まずは自分で自分をご機嫌にする。

何かをするとき、

何かを始めるとき、

何かを依頼されたとき、

常識や、今までの価値観ではなく、

「自分がご機嫌になれるのか?」という視点で、感じてみてください。

 

自分がそれをして、ご機嫌になれるかどうかというのが大切です。

 

人のためになるからとか、

これをやっておけば、後で何かいいことがあるかもしれなからとか、

利害関係があるからとか、

そういったことはもう必要ありません。

 

それは、

自分ですべて生み出せることを思い出したからです。

 

例えば、仕事もそうです。

 

仕事は誰かからもらうものではなく、

自分で作るものです。

 

自分で作るから、ご機嫌に生きることが出来ます。

 

何かに縛られる必要もありません。

やりたければするし、

やりたくなければ、やめればいいのです。

 

その時やりたくなっても、

1週間後辞めたくなったら、辞めることもできます。

 

自分で仕事を作ると、

自分のご機嫌な状態で進めていくことが出来るというのは、そういうことです。

 

それは仕事に限ったことではありません。

 

ご機嫌で自立していれば、

自分の周りには自立している人が集まります。

 

依存しあう関係ではないので、

重いエネルギーで引っ張り合うこともなくなります。

 

だから、

自分はご機嫌に人と関わることができるのです。

 

すべての人が自分で自分のことをご機嫌にできれば、

特別なことはしなくても、

今の社会は変わります。

 

自分ひとりがご機嫌になっても仕方がないのではなく、

アナタから始めることが大切なのです。

 

そして、

ご機嫌な世界を選ぶことも、

不機嫌な世界を選ぶことも、

どちらも自由です。

 

誰も強制することは出来ませんし、

自分以外の存在に自分の意見を強制することは出来ません。

 

それが住み分けです。

 

軽い波動に生きることを選ぶのか。

重い波動に生きることを選ぶのか。

 

一つ一つの選択が、

どちらの世界に共振するのかを決めています。

 

だから、

今まで伝えられてこなかった、

軽い世界に共振するの方法をここではお伝えしています。

 

すべて自分で選べます。

作り出すことが出来ます。

自分だけがご機嫌になることへの罪悪感を手放してみてください。

 

自分がご機嫌になるからこそ、

まわりもご機嫌になるのです。

 

どんな小さな選択肢も、

自分がご機嫌になれる選択肢を選んでみてくださいね。

面白かったらシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』