選ぶということが楽しくなります。

 

山登りで、AというルートとBというルートがあって、

自分はどちらが楽しいと思えるのか?

ということを自分で選べるようになります。

 

選ぶ楽しさを見つける。

 

「生活でどんな選択肢が、自分のご機嫌につながるのか。」

ということを意識していくと、ひとつひとつの「選ぶ」「決める」という行動が楽しくなっていきます。

 

今日はこっちにしてみよう。

今日はこれにしてみよう。

 

選ぶことを意識すると、それを選んでどうだったのか?という結果(現実)を知ることができます。

 

例えば、

豚肉にするのか、鶏肉にするのか、

今の自分はどちらが食べたくて、どちらがいい?

ということを決めるときに、

どういう理由からそれを決めているのか?を意識してみてください。

 

値段なのか。

家族の目なのか。

自分の心なのか。

 

どれであっても、”選ぶ”ということは変わりません。

選ぶということは変わらなくても、どれを選んだかによって、自分の心の状態は変わります。

 

だったら、自分が買う選択肢を持っているのであれば、

自分の心が満たされる選択肢を選べばいいのです。

 

値段が自分の心を満たすものであれば、それで選べばいいですし、

家族の目が自分の心を満たすものであれば、それでいいのです。

自分の心が自分の心を満たすのであれば、それを選べばよくなります。

 

どの動機が素晴らしくて、

どの動機がダメということはありません。

 

選んだ理由が大事なのではなく、

選んだ後の自分の心の状態が大事なのです。

 

心が楽しくなれるものを選んでいれば、

それが自分にとって、その時の1番の選択肢を選べていることになります。

 

だから、選んだものを食べるときに楽しく食べることができるので、

軽い波動に共振して生きることができるのです。

 

そうやって、体験してみることで、

「頭では変わっているんだけど」という状態は突破することができます。

 

まずは、意識できるタイミングから始めてみる。

 

毎日の買い物、

毎日の家事、

毎日の仕事の中で、小さな「決める」ということをしていくと思います。

 

その小さな決めるという行動を、

意識できるときは意識してみてください。

 

意識をするということを決めて、

それが出来たタイミングだけ、「出来た!」と思えることができれば、

できるという体験を得ることができます。

 

逆に、意識しようと決めてできなかったからと言って、

「できない」と呟くということは、できない体験を得ることになります。

 

これも、同じ得るならどちらが欲しいのか。

どちらの方が自分の心が満たされる感覚になるのか。

 

それを決めることで、選ぶことができるようになります。

 

都合よく、自分の出来たタイミングだけにフォーカスしていれば、

気がついたらいつでもできると思える状態になっていきます。

 

自分の答えは、

自分の中からしか出てきません。

 

それは、毎日の生活の中で、いくらでも得ることはできるのです。

 

関連記事

「他人をコントロールできない理由。」

「周りの目が気になるのはエネルギーに敏感だから。」

「罪悪感を感じることでわかること。」

「自分の思考エネルギーの流す先をはっきりと決めることが大事。」

「自分を満たすことは”満たされている状態”を見つけること。」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!