「ああ、今日は重いなあ」と何気なく波動的重さを感じた時に僕がしている対処法。

「なんとなく今日はちょっと重く感じるなあ」

そんなことを感じる日があります。

 

そんな日は、全てをストップして、休むことにしています。

仕事も、家事も、やめちゃうんです。

 

どうしても気になったことだけ、どうしてもやりたいと思ったことだけ以外はしません。

それが、その瞬間、僕の作った環境です。

 

会社でも、家でも、それは同じです。

朝起きて、気分が乗らなかったら、何もしないところから始まります。

 

そして、ただ今この瞬間をあえて意識してみるんです。

 

「ああ、パンが食べたい」と思ったら、パンを買いに行って食べます。

「お酒が飲みたい」と思ったら、15時であろうが冷蔵庫にあるゆず酒をちょびっと飲みます。

(あんまりお酒飲めないので・・・笑)

基本は、味がついている飲み物は、コーヒーかジュースなのですが、それも今まで好きなことが、この瞬間飲みたいかどうかなんて関係ないので、飲みたいと思うものを飲むんです。

 

そして、パンを食べてお腹がいっぱいなのに、ラーメンと唐揚げが食べたいなあ・・・なんてイメージしながらゴロゴロしています。

食べることばかりイメージしていますね。笑

 

そうやって、自分の今の思考や状態のエネルギーを、”今 ”という目の前だけに注いでいきます。

すると、重いことなんて忘れています。

 

ゴロゴロしながら、必要であれば、波動エネルギーを使って、自分の中を整えることもしますが、それ自体も必要でなければすることはありません。

重くなったからと言って、むやみに自分の中と向き合っても、重いまま向き合うことになるので、意味があまりないですし、ドツボにはまっていきます。

 

だから、まずは、

自分の「今こうしたい」と思うことを、ただやり続ける時間を作ればいいと思います。

 

無理に思考エネルギーを変えようとしても、変わりません。

例えば、「重くなった・・・軽くしないと!」なんて思うと、余計に重くなっていきます。

 

それは、重いと軽いに優劣をつけることになるからです。

 

重くなっている今の自分も、軽い自分も、”自分”には変わりありません。

だから、重い自分を楽しんでいれば、自然に軽くなっていきます。

 

軽くなっていくと、重い時の自分がなぜ重かったのかが冷静に見られるので、重くなっている原因を見つけ出すことができるのです。

それが向き合うということになります。

 

自分の中にある波動エネルギーの動きが感覚でわかるようになると、向き合うタイミングもはっきりとわかるようになっていきます。

 

さて、

そんな日を過ごした僕は、ラーメンが食べたいなあ・・・なんて満腹なのに思っていると、電話が鳴り、

父親から「手伝って欲しいことがあるから、家に行ってもいいか?」との連絡が。

 

ドアを開けて土産を持ってきてくれた袋の中には唐揚げ・・・。

その作業をし終えたら、「あそこのラーメンでも食べないか?」となって、美味しいラーメンにありつくことが出来ましたとさ。

 

それくらいのかる〜い気持ちでいれば、現実化になるんですよね。

めでたしめでたし。

 

関連記事

「波動エネルギーを浄化するには自分を整えるイメージが大事な理由。」

「日常で義務感を感じたときは、本当にそれが必要かを考えてみる。」

「思考エネルギーを流さないで切り替える方法。」

「自分の波動に集中することで、いつでも軽い波動でいられる理由。」

「波動の影響を受けやすいとは、周りにあるエネルギーに敏感になっているだけ。」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!