ご機嫌な状態を作ることで・・・

 

自分のご機嫌なエネルギーを感覚で覚えておくことで、

ご機嫌ではないエネルギーを感じたときに、手放すことができるようになります。

 

自分の感覚で軽いエネルギーを知っていれば、

重いエネルギーに共振したことがわかるので、

重いエネルギーを手放すことが出来ます。

 

 

どちらも、

自分の中で感覚として知っているから、

必要ないということもわかりますし、

手放して、また自分のいい状態に戻すことが出来るのです。

 

 

そのために、

自分のご機嫌な状態を知ってみてください。

 

気分がいいとき、

自分はどんな感覚になるのか。

どんな言葉を使っているのか。

どんな行動をしているのか。

 

 

それらを感じてみるだけでも、

気分が変わると思います。

 

 

そして、前を向いて進んでいくことが出来ると思います。

 

気分がよくて、

軽くて、ご機嫌なとき、

前に進むエネルギーが沸いてきます。

 

「何をやろうか。」

「どうやっていこうか。」

と、自分の中から出てくるエネルギーを感じることができるようになります。

 

 

それが、

身体の中から出てくる、

ジワッとしたワクワクです。

 

 

ジワッと湧き出てくるワクワクのエネルギーを感じて、

前に進んでいくと、

とてもスムーズに物事が進んでいきます。

 

「こうしてみよう。」

「ああしてみよう。」

そんなアイデアが出てきますし、

そのアイデアを実行することもできるようになります。

(アイディアについてはこちらの記事もどうぞ

「ハイヤーセルフのガイド。」

 

 

いくらアイデアが出てきても、

行動できなければ、物質次元で現実にはなりません。

 

でも、ご機嫌であれば、

自分の心がジワッとワクワクを感じたら、

「行動しない・やってみない」という選択肢を選ぶのではなく、

「やる」という選択肢を選べるようになります。

 

 

そして、その意志が強いと、

マインドの声を聞くことなく進むことが出来るので、

スムーズに物事が動くのです。

 

 

ご機嫌になれる環境を作るのも自分です。

誰かが自分に代わって、ご機嫌な環境を作ってくれることはありません。

 

 

もし、作ってもらったとしても、

100%気に入るものにはならないと思います。

 

自分で作ることができるとわかれば、

いくらでも自分で作ることができるようになります。

(こちらの記事も参考にしてみてくださいね

「自分を満たすことで始まる。」

「自分の波動の整え方。」

 

 

そのために、

ご機嫌でいる状態を感覚で掴んでみてください。

 

1度でも感覚で掴むことができれば、

何度でも作ることができるようになります。

 

 

感覚で、自分のご機嫌な状態を感じてみてくださいね。

 

ふわっと軽い現実を引き寄せる仕組みがわかる
波動入門ワークショップ!

波動を感じ、思考の使い方を知ることで、
自分を殺して生きるのではなく、
自分のために生きるという意味が
納得できて腑に落ちます。

日程はこちら!

【大阪】3月3日(日)
13:00〜16:00 ¥12,960(税込)

【博多】3月10日(日)
13:00〜16:00 ¥16,200(税込)

⇒ 詳しくはこちら

 

ハートの声を感じて心がウルっとする
90分の個人セッション。

思考を軽くすれば、軽く生きる方法が見つかります。
そのために、自分の今の状態を客観視する必要があるのです。
一人では見つけられない軽くなれる解決策を、
一緒に見つけていきましょう。

【博多】 3月9日(土)
17:00〜18:30 ¥21,600(税込)

【兵庫・西宮】 随時受付中!
90分
¥16,200(税込)

【オンライン】 随時受付中!
90分
¥16,200(税込)

⇒ 詳しくはこちら


波動・思考・引き寄せについて知っておきたい
55の音声講座

波動や思考・引き寄せをもう少し深く知りたい方への音声講座です。この音声講座を通じて、今までの日常が、かる〜く、楽しいものになればいいなと思って話しました。文字ではなかなか伝えられない細かなニュアンスも、音声だったら伝えられるので、音声を通じてお伝えしていきます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー・エネルギーコンサルタント・カウンセラー・webクリエイター 波動と思考を物質次元でどう使えば楽しくなるのか? 感覚を使いこなせるにはどうすればいいのか? を、日々実験し・検証し、体験しています。