心の声を聞く方法。

 

”心の声”

それは、幻聴ではありません。笑

 

そして、はっきりとした声ではないことが多いのです。

 

「なんだかわからないけど、なんとなく、嫌だ。」

 

というような、”なんとなく”の感覚がハートの声です。

 

 

最初は意識しないとわからないくらい小さな感覚です。

 

今までは「外の世界の情報」が大事だといわれてきました。

外の情報をキャッチすることばかり練習してきたのです。

だから、「自分から出てくる情報」には目を向けてきませんでした。

 

本当に満足して、自分が望んだ世界を生きるには、

自分の中から出てくる”心の声”を聞く必要があります。

 

 

では、どうすれば”心の声”を聞けるのか。

 

まず1つ目に、

楽しいことをしてみてください。

 

自分が「楽しい」と感じることをするのです。

これまでの経験とか、やったことある・なしは、無視してです。

やる動機も、なんとなくで構いません。

楽しいと感じることをしてみてください。

(関連記事です

「楽しむの意味。」

「楽しく緩く生きている時に起こること。」

 

 

2つ目に、「マインドを止める」ということをしてください。

考えることを一旦、止めてしまうのです。

 

じゃあ、どうやってマインドを止めるのかということですが、

目を閉じて、自然な音に耳を傾けてみてください。

 

何が聞こえますか?

 

鳥の声ですか?

自動車の音ですか?

風の音ですか?

 

聞こえてくる音に集中してみてください。

 

集中している間は、マインドが止まっています。

 

 

そのときにふと、ひらめく。

それが”心の声”なのです。

 

 

このひらめくという感覚が、”心の声”なのです。

 

 

「瞑想しなくちゃ」と、力を入れる必要はありません。

どんな格好でもいいので、リラックスした状態でやってみてください。

 

瞑想は、マインドを止めることが目的です。

だから、マインドが止まればどんな形でも構いません。

(瞑想する時にこちらの記事も参考にしてみてくださいね

「瞑想のやり方は自由です。」

 

 

具体的には2つ、お伝えしました。

 

 

どちらも

「こうしなさい」

「こうすればいい」

という、「言葉がひらめく」のではありません。

 

 

「あ、こうしてみようかな。」

くらいのイメージが浮かぶような軽い感じ方です。

 

 

お気に入りの場所で、

楽しいことをしたり、耳をすませたりしてみてください。

 

そのときにフワッと浮かぶことが、

ハートの声を感覚にしたものですよ。

 


7日間で
波動と思考を使い、
『明るく羽が生えたような
生き方』へ
ガラッと変えるための
メルマガ講座

7つのテーマを通して、自分の中にある声を聞き、
波動を感じて、思考を客観視し、
不安を通り超えてワクワクを感じていきましょう。
自分の中からワクワクが出てくると、
波動や思考をうまく使っていることがわかるようになります。
すると、楽しい現実を引き寄せることは簡単になりますよ。
7日間で自分の内なる声を聞くぞ!大作戦♪スタート!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

5次元感覚を思い出し、物質次元を思う存分楽しんでいます^^ 波動と思考を物質次元でどう使えば楽しくなるのか? 感覚を使いこなせるにはどうすればいいのか? を、日々実験し・検証し、体験しています。