不安や悩みで気持ち揺らいだ時は…。「自分の中」を落ち着いて俯瞰する方法。

気持ちが揺らぐ。感情が揺らぐ。

そんな時の状態って、「自分の中」が揺らいでいる感覚になると思います。

 

自分の中が揺らいだら、

不安を感じたら、

怖さを感じたら、

どうすればいいのか。

 

不安や悩みで気持ち揺らいだ時は…。「自分の中」を落ち着いて俯瞰する方法。

そんな時は、

じっと俯瞰して自分のことを感じてみると、

そこに飲まれることがなくなります。

 

自分の中が揺らいでいると、

自分の思考エネルギーがどこに向いていて、

どこにどんな現実を作りたいのかがわからなくなります。

 

自分の持っている感情ではなく、

誰かの感情や、

社会にある空気感が、

あたかも自分の感じているものだと思うことがあるのです。

 

自分のご機嫌が見つからないときは、

無理に探そうとするのではなく、

じっと揺らいでいる自分を感じてみてください。

 

「今、自分は揺らいでいる。」

 

そう思うだけで、感情や社会の空気感のようなものに飲まれることなく、

自分の方向性を感じることができるようになります。

 

✔︎ あわせて読みたい。
「なんか違う・・」という直感は重い現実を抜け出せるサイン。

 

不安やわからない状態を解消する方法。

不安や、自分が何をしたいかわからなくなっていくときこそ、

自分の中を感じるようにしてみてください。

 

不安を解消するのは、

自分の外の現実からくる何かではありません。

 

もちろん、

見える現実からきっかけや、サインはあると思います。

 

でも、それらを受け入れて、

情報を使うかどうかを決めるのは自分次第です。

 

だから、

自分の外にある世界に答え求めるのではなく、

自分の中を俯瞰し、自分のご機嫌を探すことが大切なのです。

 

たとえどんなに、

思考エネルギーを不安に流すように仕向けられていても、

重いエネルギーに共振させるような映像が流れていても、

自分の中で「そこに共振しない。」「自分の目の前にはない」と俯瞰することが出来れば、

そこにあるエネルギーに共振することはありません。

 

共振しないということは、

そこにフォーカスしないということになるので、

重い現実を体験することはなくなります。

 

それも、

”思考が先、現実があと”

なのです。

 

だから、

「自分の思考エネルギーをどこに流していくのか。」

ということが大切になってきます。

 

まとめ

自分の思考エネルギーを流す先を決めるのは、

他の誰でもない自分自身です。

 

いくら思考操作をしても、

しようとしても、

一人ひとりが自分で決められるということを思い出せば、

操作しようがないのです。

 

自分の感覚、

自分の思考、

自分の中の状態。

 

何かにとらわれたり、

揺らいだりしたら、

まずは自分の中を見てみてください。

 

そして、

「どうすればご機嫌になれるのか?」

を自分に聞いてみてくださいね。

 

✔︎ 音声でもお話ししています。
感情がなくなる理由と、自分の感情をラクに感じるための向き合い方。

 

◆波動マスタープログラム◆

全国で実施!

「苦しさ」や「しんどさ」とはオサラバ。

詳しくはこちらをクリック!

よければシェアをお願いします!
ABOUT US
今西 史樹
スピリチュアルカウンセラー。チャネリングを通して得た情報と、かるい価値観と感覚を発信・提供。【経歴】▶︎2014年IT分野で起業▶︎ブログ運営▶︎セッション / ワークショップ / 講座開催【趣味】▶︎ゴルフ(ベストスコア94〈ハーフ44〉)/ ゲーム。