アセンションとは?アセンションした人の特徴を解説。

この記事では、アセンションについて詳しく解説していきます。

アセンションとは、簡単にいうと「共振する次元が変わる」ということです。

自分が今まで共振してきた領域とは違うところにフォーカスを当てることで、次元が変わることがアセンションになります。

それらについてこれから解説していきますね。

 

アセンションとは?アセンションした人の特徴を解説。

まず、アセンションをした人というのは、発する言葉が変わってきます。

言葉はエネルギーなので、その言葉の種類によってどの次元を見ているのかがわかるようになります。

例えば、普段の会話で楽しく話をしている人は、楽しい次元を見ていることになりますので、アセンションした人だと言えますし、逆に会話をしても楽しくない人というのは、楽しくない次元を見ているということになるのです。

 

だからと言って、アセンションしていないことがダメなことではありません。

アセンションするもしないも、その人の自由ですし、どの次元を見たいと思うのかは、人によって違うのです。

そこの認識を間違えないでください。

 

そこを間違えて、「この人はアセンションしていないから付き合わない」という判断をすることで、結果的にアナタ自身が「楽しくない次元」を見ることになります。

周りの人のことを判断するというのは、アセンションして軽い次元を見ているとは言えません。

 

自分の言葉を客観的に感じてみて、その言葉を聞いた自分がどう感じるのか。

何を思うのか。

それによってアナタの見ている次元がどこなのかが分かります。

 

逆に言えば、アナタ自身の言葉を変えることができれば、楽しく思える言葉、軽い気分になれる言葉を使うことができれば、特別な訓練は全く必要なくアセンションできるということです。

アセンションというのは、今までとは全く別の次元を見ることにはなりますが、全く別の空間で生きるわけではありません。

 

あくまで、今までいる物質次元での体験をしていく上で、その体験自体が変わるということを忘れないでください。

全く異なる物質次元にいけるのがアセンションではありません。

自分の中にある次元、共振するエネルギーが変わり、ものの見方や価値観・考え方が変わるということです。

 

自分が共振するエネルギーが変われば、自然と見える現実も変わりますので、そこに気がつけるかどうかになります。

 

アセンションが息苦しいと感じるわけ。

アセンションをしていくと、物事の見え方や捉え方、視点などが大きく変わります。

それは、今まで慣れ親しんだものとは全く違うものになるのです。

 

違う価値観を知ったのに、周りは今までと同じになると、そこにギャップが生まれて苦しさを感じることになります。

意見が違うというよりも、出発点やベースの考えがまるっきり変わるのです。

 

だから意見が噛み合うことが減ってしまいます。

そのうえでの息苦しさなのです。

 

そんな時に、アナタの考えてることを周りに「認めてもらいたい」と思う必要はないことを覚えておいてください。

アナタの意見はアナタの意見で、周りの意見は周りの意見です。

 

アナタが自分の意見を尊重できるから、アナタの意見を周りが尊重できます。

苦しいからといって、自分の意見や価値観を押し付けるのは、周りに対しての尊重がないことになりますので、次元は重くなります。

このコミュニケーションの違いが、わかった上でコミュニケーションを取るようにしてみてください。

 

イメージとしては、全く縁がない外国の方みたいなイメージです。

すべて分かり合えることはありません。

だったら、わかり合う必要もないということです。

それは、外国の人だろうが、家族であろうが同じことなのです。

 

自分がご機嫌に生きていくために必要だと思えば、そこだけ協力すればいいのです。

それ以外のところは必要ではありません。

 

アセンションをしていけば、新しい仲間に出会えます。

でもそれは、今までとは違うところにいるのです。

だから、自分でそこに進んでいく必要があります。

 

苦しさを感じたら、そこから逃げてみてください。

離れることで、別の世界が見えてきます。

 

アセンションと波動の関係性。

アセンションが進むと、共振するエネルギーが変わるということを解説しました。

このエネルギーの正体こそ、「波動」なのです。

 

共振するエネルギーも波動です。

だから、波動エネルギーのことがわかれば、自分がどのエネルギーに共振するのかを決めることができます。

意識的に決めることができれば、アナタのみたいと思っている現実を、共振するエネルギーを変えるだけで作れるようになるのです。

 

また、アセンションした状態(軽い状態)になると、アナタが「こうしたい」と思うものを現実にするスピードが速くなります。

それは、思考エネルギーの伝達速度が速くなるからです。

氷の中を通るのと、水蒸気の中を通るのとでは、感じる抵抗力が変わると思いますが、それと同じです。

 

重い時というのは、抵抗量が大きいので、どうしても思考エネルギーが波動エネルギーに作用するのに時間がかかりますが、軽い時というのは、抵抗量が小さいので、すぐに波動エネルギーを動かせるんです。

 

この抵抗量というのは、自分のハートとマインドの状態によって左右されます。

例えば、アナタの感じていること(ハート)と考えていること(マインド)が一致していれば、すぐに行動できますよね。

でもこれがずれていれば、行動することに躊躇が生じます。

この躊躇の時間が、次の現実に反映されるタイミングのズレを生むことになるので、スムーズに物事が運べません。

 

アセンションして、軽い状態になるとそこがなくなるのです。

躊躇することもなければ、決断に迷う必要もなくなります。

だから、「こうする」と決めて、前に進むことができるのです。

そういう理由で、アセンションすれば現実化のスピードが速くなると言われています。

 

ただ、アセンションをすれば、どんな現実も(望んでいないことも)引き寄せられるということではありません。

自分にとって本当に必要が現実のみ作ることができるようになります。

そこを間違えて認識していると、「全然引き寄せられない」と思ってしまうので注意が必要です。

 

その辺りは、波動エネルギーのことを理解できれば自然とわかるようになりますので、アセンションの感覚を理解するために波動エネルギーのことを理解してみてください。

 

まとめ

アセンションというのは、それ自体が目的ではありません。

アセンションしたから、人生が良くなるのではなく、人生を楽しんでいるからアセンションできていたという感覚なのです。

だから間違っても、アセンションするために「我慢」したり「修行」したりする必要はないということになります。

 

アナタがアナタの人生を楽しんでいれば、自然と考え方や出てくる言葉は変わっていくのです。

その考え方や言葉を使っていくと自然とできます。

 

そしてなにより、本当にアセンションできている時は、アセンションしていることにたいして気にならないことです。

空気を吸うことは当たり前のことなので、わざわざ意識することはありませんよね。

ということは、アナタがアセンションし切ったときというのは、そこに対しての意識がなくなった時でもあります。

 

だからこそ、もう自分は「アセンションしている」と思っていれば、その現実になるということです。

人生を楽しくして、好きなように生きていれば、自然と気分も心も軽くなっていきます。

そうなれた時、「あれ?」とふと気がつくことがあると思いますが、その時を楽しみにしてみてくださいね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役 アフェリエイトと店舗経営で起業するも空虚感や違和感を抱え、「楽しく生きるために起業したのに、楽しくない」毎日が続く。そんな中、スピリチュアルやエネルギーなどに興味をもち、自分の現実で実験。根源にある重いエネルギーを昇華し、心の豊かさを感じるようになる。同時に、持っていた感覚や霊感を磨き、エネルギーを読み取る技術を活かしたセッションをスタート。現在は誰もが軽い感覚を思い出せる実践方法のレクチャーや、セッション・コンサルをしている。