自分の中が不安で揺らいだ時は・・・

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

自分の中が揺らいだら、

不安を感じたら、

怖さを感じたら、

じっと俯瞰して自分のことを感じてみると、

そこに飲まれることがなくなります。

 

自分の中が揺らいでいると、

自分の思考エネルギーがどこに向いていて、

どこにどんな現実を作りたいのかがわからなくなります。

 

自分の持っている感情ではなく、

誰かの感情や、

社会にある空気感が、

あたかも自分の感じているものだと思うことがあるのです。

 

自分のご機嫌が見つからないときは、

無理に探そうとするのではなく、じっと揺らいでいる自分を感じてみてください。

 

「今、自分は揺らいでいる。」

そう思うだけで、感情や社会の空気感のようなものに飲まれることなく、

自分の方向性を感じることができるようになります。

 

不安や、自分が何をしたいかわからなくなっていくときこそ、

自分の中を感じるようにしてみてください。

 

不安を解消するのは、

自分の外の現実からくる何かではありません。

 

もちろん、

見える現実からきっかけや、サインはあると思います。

 

でも、それらを受け入れて、

情報を使うかどうかを決めるのは自分次第です。

 

だから、

自分の外にある世界に答え求めるのではなく、

自分の中を俯瞰し、自分のご機嫌を探すことが大切なのです。

 

たとえどんなに、

思考エネルギーを不安に流すように仕向けられていても、

重いエネルギーに共振させるような映像が流れていても、

自分の中で「そこに共振しない。」「自分の目の前にはない」と俯瞰することが出来れば、

そこにあるエネルギーに共振することはありません。

 

共振しないということは、

そこにフォーカスしないということになるので、

重い現実を体験することはなくなります。

 

それも、

”思考が先、現実があと”

なのです。

 

だから、

「自分の思考エネルギーをどこに流していくのか。」

ということが大切になってきます。

 

自分の思考エネルギーを流す先を決めるのは、

他の誰でもない自分自身です。

 

いくら思考操作をしても、

しようとしても、

一人ひとりが自分で決められるということを思い出せば、

操作しようがないのです。

 

自分の感覚、

自分の思考、

自分の中の状態。

 

何かにとらわれたり、

揺らいだりしたら、

まずは自分の中を見てみてください。

 

そして、

「どうすればご機嫌になれるのか?」

を自分に聞いてみてくださいね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役 アフェリエイトと店舗経営で起業するも空虚感や違和感を抱え、「楽しく生きるために起業したのに、楽しくない」毎日が続く。そんな中、スピリチュアルやエネルギーなどに興味をもち、自分の現実で実験。根源にある重いエネルギーを昇華し、心の豊かさを感じるようになる。同時に、持っていた感覚や霊感を磨き、エネルギーを読み取る技術を活かしたセッションをスタート。現在は誰もが軽い感覚を思い出せる実践方法のレクチャーや、セッション・コンサルをしている。