変化は当たり前に存在する意味。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

変化は勝手に起こっていきます。

だから、変化させようと思う必要もないのです。

 

例えば、「体重を減らしたい、痩せたい。」と思って、ダイエットをするというのは、自分の体の変化を無理に作ることになります。

自分にとってベストの体型が自然とできるのが、本来最も健康な状態です。

それは、日常生活の思考エネルギーによって変わります。

 

それなのに、「痩せているのが素晴らしい」「体型のモデルケースがある」ということで、ダイエットという急激な変化を求めるから、逆に自然な変化からは遠ざかってしまい、健康になれないという現実を引き寄せることになるのです。

 

本当に必要であれば、何をしていても体型を維持することはできます。

運動しなくても、食事制限しなくても、最も健康的な体型を維持する事ができる変化を持っているのです。

というよりも、運動したくなったら動いて、お腹が空いたら食べる事ができるようになります。

そのバランスが取れていれば、病気になるなんてことはないんです。

それなのに、「痩せた実感」という刺激を求めてダイエットをするから、楽しくない時間が出来上がるのです。

 

楽しくない時間は、ストレスになります。

我慢や忍耐もストレスです。

すべて、重いエネルギーなのです。

だから、そのエネルギーを感じる行動をしている限り、楽しく穏やかに生きることはできないのです。

 

満たされていれば、必要な分だけを食べる事ができます。

ストレスの埋め合わせをしなくなるからです。

 

満たされいていれば、動きたくなります。

それが結果的に運動になるのです。

 

マインドで思い込まされているモデルケースではなく、自分の中から「やりたい」という気持ちが出てくるから、その現実を手に入れる事ができるようになります。

 

例えば、「1日これくらい歩いたら健康ですよ。」と言われて、それを目標に歩いていると、何歩歩いたか?ということばかりに気がとられてしまい、景色を楽しむ事ができません。

そもそも、人によって違うのに、1つに答えが決められて、それが「全ての人にとっての健康です。」という事自体がおかしいですし、目標がないとできないことは、本当にやりたいことではないんです。

 

歩きたい時に歩くから、健康になれます。

歩きたくなかったら、歩かなくていいんです。

 

そのシンプルな行動ですら、誰かの決めた目標や指針に従っている限り、自分が何をしたいのか?どう生きたいのか?というところには辿り着けません。

小さなところから変えてくから、大きなことを変えていけるんです。

 

「今日はこのルートを歩いてみよう」と歩いて、その道中の景色や人や動物との関わりを感じながら歩いていれば、気がついたら5キロ歩いていたということになります。

5キロ歩いた事が大事なのではなく、その時間が最高にご機嫌かどうかが大事なポイントです。

 

そうしていくと、変化する事がわからなくなるくらい、当たり前の変化になっていきます。

波動を教えていて、それがよくわかるのです。

 

ダイエットをして、10キロ体重が減ると、目に見えた実感を感じる事ができますが、多くがリバウンドすると思います。

それは、実感という刺激が欲しいだけだからです。

思考が変わっていないので、10キロ減っても、生活における行動や食べるものは変わりません。

それが、我慢から得られる変化だからです。

 

その結果、同じ現実を繰り返すことになります。

そして、下手すると自己否定になるのです。

 

波動エネルギーがわかると、ダイエットのように大きな変化ではなく、気がつかないレベルでの変化をたくさん体験することになります。

またの変化自体も、気がつかないレベルで起こるんです。

 

例えば、振り返ってみると「できてるじゃん」という事がたくさん出てきます。

「言われてみれば、今まではこうだったけど、そうはならなかった」という事が起こるんです。

思い出さないとわからないけど、思い出したら全然違う自分がいる。

これが、本当に腑に落ちた理解なのです。

 

自分のモノにできた瞬間になります。

 

特に波動のように、「心の状態」を扱うモノだからこそ、この感覚は必要だと思うのです。

「自分でできてた。笑」ぐらいの軽さでできるから、心が自立します。

 

ビジネス的には、依存させる方が儲かると思いますし、答えを提示する方が儲かると思います。

でも僕は、そこが重要なのではなく、関わる人が「ご機嫌で楽しく、穏やかに生きる事」が重要だと思っているので、「大丈夫です。」「できます。」しか言いません。

それは、自分で答えを見つけて、自分で体験し、何かあれば自分で解決できる能力があることを知っているからです。

そこにエネルギーが見えるからと、自由への介入をしても意味がないと思います。

 

ただ、そこを通ってきた方は、確実にできるようになるんです。

そして後から、「なぜそういっていたのか?」という事がわかるようになった時に、どういう意図でそうしたのかを話していくんです。

 

情報はタイミングです。

なんでも最初から知る必要はないですし、必要があればそれを聞く事ができます。

聞けるだけのステージにくるから、理解できるし「なるほど」と思えるんです。

 

そのステージには、自分の足で進むしかありません。

僕自身も、自分で進むと決めたから、進む事ができました。

その道を進んでいくのが、この物質次元の楽しい時間なんです。

 

変化はいつも存在します。

いつもしているんです。

だから、あえて変化させる必要はなく、「したい」と思った時にやりたいことをやっていれば、自然と自分が進みたい方向にいく事ができます。

そこは忘れないでくださいね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役 アフェリエイトと店舗経営で起業するも空虚感や違和感を抱え、「楽しく生きるために起業したのに、楽しくない」毎日が続く。そんな中、スピリチュアルやエネルギーなどに興味をもち、自分の現実で実験。根源にある重いエネルギーを昇華し、心の豊かさを感じるようになる。同時に、持っていた感覚や霊感を磨き、エネルギーを読み取る技術を活かしたセッションをスタート。現在は誰もが軽い感覚を思い出せる実践方法のレクチャーや、セッション・コンサルをしている。