“超感覚”を持った世界は自分の足元にある理由。

超感覚の世界は、今アナタの足元にあります。

そして、”超感覚”と呼ばれる能力は、人間誰しもが持っている能力です。

 

ただ、

超感覚の感度が強い人もいれば、弱い人もいる。

というだけであって、

超感覚がまったくない、という人はいません。

 

単純に今まで超感覚の使い方を、

超感覚について教えてくれる人もいなかったから、知らなかっただけなのです。

 

でも勘違いしないで欲しいのですが、

「超感覚を持った人がすごい」というわけではありません。

 

誰しもが”超感覚”を持っているのです。

そこが大切です。

 

とはいえ、

「そんなの、私はないよ。」って思いますか?

 

そんなことはありません。

アナタは日常的にテレパシーを使っています。

 

例えば、

「空気を読む」なんて、まさしくそうなのです。

 

「空気を読む」というのは、

言葉を発さずにその場の状態だけで考えていることがわかる、というものです。

 

そんなの当たり前・・・

いいえ、当たり前ではありません。

 

「空気が読める」って、すごいことなんです。

テレパシーがないとできません。

 

だからその時点で、

テレパシーが使えているということです。

 

他には、「愛犬の気持ちがわかる」などもそうです。

動物は言葉を発しませんが、テレパシーで会話をしています。

 

だから、なんとなく犬の気持ちがわかるのです。

 

これらの感覚は、なんとなくだと思います。

小さな感覚で、最初は「ん?」と思うような感覚になるかもしれません。

 

でも、その”なんとなく”が大事なのです。

 

”なんとなく”

その”なんとなく”をたくさん積み重ねていくと、感じる感覚に確信が生まれます。

 

自分の感覚に確信ができると、テレパシー以外にも様々な感覚を思い出していきます。

 

自分自身の波動が軽くなると自然に思い出していきます。

軽くなれば、様々な感覚を思い出すスピードが、どんどん上がっていきます。

 

ただ、「超感覚が欲しいから、波動が軽くなりたい。」

そう思うと、反対に波動が重くなるので気をつけてくださいね。

 

どんな能力を持っていようが、使い方を間違えると危険です。

 

包丁はおいしい料理を作ることができる反面、人を傷つけることもできます。

超感覚も同じなので、使い方には十分、気をつけてください。

 

超感覚は、軽く楽しく生きていれば自然に思い出します。

超感覚もツールの一つです。

だから、超感覚を思い出すことを目的とするとおかしくなります。

 

軽く楽しい感覚で、超感覚を使ったときのイメージを楽しむだけでも、

軽いエネルギーに共振することができます。

 

テレポートを使ったり、物質化を使ったり、

それが当たり前の世界・・・

 

すごく楽しそうな世界ですよね。

そんなイメージをして楽しんでいれば、必要な情報を思い出していきますよ。

 

関連記事

「軽い波動ってなに??」

「自分だけの感覚を取り戻す方法。」

「超感覚を思い出したから”軽い”わけではない理由。」

「波動をマスターすることは、車の免許を取るのと同じです。」

「エネルギーバンパイアから卒業するために自分を満たすといい理由。」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!