心の声を聞くために必要な2つの方法。

”心の声”

それは、幻聴ではありません。笑

そして、はっきりとした「声」として日本語が聞こえるものでもありません。

 

「なんだかわからないけど、なんとなく、こうしたい。」

というような、”なんとなく”の感覚がハートの声です。

最初は意識しないとわからないくらい小さな感覚です。

 

今までは「外の世界の情報」が大事だといわれてきました。

外の情報をキャッチすることばかり練習してきたのです。

だから、「自分から出てくる情報」には目を向けてきませんでした。

 

本当に満足して、自分が望んだ世界を生きるには、

自分の中から出てくる”心の声”を聞く必要があります。

 

 

では、どうすれば”心の声”を聞けるのか。

 

まず1つ目に、

今、楽しいことをしてみてください。

 

自分が「楽しい」と感じることをするのです。

これまでの経験とか、やったことある・なしは、無視してです。

やる動機も、なんとなくで構いません。

寝ることでも、ゴロゴロすることでも、ゆっくりすることも、なんでもいいのです。

”今”楽しいと感じることをしてみてください。

 

楽しいことは探すものではなく、もう「思っていること」です。

楽しいことは、行動することだけではありませんよ。

 

次にお伝えするマインドを止めた状態で、1番最初に「やりたい」と感じたものが、楽しいと思っていることになります。

 

 

2つ目に、「マインドを止める」ということをしてください。

考えることを一旦、止めてしまうのです。

 

じゃあ、どうやってマインドを止めるのかということですが、

目を閉じて、自然な音に耳を傾けてみてください。

 

何が聞こえますか?

 

鳥の声ですか?

自動車の音ですか?

風の音ですか?

 

聞こえてくる音に集中してみてください。

 

集中している間は、マインドが止まっています。

 

そのときにふと、ひらめく。

それが”心の声”なのです。

 

このひらめくという感覚が、”心の声”の正体なのです。

声というよりも、理解するという方が感覚的には近いかもしれません。

 

マインドを止めるときに、

「瞑想しなくちゃ」と、力を入れる必要はありません。

どんな格好でもいいので、リラックスした状態でやってみてください。

 

瞑想は、マインドを止めることが目的です。

だから、マインドが止まればどんな形でも構いません。

 

 

具体的には2つ、お伝えしました。

 

どちらも

「こうしなさい」

「こうすればいい」

という、「言葉がひらめく」のではありません。

 

「あ、こうしてみようかな。」

くらいのイメージが浮かぶような軽い感じ方です。

 

お気に入りの場所で、

楽しいことをしたり、耳をすませたりしてみてください。

 

そのときにフワッと浮かぶことが、

ハートの声を感覚にしたものですよ。

⇒ハートの声の感覚で生きるためのプログラムはこちら

 

関連記事

「”好きなこと”という波動エネルギーの効果。」

「本来、瞑想のやり方は自由です。」

「本音を身体の反応で感じる方法。」

「周りの人の目が気になるのはエネルギーに敏感だから。」

「軽い波動を知ることで、心が楽になっていく理由。」

 

波動体験セミナー
【 軽い波動を共有するぞプロジェクト!】
〜人間関係・健康への活用編〜

■ 東京:6月15日(土)

■ 兵庫・夙川:6月22日(土)

■ 兵庫・夙川:7月13日(土)

詳しくはこちら


軽い視点が欲しいなら
今西に相談してみる

誰にも言えないこと、周りに相談できないこと、頭の中がぐっちゃぐちゃで一人では解決できないことがあるならこちら。



ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー ブログでは、軽く生きたいと思っている方に向けて書いています。僕も過去に現実が、重くて苦しくて、どうしようもない時期がありました。そんなときに、今までとは全く別の価値観や感覚を知ることができたのです。でも知ったからといって、急激に現実が変わるわけではなく、ちょっとずつ自分の中を整理していくことで、変わってきました。今でも新しい発見や、新しい視点、価値観、感覚を知ることができていますし、それが見つかるたびに楽しくなっていくのです。だから、同じように、重くて苦しくても、波動と思考を知れば、少しずつ自分で変えていけるんだということを伝えています。