波動を軽くするには、軽い波動に共振すればいいだけ。

自分の波動を変えていけるのは、自分の波動エネルギーだけです。

どんなに周りから調整されても、周りの刺激から軽くなっても、自分が軽いことを確信していない限り、元に戻っていきます。

 

だから、自分の感覚レベルで軽い波動を知る必要があるのです。

 

感覚レベルでわかると、軽い波動でいることが当たり前になります。

何か特別な瞑想をしなくても、パワースポットと呼ばれるようなところに行かなくても、軽くいられる。

それが、自然と自分の日常にあるから、軽い波動で生きていくことができるようになっていきます。

 

つまり、軽い波動を感覚で「こんな感じ」とわかるだけで、そのエネルギーに共振することができ、

いつもでも、どこでも、どんな環境でも、自分のエネルギーを軽くすることができるのです。

 

だから、軽い波動を知れば、軽く生きることができるようになっていきます。

そして、その軽い世界は、今までとは比べ物にならないくらい穏やかで、豊かで、心地のいい世界だから、心に余裕が生まれていきます。

その結果、人間関係や自分に起こる出来事が変わっていくので、さらに気持ちが良くなっていきます。

 

ここで間違えないで欲しいのは、

波動が軽くなるから人間関係が、何もすることなく自分の都合のいいようになるわけではないということです。

「自分の都合のいいようになる」という思考自体が、そもそも重たいのですが、それを目的に軽い波動を探しても見つかることはありません。

 

軽い波動に共振することと、人間関係が変わっていくことは別物です。

 

軽くなったから、自分にとって都合のいいことばかりが起こるなんてこともありません。

何もすることなく、オートメーション化されることもありません。

それらを考えること自体、軽い世界にはありません。

 

ここを勘違いすると、軽い波動に共振する意味が変わってきますし、いつまでも軽くなることはありません。

だから、いつまでも心が苦しさを感じることになります。

 

軽い波動でいること自体が、軽く生きることです。

その状態でいられるから、ご機嫌に生きることができます。

 

ここには、なんの条件もありません。

 

何か出来事があったから軽くなるとか、

軽くなったから、いい事が起こるとか、

そういうことではなく、ただ軽い状態であるということが体験できるのです。

 

その状態でいるからこそ、軽い状態で居続けることができるために必要なものは手に入るから、周りから見ると、自分にとって都合がいいように物事が動いているように感じているだけなのです。

 

この流れが逆になると、軽い波動を知っても軽く生きることはできません。

ましてや、波動を高めていくなんてことは無理なのです。

 

波動を高めるということが、波動を感じることにおいて敏感になっていくことは事実です。

だから、波動を感じて、それによって、自分の現実を作っていくことができるようになります。

 

でもそれは、自分の中にある波動エネルギーの違いを知っていることが大前提です。

 

違いを知らずに、今までと同じような状態で波動エネルギーを使うと、今までと同じような現実を作ることになります。

だから、いくら人間関係を変えても、いくら仕事を変えても、アナタが「居心地がいい!」と思える場所に出会うことはないということなのです。

 

これが、軽い波動を感覚で理解する必要がある理由です。

 

まずは、軽い波動というものが自分が感じるとどういう感覚なのかを知り、今までとの違いを感じることではっきりとその違いを見つけることができます。

その後で、日常に帰って、自分の軽い感覚との違いを感じ、違和感がわかった上で、自分の意識を持ってひとつずつ変えていく必要があります。

 

これを自分で変えない限り、日常が変わることはないのです。

 

軽い波動を知って初めて、自分と向き合う時間ができます。

重いまま向き合っても、軽くなるなんてことはないのです。

 

そして、普通に今まで通り生きていれば、重い波動領域の人は重い波動。

軽い波動領域の人は軽い波動になるので、交わることはありません。

 

今まで通りの重い世界のままでは、交わらないんです。

自分の意思で「軽く生きる」と決めない限り、軽い波動領域の人に会うことはできません。

何も行動を起こさずに、誰かの助けを待っていても、いつまで経っても誰も助けてくれないのは、そういうことなのです。

 

UFOも、宇宙人も、助けてくれるわけではありませんし、助けられないのです。

 

自分で決めて、自分で進み、自分の感覚で感じる以外にありません。

そこに目をつぶっている間は、ずっと新しいものを探し続け、彷徨い続ける人生を進むことになっていきます。

答えを探し、答えを求めて占いやカウンセリングに通い、答えをもらった時は楽しくなるけど、結局、家に帰ったら何も変わらなかった。

そんな自分の外に答えを求め続ける人生になっていきます。

 

それも1つの人生です。

1つの体験です。

 

でもその世界は、少なくとも軽い世界ではありません。

どちらを選ぶのかは自由ですが、どちらが自分のハートのチャクラが気持ちよく感じるのか。

それを感じて、選ぶ選択肢を選んでみてください。

 

それを決めるのも、「自分」ですよ。