本音はエネルギーでばれるから隠しても仕方がありません。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

感謝という感情は、自然に湧き出てくるものです。

だから、

「ありがとうと言わなければいけない。」「感謝しましょう。」と

誰かに言われてするものではないのです。

 

言いたくなければ、言わなければいいですし、

言いたくなったら言えばいいのです。

 

”すべてに感謝する”というのは、

自分の中から湧き出てきて、はじめて意味があります。

 

本音と建前という言葉があるように、

いくら建前をきれいな言葉で飾っても、本音がわかります。

 

そして、その本音がわかる感覚こそ、テレパシーの領域なのです

 

テレパシーは、エネルギーでわかる、イメージでわかるような感覚です。

 

本音は、エネルギーでわかってしまいます。

 

だから、いくら「ありがとう」と言われても、

「絶対感謝してない」

と感じるのは、本音の部分がわかっているからなのです。

 

波動が軽くなっていくと、どんどんその本音の部分がわかるようになっていきます。

なぜなら、エネルギーを感じることが敏感になってくるからです。

 

エネルギーを感じることが敏感になれば、相手のエネルギーを感じることも敏感になります。

 

発した言葉も思考エネルギーの形なので、それなりに影響がありますが、

本音のエネルギーは、ハートの声のエネルギーなので

よりいっそうアナタの現実に与える影響は大きいのです。

 

ということは、

どんなに言葉で自分を鼓舞したり、「こんな現実が見たい!」と思っていても、

本音が違えば現実は変わらないのです。

 

言葉に惑わされないでください。

言葉はいくらでもきれいにすることが出来ます。

でも、本音は変えられないのです。

 

本音を感じ取ってみてください。

それはエネルギーを感じるということです。

 

疑い深くなるということではありません。

そうではなく、

「なんとなくこんな感じがするなあ・・」という感覚を受け取ってみてください。

 

そこにヒントが隠されています。

 

自分の気持ちを隠す必要もなくなっていくのです。

 

本音で生きてみてください。

最初はそれをすることが怖いと感じるかもしれませんが、大丈夫です。

 

むしろ、本音で生きている方がずっと楽ですよ~!

よければシェアをお願いします!