ご機嫌な状態を作ることで、「手放す」がやりやすくなる。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

自分のご機嫌なエネルギーを感覚で覚えておくことで、

ご機嫌ではないエネルギーを感じたときに、手放すことができるようになります。

 

自分の感覚で軽いエネルギーを知っていれば、

重いエネルギーに共振したことがわかるので、

重いエネルギーを手放すことが出来ます。

 

どちらも、

自分の中で感覚として知っているから、

必要ないということもわかりますし、

手放して、また自分のいい状態に戻すことが出来るのです。

 

そのために、

自分のご機嫌な状態を知ってみてください。

 

気分がいいとき、

自分はどんな感覚になるのか。

どんな言葉を使っているのか。

どんな行動をしているのか。

 

それらを感じてみるだけでも、

気分が変わると思います。

 

そして、前を向いて進んでいくことが出来ると思います。

 

気分がよくて、

軽くて、ご機嫌なとき、

前に進むエネルギーが沸いてきます。

 

「何をやろうか。」

「どうやっていこうか。」

と、自分の中から出てくるエネルギーを感じることができるようになります。

 

それが、

身体の中から出てくる、

ジワッとしたワクワクです。

 

ジワッと湧き出てくるワクワクのエネルギーを感じて、

前に進んでいくと、

とてもスムーズに物事が進んでいきます。

 

「こうしてみよう。」

「ああしてみよう。」

そんなアイデアが出てきますし、

そのアイデアを実行することもできるようになります。

 

いくらアイデアが出てきても、

行動できなければ、物質次元で現実にはなりません。

 

でも、ご機嫌であれば、

自分の心がジワッとワクワクを感じたら、

「行動しない・やってみない」という選択肢を選ぶのではなく、

「やる」という選択肢を選べるようになります。

 

そして、その意志が強いと、

マインドの声を聞くことなく進むことが出来るので、

スムーズに物事が動くのです。

 

ご機嫌になれる環境を作るのも自分です。

誰かが自分に代わって、ご機嫌な環境を作ってくれることはありません。

 

もし、作ってもらったとしても、

100%気に入るものにはならないと思います。

 

自分で作ることができるとわかれば、

いくらでも自分で作ることができるようになります。

 

そのために、

ご機嫌でいる状態を感覚で掴んでみてください。

 

1度でも感覚で掴むことができれば、

何度でも作ることができるようになります。

 

感覚で、自分のご機嫌な状態を感じてみてくださいね。

よければシェアをお願いします!