「今」にフォーカスを当てると軽くなる理由。

今の自分にフォーカスを当てることで、軽くなれます。

今の自分は何を感じ、何を持っていて、何がしたいのか。

それらを感じることができれば、自分が「持っているもの」を見つけることができます。

 

この「持っているもの」に意識を向けることができれば、今が満たされていくんです。

過去や未来のことを考えて、「ああでもない、こうでもない」と考えを巡らせたり、未来のことを考えて準備をしている時は、今に意識が向きません。

そして、過去や未来を考えることで、「ないこと」にフォーカスを当てることになり、今の自分も「ない」と思い込んでしまいます。

 

もし、今の自分にとって必要なものがないのであれば、この物質次元に存在することはできません。

そして、もし、過去や未来に対して感じていることが、今この瞬間起こっているのであれば、過去や未来を考えている余裕はなかったりするんです。

 

何か問題があったとしたら、それをどうやって解決するのかを考えているのです。

ということは、起こる前から考えていても仕方がないと思います。

 

例えば、何かあったときのために、保存食材を準備していたとしても、実際にそれが必要な時に手元にない場合があります。

建物が崩れて取れない可能性もあるということです。

 

未来や過去のために生きることが、重い社会では素晴らしいこととされていますが、この価値観を持っていると、どうしても軽く生きることはできません。

今を生きることを楽しむためにいるのに、過去や未来を生きるのは、本来やりたいことではないのでハートとマインドのギャップを生み、苦しさに変わります。

それこそ、子どもや赤ちゃんを見ればわかると思うのです。

 

明日のことを考えて遊んでいません。

全力で走り回って、全力で寝て、また走り回れるんです。

走り回るだけではなく、何かを読むこともそうですね。

 

今を楽しんでいれば、その楽しい時間が連続していきますので、そのままの時間が流れていきます。

これは、子どもでも大人でも同じです。

人という体験に関しては同じですし、能力もさほど変わりません。

 

それなのに、なぜ大人は難しい顔をして未来のことを考えているのか。

過去のこと楽しくないことを覚えていて、それを難しく向き合うのか。

 

嫌だったら考えなければいいし、考えることをやめればいいのです。

どうしても考える必要が出てきた時は、それについて考えればいいと思います。

その時に真剣になればいいだけです。

 

軽くご機嫌に生きるには、今を生きることが最も効果的だと思います。

その効果的な方法に目隠しをするために、毎日のようにテレビやネットで情報を流しているんです。

 

どの情報も、未来や過去のことばかりですよね。

そして、ほぼすべてが楽しくないテーマであると思います。

 

そういう情報を流すことによって、支配できるからなのです。

情報を流すから支配しているのではなく、いくつものカラクリを持ってして、情報を流し、エネルギーを観察しています。

 

彼らは波動エネルギーのことを理解しているので、どういう流れを作れば未来や過去に意識が向くのかを知っているのです。

逆に言えば、波動エネルギーのことがわかれば、彼らがやろうとしている流れが透けて見える(感じる)ようになっていくのです。

わかるから、その流れに乗らなくて済みます。

 

今の自分にフォーカスを当てていればいいということが分かりますし、もし自分の意識が過去や未来に動いたとしても、それを今に戻すこともできるのです。

意識は自分次第ですので、彼ら(支配者)は何もできません。

 

何もできないからこそ、アナタが自分の意識をどこに持っていくかが大事だということです。

それが、軽く生きれる「今」にフォーカスを持っていくか、重く生きれる「未来・過去」にフォーカスを持っていくかだけになります。

これを選ぶものに自分次第なので、そこにちょっと意識を向けてみてください。

 

今の自分が考えていること、興味のあることに意識を向けて、それが「今」なのか、そうではないのか。

そこを感じることができていれば、意識して好きなように動かせます。

 

それだけでも、興味が湧く話題や方向性が変わるので、思考や行動が変わり、現実も変わります。

よければシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』