【気持ちを昇華する方法】感情を感じきる方法を解説。怒りやイライラのストレスからの解放!

 

僕らは感情を持っています。

そして、その感情は、僕らの現実に大きな関わりを持っているのです。

 

現実を作る(引き寄せる)うえで、感情はとても大きなパワーになります。

 

願っても引き寄せられないけど、自分が思ってもないことを引き寄せるのは、アナタが普段どんな感情を抱いているかによることがあります。

 

【気持ちを昇華する方法】感情を感じきる方法を解説。
怒りやイライラのストレスからの解放!

感情や気持ちを昇華する意味。

笑っている世界にいたいのであれば、重い感情を昇華してみてください。

 

重い感情がなくなっていくと、自分の中にある軽い感情が出てきます。

その感情に共振できていると、自分の心は軽くなっていくのです。

 

もし、アナタがよく怒っているなら、怒っているときの怒りの感情を昇華してください。

 

そのエネルギーを昇華しないことには、

ずっと怒っている怒りのエネルギーを誰かにぶつけることになります。

 

相手が原因に思えても、感情が動く原因は自分にある。

ぶつけたエネルギーは、倍のエネルギーになって返ってくるので、結局自分が重くなってしまうのです。

 

感情のエネルギーは、相手によって左右されるものではありません。

どんなに相手が原因に思えても、感情が動く原因は、自分にあるのです。

 

自分に原因があるから、その原因を解決すれば、感情が動くことはなくなっていきます。

そうすると、感情に左右されて生きることはなくなりますし、感情によって疲れることも、自暴自棄になることもありません。

 

現実を引き寄せるエネルギーになりうる感情。

笑っている人の周りには、笑っている人がいます。

例えば、普段から怒りっぽいのであれば、アナタの現実は怒りっぽい人が登場しますし、よくイライラするなら、イライラする人が登場します。

 

逆に、常に笑っている人の周りには、笑っている人が登場します。

 

これが、感情をうまく使った現実化です。

 

どちらの現実でも、自分がどういう感情を持っているかによって、体験する現実は違いますよね。

 

怒りっぽければ、怒りっぽいし、笑っていれば、笑っている。

その違いだけが、引き寄せる現実を変えています。

 

自分の状態次第で変わる。

ということは、

自分がどちらを体験したいのか、

自分の状態がどちらなのかによって、

現実は違ったものになるということになります。

 

自分次第で、自分の状態次第で変わるんだから、

自分が好きな方や体験したいと思う方を選べばいいということになります。

 

だから大事なのは、

「アナタはどちらの世界にいたいですか???」

ということです。

 

✔︎ あわせて読みたい。
外側にある景色は内側の反映だから、自分の中が変われば外も変わる。

 

気持ちを昇華する方法。

感情や気持ちを昇華するためには、まずは冷静に俯瞰してみるということです。

「ああ~今自分怒ってるな~~」と、俯瞰してみるのです。

 

ここで、自分にも、相手にもエネルギーを向けてはエネルギーが大きくなります。

怒っているという感情に対しての判断はいりません。

 

怒っている自分がダメだとか、

怒らせた相手が悪いとか、

感情を昇華させる上でそういう思考は一切必要ではないんです。

 

そして、その思考エネルギーを持っている間は、ただ重いエネルギーが大きくなるだけなので、より昇華しにくくなります。

だから、怒っているという事実だけを認めて、ただただその感情を感じ切ることだけに集中してみてください。

 

周りに人がいるなら、自分一人になれる場所で感じ切ってみてください。

どうしても周りに人がいると、その人からのエネルギーの跳ね返りを感じることになってしまいます。

 

すると、また重いエネルギーに共振することになるので、いつまでも昇華することができません。

 

自分の感じていることを素直に認めて、ただその感情を感じることに意識を向けていると、「怒り」という感情がなくなっていきます。

 

消えてくというような感覚です。

「あれ?なんで怒っていたんだろう?」と思えるくらいになれば、感情は消えています。

 

感情を冷静に受け入れることができるようになったら、考えることがあります。

そして、なくなった状態で、「なぜ自分は怒ったのか??」ということを考えてみてください。

  •  怒ったきっかけは?
  • 相手のどんな態度や言葉で怒ったのか?
  • 何が自分にとって嫌だったのか?

それらを細かく考えていくんです。

 

怒る原因は、相手にはありません。

アナタの中にある何かしらの”タネ”が原因です。

それを見つけてみていきます。

 

ここでも、自分の思ったことに素直でいてください。

こんなことを思ってはいけないと思って、隠すと余計にわからなくなってきます。

 

自分の思ったこと、自分の嫌だったこと、感じたこと。

それらを考えて、原因を見つけて、自分が納得できる答えを見つけてみてください。

 

すると、自分の怒りの感情がなくなっていきます。

 

そうなれば、同じ状況になったとしても、怒りという感情が出てこなくなるので、アナタの現実から、怒りが消えていきます。

 

怒りが消えれば、

怒りを持った人も登場しなくなるのです。

 

これがエネルギーが変わるということになります。

 

アナタの出していた「怒り」というエネルギーがなくなって、出なくなったから、その現実を引き寄せることはなくなった。

そういうことになります。

 

だから、自分の中を変えれば、自分の持っている感情を変えれば、怒りを感じるような現実にはならないということです。

 

間違っても、

「誰かがいるから、怒りのない現実にはならない」

ということではありません。

 

どんなにそう思えても、自分の持っているエネルギーから、アナタがその人の怒りの一面を見ているに過ぎないのです。

 

人はたくさんの側面を持っています。

それは、自分の状態によって、見える側面が変わります。

 

ということは、アナタが変われば、見えるところ(フォーカスするポイント)が変わるので、現実が変わるということになります。

 

✔︎ あわせて読みたい。
思考の癖を変えるには、違いを見つけて原因を昇華すれば変えられる理由。 

 

まとめ

アナタの感情を、感じきること。

これが感情に振り回されることなく生きるための第一歩です。

 

感情をうまく感じきって昇華できれば、アナタの現実から、その感情を感じる現実はなくなっていきます。

 

1回では昇華しきれずに、何度も感じるかもしれませんが、それも昇華していってみてください。

なんども起こる出来事は、それだけ自分の中で大きなことです。

 

大きなことを変えるには、ちょっとずつ変えていかないとパニックになってしまいます。

「大きなことだから、何度も見るから変わっていない・・・」

と思う必要はありません。

 

感情の昇華には時間がかかると思いますし、変わっていないと感じることがあっても、昇華し続けていればある時大きく変わることがあります。

それが、自分の中にある感情のエネルギーを完璧に昇華できたタイミングなのです。

 

小さな変化をしていくことで、大きな変化を感じられるようになっていきます。

どんなに小さな変化であっても、変化であることには変わりません。

 

昇華できるようになると、感情自体を楽しむだけの余裕も生まれていきます。

どんな感情であっても、どんな状態になっても、昇華する術だけ持っていれば、「大丈夫」だと思えるはずです。

 

✔︎ 音声でもお話ししています。詳しくはこちら↓
怒りの楽しみ方。