自分の心が進みたいと思える「人生の目的」の見つけ方。勝手に人生の目的が見つかります。

人生の目的をどうやって見つけたらいいのか??

自分の心から進みたい!と思える人生の目的を見つける方法についてです。

 

心が進みたいと思える人生の目的の見つけ方。

仕事になる・ならないで考えることを、やめてみる。

まず、仕事(ビジネス・収益化)になる・ならないで考えることを、やめてみてください。

 

儲かる・儲からないをベースにしてしまうと、とても狭い範囲で考えてしまうことになります。

 

そして、その考えで目的を探すと今までの自分のイメージを超えていくことは難しいのです。

 

例えば、

「寝ることが好きだから、寝てるだけでいい・・・」

と思ったとします。

 

「でも、寝てるだけでは仕事になんてならない・・・」

と思ったら、仕事にはなりません。

 

世の中には、寝ているだけで仕事になっている人がいるのです。

それを知らないから、仕事にならないと思い込んでいるだけなのです。

 

だから、

まずは仕事になるとか、ならないとか、

そういう視点で探すのをやめてみてくださいね。

 

そして、どうせ探すなら好きなことを探してください。

 

「好きなこと」を見つける方法。

「好きなことがわからない・・・」と聞きますが、好きなことはあります。

 

それを恥ずかしいと思ったり、他人と比べてまだまだだと思うから目的に見えてこないのです。

 

好きなことは、エネルギーが循環します。

だから、好きなことはずっと出来るのです。

 

それを探してみてください。

 

誰からも教えてもらうことなく、

ただ、楽しいからやっていることを感じてみてください。

 

どんなことでもいいのです。

 

そこに自分でジャッジしていても仕方ありません。

 

好きなことを見つけて、それをやっていくと、

勝手に人生の目的は見つかります。

 

これを体験しに、3次元に来たんだとなんとなくわかります。

 

そして、人生の目的とは、

使命とか、お役目とか、そんな堅苦しいものではありません。

 

✔︎ あわせて読みたい。
自分の感覚を信じることが腑に落ちれば、劇的に人生は楽しくなる理由。

 

やってみて、「飽きたな」と思ったら。

好きなことだから、ずっとやり続けられるわけではありません。

やってきたことが飽きてきたと感じたら、やめて他のことを始めていけばいいのです。

何をするのかも、今の自分が決めればいいだけのことです。

 

好きなこと、得意なことだから、ずっと永遠にできる。

そういうことではありません。

 

好きだから、得意だから、疲れなんて感じない。

それも違います。

 

好きでも得意でも、飽きる時はあるんです。

好きでも得意でも、体が疲れることはあります。

 

すると、好きなことや得意なことが、変わらないと思います。

 

ずっと永遠にやっていられるかどうかなんて、誰にもわかりませんし、それを決め込む必要もないのです。

逆に、飽きているのにやり続けることで、それが好きではなくなることもあります。

 

飽きてしまったら、「好き」ではなくなる?

でもそれは、それ自体が根本的に好きではなくなったのではなく、

ただ単に飽きたからだということです。

 

そこを忘れてしまうと、好きなことを楽しむことができなくなります。

「あれ?これが好きだったはずなのに・・・」と、たった一つの反応で変わってしまうのです。

だから、好きなことが何かわからなかったり、考えがはっきりしなかったりします。

 

好きなこと、得意なことでも、気分が乗らないのであれば、やる必要はありません。

そういう時は、その時に感じるやりたいことをしていればいいと思います。

 

飽きているのに行動するのは、「我慢」のエネルギーになります。

それこそ「しなければ」になっているのです。

 

それでは、楽しく行動することができませんので、それをやっても楽しむことができません。

だから、好きで得意だと思っていたのに、嫌いになったり、やりたくなくなるということになります。

 

まとめ

まずは、今アナタが何を感じ、何が楽しいのかを見つけてみてください。

それが見つかれば、実際に行動してみてください。

 

そうすれば、それが本当に好きなことなのかがわかります。

 

「ずっとやっていられる!」と感じたら、飽きるまでやってみてください。

そうすれば、やりたいことをやれている毎日になってきますよ。

 

✔︎ 音声でもお話ししています。
ご機嫌になる方法!「無駄」を行動すると変わる!

 

◆感覚的思考マスタープログラム◆

全国で実施!

「苦しさ」や「しんどさ」とはオサラバ。

詳しくはこちらをクリック!

よければシェアをお願いします!