お前の人生はお前のものだ。

【限定実施】11月7日(日)in東京

楽しく喋ってるだけで「かるくなっちゃう」対面セッション

詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。

常識を疑うことは必要ですが、疑った後にどんな答えを自分で用意するのかが大事になります。

新しい生活と言われるものも同じです。

 

今までとは違う世界を作る場合も同じですし、変化すること、挑戦することも同じです。

 

疑った後、イメージした後、変化した後、挑戦した後。

全てにおいて、そこにある答えが「アナタが自分で決めたものなのか?」ということが大事になります。

 

それが、「重くなるもの」であれば、どんなに答えを変えたとしても現実は変わりません。

だから、情報だけを手に入れても、現実が変わらないんです。

 

情報を知ることは大事なことですが、そこで止まれば、そこに新しい常識が生まれるだけになります。

エネルギー状態は、今までの常識と、今からの常識が同じになるんです。

 

情報がスライドしただけで、何も変わりません。

現実を変えるエネルギーを変化させるまでには至らないのです。

これが、マインド領域の変化になります。

 

マインド領域の変化は、変わったように見えるだけで、実感がありません。

そりゃそうなんです。

実感できるのは、自分のハートを感じられた時になりますので、マインド領域の変化ではそこに届きません。

届かないから、実感を持てないし、確信を得ることもできないのです。

 

ハートの感覚を復活させていくと、「ん?なんでそう考えるんだ?」ということに気がつけます。

自分の何気ない思考パターンや、考え方などがわかるようになるのです。

「こうだから、こうなんだ」という因果関係を無意識に考えていることにも気がつけるでしょうし、「あれ?なんで許可がいるんだ?」ということもわかるはずです。

 

例えば、家を出ていきたいと思っているのに、家族に話をしないといけないと思っていたとします。

どうやったら、納得してもらえるかを考えてみたり、どうすれば円満に解決できるのかを考えたり、コミュニケーションの方法を学んだりするかもしれません。

これは、マインド領域の変化です。

確かにそれで、その問題は解決するかもしれません。

 

でも、根本的なところを忘れていませんか?

そもそも「なぜ、アナタの人生なのに、家族の許可がいるのか?」ということです。

なんで話す必要があると思い込んでいるのか?ということです。

 

反対されたから諦める、反対されたら嫌だ・・・ではなく、そもそも、「お前の人生はお前のものだ」ということなんです。

悩むところ、疑問に思うところが違うんです。

エネルギーで引かなかったら、「家を出る」決めることもできます。

 

でもそうではないなら、ハートは「家を出る」ということを望んでいません。

ということは、家を出たいという理由は、何か別の動機があるんです。

 

そこを探さない限り、アナタのハートが何を望んでいるかなんて見つかりません。

マインドで把握できる問題なんて、問題ではないんです。

 

他にも、「これが欲しい!」と思うものがあったとして、それを買うとき、体験するときに、誰かに相談しないといけないと思ったり、誰かの顔が浮かんだりすることもあるかもしれません。

なんで許可が必要なんですか?

その視点、いらなくないですか?

ということです。

 

買いたいんだったら買えばいい。

体験したいんだったら、体験すればいい。

行きたいんだったら、行けばいい。

 

それもできない人生だなんて、おかしいんですよ。

その小さなところを蔑ろにして、「人生を楽しもう」なんてことは、無理です。

 

「許可がいる。」

これは立派な思考操作の賜物です。

どんな場面、局面においても、周りの許可なんていりません。

 

自分が「こうだ」と思ったものをすれば、それが次の現実になります。

そのために必要なものは手に入りますが、これも、「必要なものが手に入った!」という体験なしには、理解できることではありません。

実際に自分の肉体を持って、リアルに体験するから、「本当に手に入った!」と思えます。

 

その瞬間、アナタにとっての真実に変わるんです。

 

いろんな情報や影響があって、今のアナタが作られています。

その影響がどういうものなのかによって、アナタの現実は変わるんです。

 

