宇宙と繋がって、5次元での生き方を選ぶ方法。

宇宙と繋がっていない人はいません。

そして、軽い世界は自分の中にあります。

だから、5次元というのも、自分の中にあり、

自分の状態で共振することができるのです。

 

5次元という場所が、どこかにあるのではありません。

それこそ、宇宙人が来て、UFOが来て、5次元という軽い場所に連れて行ってくれるわけでもないのです。

 

5次元は軽い世界です。

その世界を体験するのは、今と同じ日常の中で体験することができます。

 

宇宙と繋がることを思い出す方法。

人によって、「穏やか」というイメージも、

「満たされている」というイメージも違うように、

軽い世界にもたくさんの世界があります。

 

ただ、感覚としては同じような感覚になるのです。

 

満たされるという感覚が、

ふわっと感じることや、

じんわり感じること、

なんとなくの安心感を感じられること。

 

どれも言えることですが、

自分の中が暖かくなってリラックスできている状態と表現するのが、1番わかりやすいと思います。

 

その時に、身体が楽になる。

楽に生きれる感覚になる。

それでも生きていけるとわかれば、軽くなっていくと思います。

 

そんな時、「5次元にいる」ということなのです。

 

だから、どこか修行に行かなくても、

パワースポットに行かなくても、

自分の家で、リラックスした状態を作り、今この瞬間にフォーカスできれば、

自分の中にある5次元と繋がることができるようになります。

 

その感覚を1度でも知ることができれば、

仮に重いエネルギーに飲まれたとしても、「あの感覚」と思い出すことができるので、

自分が最も気持ちのいい状態に戻すこともできるようになっていきます。

 

宇宙と繋がる波動に共振するには?

5次元は、軽く生きることを決めれば、その世界を体験することができます。

決めるだけでいいのです。

 

でも、決めないと、そこには行けません。

 

決めて、自分の共振するエネルギーを日常で変えていくから、

5次元という軽い世界に生きることができます。

 

そこに意識を向けるだけ・・・

それだけです。

 

例えば、

ある時直面した問題を、

今までと同じように解決することができれば、今までと同じ現実になります。

でも、ちょっと意識を変えて別の解決策をやってみると、別の現実に変わります。

 

これと同じように、

目の前で起こっている重い出来事を、今まで通り重く解決したら、

支配(自分のいうことを聞かせる)や対立(喧嘩)などで解決したら、

重い現実は続きますが、

それを調和(意見を尊重し合う)で解決することができれば、

軽い現実に変えることができます。

 

これが、

意識を変えて、体験する現実を変えるということになります。

 

問題だけではなく、

普段の日常も全く同じです。

 

急に環境を変えることは難しくても、

小さな意識の違いから、5次元感覚を思い出すことができます。

 

それがよく例に出している買い物だったり、

飲み物を選ぶ時だったりします。

 

宇宙と意識が繋がることで思い出せる感覚。

軽くなっていけば、感覚は鋭くなっていくので、

超感覚を思い出すことも出てきます。

 

でもそれは、なんら特別なことではなく、

もともと持っている能力なのです。

 

それらは、なぜ軽くなると思い出すのか?というと、

3次元と5次元では、身体の使い方が異なります。

 

3次元ではマインドを働かせて、現実を作ろうとしていきますが、

5次元は感覚を使って現実を作っていきます。

 

これが、計画的に物事を進めていくのか、

感覚的に物事を進めていくのかの違いなのです。

 

計画的に進めようとする状態をイメージして、

感覚的に直感を頼りに進めようとする状態をイメージしてもらえれば、

その時の自分の状態や、身体の感覚を感じてもらえればよくわかると思います。

 

イメージして、それをリアルに体験しているかのように、感じるのです。

 

すると、

身体のどの部分を使っているのかがわかるようになります。

頭なのか、身体なのか。

それぞれに違いを感じることができるので、

3次元と5次元の違いを感じることができるのです。

 

使っていく感覚が違えば、

思い出すことも、よく使うツールも変わるので、

5次元感覚で生きることが、超感覚を思い出すきっかけになっていきます。

 

宇宙と繋がる周波数の違いを知ってから選ぶ。

物質次元にある3次元という価値観、

物質次元にある5次元という価値観。

 

どちらで生きることも選べますし、

どちらが好きかどうかも選べます。

 

今までと同じような重い世界を生きることも、

今までとは違った軽い世界で生きることも、

自分で選ぶことができるのです。

 

だからこそ、

同じ生きるんだったら、「楽しく生きる」という選択肢を選んでみては?と思うので、

5次元感覚を伝えています。

 

物質次元という場所は変わりません。

遊んでいる場所は変わらなくても、

遊んでいる方法自体を変えることができます。

 

奪い合いの価値観から、

提供しあう価値観に変えることができます。

それが「遊びを変える」ということです。

 

自分にとって、奪い合い(3次元)が楽しいのか。

提供し合う(5次元)のが楽しいのか。

 

それを選んで、遊びを変えてみてください。

 

宇宙と繋がることが当たり前。

この世界にはいろんな存在がいます。

テラ(地球)だけでも、数え切れないくらいいますし、宇宙にはもっと数え切れなくらいの存在がいます。

 

それらすべてが、繋がっていて当たり前ですし、アナタと僕も繋がっていて普通だということです。

これが感覚的にわかるようになると、ワンネスがわかります。

ワンネスがわかると、自然と尊重の意味がわかるようになっていくのです。

 

自分も、周りも、スマホも、パソコンも、電車も、車も、ゴキブリも、雲も、椅子も、りんごも。

全部、繋がっています。

全部、波動エネルギーを思考エネルギーによって固めたホログラムの世界です。

 

つまり、それらすべては自分だということになります。

これは、なかなか感覚的なことですし、5次元に共振して、軽い世界の価値観や感覚がわからないと難しいかもしれませんが、そんな世界もあるということです。

 

全部が自分です。

だからこそ、軽い波動でお互いに共振していれば、いつも軽く5次元に居ることができますし、楽しく生きることも、そこに囲まれて生きることも、できるようになっていきます。

そんな、すべてが横並びに居る世界では、宇宙とのつながりを意識しなくても、いつも繋がっていることがわかるので、味方でいて当たり前になっていきます。

 

そんな軽い世界があるんです。

エネルギーが欲しかったら、チャージすることができます。

宇宙のエネルギーをもらうということです。

 

じゃあ、何かを返さなといけないかというと、そんなことはなく、この物質次元で体験していれば、それが返せているということになっていきます。

こうやって、今の自分が体験している世界を提供し合うことが生まれて、循環というものが、何不自由なく回っているのが、ごく自然な世界なのです。

 

その普通が、今のテラでは起こっていません。

搾取されているからです。

 

そこにいる間は、いつまでもそうなっていくので、5次元にシフトするしか方法はないのです。

このシフトというのは、自分の中をシフトするという意味で、何も別の惑星に行くことを意味していません。

今の環境でも、5次元にシフトすることはできますし、宇宙と繋がっていることも思い出せます。

 

まとめ

最初にも書きましたが、5次元は自分の中にあります。

そして、宇宙と繋がっていない人はいません。

 

長い間、それを思い出すこともなければ、思い出させてくれる人もいなかったからです。

だからこそ、思い出すことができれば、今この瞬間から宇宙と繋がっていることは思い出せますし、つながりを感じることもできるようになっていくのです。

 

そのためには、波動を軽くして、自分の中を整えてみてください。

小さな変化、小さな感覚を感じることができれば、宇宙とのつながりは、ぼんやりとでも見えてきますよ。

よければシェアをお願いします!