波動がわかると現実は変わる意味。

波動がわかるようになると、自分が出しているエネルギーというものが理解できるようになります。

自分が出しているエネルギーこそが、自分の現実を作り出す思考エネルギーの正体なのです。

そのエネルギーが、対立であれば、対立の現実になります。

支配であれば、支配の現実なのです。

 

今までの社会のほとんどが、「対立」か「支配」の思考エネルギーになるように仕向けられていますので、ほとんどの人が、自分で気がつくことなく「支配」「対立」のエネルギーで現実を作るようになっています。

だから、自分の意思とは関係なく、そのような現実を体験することになってしまうのです。

 

なんでこうなるんだろう?

なんでうまくいかないんだろう?

という疑問を解決するには、波動エネルギーを知らない限り、答えに辿り着くことはできません。

 

そして、セッションなどを通じて解決したと思ったのに、「何度も同じ現実を体験する」のも、その波動エネルギーのことを変えていないからそうなります。

逆に言えば、波動エネルギーを調和のエネルギーに変えれば、現実はそれだけで変化していくのです。

 

自分が調和のエネルギーを出すというのは、そのエネルギーに共振するということになります。

では、どうすれば調和のエネルギーに共振できるのかというと、これが、いつも書いているように、アナタがご機嫌になれること、なれる行動、なれる状態を体験していれば、そうなれます。

 

リアクションではなく、アクションで、自分のご機嫌を体験できれば、調和のエネルギーに共振できるのです。

例えば、子どもが幸せになってほしいと思っているのであれば、まずはアナタがアナタの思う幸せな時間を、「今この瞬間から」体験すればいいということになります。

願っていても、何も変わりません。

願いは「依存」です。

 

依存のエネルギーは、支配のエネルギーなので、重いエネルギーになります。

だから、どこかにお願い事をしても、叶うことがないんです。

 

もし、叶ったとしても、それはアナタが自分で叶えたことであり、「願った=叶えた」ということではありません。

そこを、自分の外に原因を感じている限り、アナタがご機嫌に生きれることはありませんので、調和のエネルギーに共振した現実にはならないんです。

あくまで大事なのは、アナタが作ったということを理解しておくことになります。

 

アナタが最高に幸せであるなら、周りの人は幸せです。

ということは、逆も然りだということになります。

 

アナタは自分が幸せではないと思っているなら、それが周りにも伝染していくということです。

そして、我慢の仕合っこなどが始まります。

 

ほとんどの人が重いから、諦める必要もないんです。

自分の周りの人はエキストラであり、どこの側面を見るかによって、軽くもなり、重くもなります。

この、「どの側面を見るのか?」というものも、アナタが今どの波動エネルギーに共振しているのかが影響しているのです。

 

これは、気分がいい時と、そうではない時のアナタを客観的に比べればわかると思います。

気分がいい時は、アナタが軽い波動エネルギーに共振している時です。

ただ、心から気分がいい時と、リアクションで気分がいい時はちょっと違います。

 

「気分がいいのに、なんでこんなことがあるんだ?」「なんで邪魔されるんだ?」

と思うときは、リアクションの気分がいいという状態であり、アナタの中から湧き出てくる気分がいいとは違うのです。

 

アナタの中から湧き出てくる気分がいい時は、そのエネルギーで周りも笑顔にしていきます。

笑顔にしようなんて思う必要もないんです。

楽しくしていれば、「なんでそんなに楽しそうなの?」と聞かれるようになります。

 

これが、軽い世界のオーソドックスです。

楽しいアピールなんて、1つも必要ありません。

その姿から、周りの人は勝手に感じ取ってくれます。

 

感じ取れない人はいません。

感じてくれないと思うなら、それはアナタが「感じ取ってほしい」という期待を持っているからです。

期待は、支配のエネルギーなので、現実は重くなります。

 

波動エネルギーがわかれば、それらがわかるようになるのです。

アナタの日常における行動や、考えていること、何気なく思うこと。

それら全てが、「調和」のエネルギーを選べるようになるから、調和の現実を作り出している実感を感じることができますし、実感を感じる・変化を感じるから、「自分で作っているんだ」ということもわかるようになるんです。

 

これが、波動エネルギーがわかったら体験できる、面白い世界になります。

最優先が自分のエネルギー状態になるようなイメージです。

そこさえ押さえれば、いくらでも現実が変化していくことがわかるからです。

 

人間関係も、健康も、達成したい夢も、お金も。

アナタの状態次第でいくらでも変わるし、軽くしていくことができます。

 

軽く楽になる。

その実感があるから、楽に生きる意味もわかりますし、自分で答えを決めるという意味もわかるようになっていくのです。

 

目に見えない枠のようなものが取れて、人生が楽しくなっていきます。

支配や対立の世界から、調和の世界にシフトできるようになるんです。

 

何かを乗り越える必要もなければ、重い世界を耐える必要もありません。

今この瞬間、波動エネルギーや思考エネルギーのことがわかれば、軽い世界にはシフトできます。

 

ただ、ダイエットと同じように、急激な変化はバランスが取れないので、うまくいきません。

ちょっとずつ、アナタがハートでも、マインドでもバランスが崩れないように、シフトしていけば、「あ、そういえば変わったな・・・」

と、後から変化したことに気がつけるという、変化を体験できるのです。

 

ダイエットでいえば、

行動が変わって、気がついたら痩せていた・・・

という状態を作れるということですね。

 

これは、5次元という軽い世界も同じです。

社会全部がそうなるから、アナタが5次元にシフトできるわけではなく、アナタが5次元にシフトするから、5次元の日常を体験できるようになるという感じです。

 

そこには、今までと同じように、家族も人間関係も環境もあります。

でも、違うんです。

 

その違いは、波動使いになってこそわかるものですし、「こういう世界だ」という決まったものでありません。

ただ、アナタの感じている世界は、全く変わっているはずです。

 

同じ時間を過ごして、同じ体験を通じて、最後は肉体を脱ぐことになります。

だったら、楽しい方がいいと思うのです。

 

旅行に行くとすれば、どんな旅行にしたいですか?

それと同じことが、人生でも言えます。

 

どうせ死ぬんです。

死んだら、今食べているものも、体験できることも、できなくなります。

 

お金をたくさん持っていても、それも全部必要なくなるんです。

会いたい人に会って、話したいことを話すということも、今しかできません。

それだったら、今しかできないことをするほかないと思いませんか?

 

不安・恐怖にばかり(3次元)意識を向けて、旅行を楽しむのか、楽しいことに(5次元)意識を向けて、旅行を楽しむのか。

簡単にいうと、この2つの違いが次元の違いだということになります。

 

波動がわかると、いちいち「これはどっちなんだ?」ということを考える必要もないんです。

「今はこっちだ!」と、選ぶことができます。

 

進んで違えば、「間違えちゃった、へて♪」と思えばいいんですよ。

いかなきゃわからないですから。

 

そこを怖がって、体験しないことばかりを選んでも、旅行は楽しくありません。

体験して、そこで感じることがあるから、それがどういうエネルギーなのかがわかります。

わかれば、決めることができますからね。

 

その積み重ねが、人生を楽しく彩ってくれますよ。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
今西 史樹
今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』