もし、今のアナタの目の前に広がっているリアルが、心も身体も最高に楽しくて「生きてる!」という実感と充実感に満たされているなら、受けている影響は「そういう影響」なんだと思います。

穏やかで平和な毎日が広がっているなら、そういう影響を受けているんです。

 

不安や恐怖を感じているなら、そういう影響を受けていますし、つまらないならそういう影響を受けています。

だからこそ、切り替えていけばいいんです。

 

これも、決まった常識はありません。

軽く生きるからといって、今いる社会の影響的に、不安や恐怖を感じないことはないと思います。

感じてはいけないのではなく、感じているからこそ、「今の自分」を捉えることができるんです。

 

すると、「なぜ、今の自分は、こういう影響を受けているのか?」ということがわかるようになります。

どこからその影響を受けたのか。

なぜそういう自分のリアクションになるのか。

そこを考えて、自分なりにしっくりくる考え方に変えていくことができれば、現実はそのエネルギーによって作られていくのです。

 

例えば、道を譲った時に、

「すみません」と言われた。

これは、日本では割と普通だと言われるコミュニケーションですよね。

 

これも、自分視点で考えてみると、「すみません」と言われた数だけ、「ありがとう」って言われてるんだと思えれば、その反応に対して受け取り方は変わります。

 

「すみません」ではなく、「ありがとう」にしたらいいのに・・・

と、自由への介入をする思考にする必要はないということです。

 

自分は「すみません」という言葉を「ありがとう」に変えているとしても、相手がそれをやっているとは限りません。

相手はどうでもいいんです。

 

それなのに、「すみません」ではなく、「ありがとう」にしたらいいのに・・・と思考した瞬間、支配のエネルギーがむくむくと、自分の現実をそのエネルギーで作り上げていきます。

思考による影響を受けるのは、自分自身だけだとわかれば、やりたくなくなると思いますよ。

 

それに、自分が道を譲ることがしたくてやっていれば、そもそも「ありがとう」すら必要ないんです。

だって、その言葉をもらうためにやっているわけではないからです。

 

僕は、道を譲りたくない時は、譲りません。

譲ってもらった時は、感謝のエネルギーを表現します。

そうしたいからそうしているだけなのです。

 

そうすれば、自分の中だけで完結しますし、それが自分にとってご機嫌に生きる答えだということも、実体験で得られるのです。

 

どういう答えを自分が実行しているのか。

どういう思考を何気なくしているのか。

それは、自分ありきなのか、相手ありきなのか。

 

意識的に選んだ答えによって行動した結果、どういう現実になったのか。

そこで自分はどういう反応をしたのか。

何を感じたのか。

楽しいのか、楽しくないのか。

 

それら全てが、この世界を楽しく生きるための材料になり、アナタにしかわからない、アナタだけの答えに辿り着くためのステップなのです。

そのステップを上がっていくことも楽しいことだし、そこで得られる発見も楽しいことだし、辿り着いたアナタの軽い世界は、きっと想像以上に楽しいと思います。

 

想像できるレベルの楽しいことは、辿り着いてもそんなに楽しくないんです。

想像できない楽しいこと、何が起こるかわからないけど、楽しくなりそうなこと。

これが、ハートで実現できる楽しいことです。

 

生きているという実感、生きていることの楽しさ、生きる面白さ、体験することの実感。

肉体を持てている今だけだからこそ、ここでしかできない、アナタの心から出てくる楽しさを実現してみてくださいね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役 アフェリエイトと店舗経営で起業するも空虚感や違和感を抱え、「楽しく生きるために起業したのに、楽しくない」毎日が続く。そんな中、スピリチュアルやエネルギーなどに興味をもち、自分の現実で実験。根源にある重いエネルギーを昇華し、心の豊かさを感じるようになる。同時に、持っていた感覚や霊感を磨き、エネルギーを読み取る技術を活かしたセッションをスタート。現在は誰もが軽い感覚を思い出せる実践方法のレクチャーや、セッション・コンサルをしている。