価値観の違いを”色”で例えてみた。

すべての人が同じ世界を選ぶ必要はありません。

軽い世界といっても、

楽しい世界といっても、

人それぞれ違います。

 

そして、人それぞれ違うから、

それぞれが交ざったり、離れたりして、

新しい色を作っていけるのです。

 

もし、単一の色(同じ価値観)しかなければ、

どんなに交わっても新しいものは生まれません。

 

赤と青があるから、紫になります。

でも、青と青だったら、変わらず青なのです。

 

そして、

一度決めたからといって、同じである必要もありません。

 

青色を選んだからといって、

ずっと青色である必要はないのです。

 

赤がいいなと思えば、赤になれますし、

黄色がいいなと思えば、黄色になれます。

 

どの色になっても、

どの色を選んでも、

自分であることに変わりはないのです。

自分の好きなものを選ぶことができます。

 

今までは、「この色(価値観)しかありません。」

と、教育されてきました。

だから、みんなと同じ色じゃないとおかしいと思われてきたのです。

 

同じ価値観を持って、

常識を持ち、

当たり前が存在する。

 

これは、同じ色を選んでいるからに過ぎません。

 

いろんな色を選ぶ人が増えてくると、

青の常識は、黄色では常識ではなくなります。

 

でも、

青も黄色もどちらが優れていて、どちらがダメということはありません。

 

どちらの色が、自分にとって居心地がいいのか。

それが大切なのです。

 

そして、何色に決めるかは、そのときの気分によって変わります。

変わっても、なんの問題もないのです。

 

ただ、同時には別の色を選ぶことは出来ません。

 

青を選びながら、赤を選ぶことはできません。

青も赤も選んでいける紫を選んでも、青と赤を選んだわけではなく、紫を選んだことになります。

 

これは価値観も同じです。

 

三次元の価値観を選ぶのか、

五次元の価値観を選ぶのか。

 

どちらを選んでもいいですが、両方同時に選ぶことはできません。

 

軽い世界と重い世界も同じです。

どれも自由に選ぶことができますが、その瞬間選べるのは1つなのです。

 

1つだからこそ、

自分の選びたい色(価値観)を選んでみてください。

 

自分で選べるからこそ、

満足することが出来ます。

 

自分で選んで実行してみるからこそ、自分を信じていけるのです。

 

いろんな価値観がある中で、

自分の体の反応がご機嫌になれるものを選んでみると、

毎日が楽しくなっていきますよ。

面白かったらシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』