意識してフォーカスする先を選ぶ。

 

できることを楽しむことで、

達成できる現実を体験することができます。

 

”思考が先、現実があと”だからです。

 

それがわかってくると、

自分がどこにフォーカスするのかを大切にすることができます。

 

だから、

「この現実は自分が望んでいるものではない」

という体験も減っていくのです。

(”思考が先、現実があと”について詳しくはこちら

「思考は常に現実化する。」

 

 

仮に、自分の体験したくないと感じる現実を見たとしても、

”思考が先、現実があと”だということを知っていれば、

今この瞬間から、現実を変えることができるのです。

 

今が変わるから、

今の思考や波動が変わるから、

ここから先の未来は、

1秒前の過去とはまったくの別物の世界になります。

 

 

そうやって、

自分のフォーカスする先を変えるだけで、

軽い世界にも、重い世界にも、共振することができるのです。

 

 

自分が共振した軽い世界で、

軽い世界に居ることを楽しみ、

そこで感じる感覚や感情、景色を味わってみると、

さらに軽くなっていきます。

感覚が研ぎ澄まされていきます。

 

もし、

重い波動に共振しても、

軽い波動を知っていれば、すぐに軽い世界に戻すこともできるのです。

 

 

それも、

「軽い世界に戻すことができた。」

という体験を楽しむことができます。

 

そうやって、

重い波動に共振してしまったことにフォーカスして、

深刻になるよりも、

その重い世界から、軽い世界にシフトできた自分にフォーカスすることも可能だということです。

 

 

どちらも、違いは

「どこにフォーカスしているのか」

という違いだけなのです。

 

 

その違いが、次の現実を作るきっかけになります。

深刻になれば、深刻な現実になりますし、

できたと思えれば、できたと感じられる現実になるのです。

(現実の違いについてはこちらの記事もどうぞ

「自分の内側が現在の現実。」

 

 

それを日常で意識的に選んでみてください。

意識的に自分のフォーカスする先を選ぶことで、

その先にある現実を選ぶことができるようになります。

 

小さな日常での選択の違いが、

自分の現実に影響があることに気がつくと、

自分がどうすればご機嫌になれるのか。

どんな感情や感覚になれれば、楽しい現実を体験できるのか。

感覚レベルでわかるようになっていきます。

 

 

どんな小さなことも、

「どこにフォーカスしているのか」

「どう感じているのか」

を、確かめてみてください。

 

 

それだけでも、

次に現れる現実を変えることができるようになり、

気がつくと、大きな現実だと思っていることも変えることができますよ。