言葉と波動は密接に関わっている理由。

言葉と波動には、つながりがあります。

 

この世界はすべて波動で出来ています。

アナタの体も、波動で出来ているのです。

 

 

そして、

僕らが普段から当たり前のように使っている言葉も、僕ら自身の波動に関わっています。

 

言葉を発するとき、言葉は音になります。

音というものも波動です。

 

そして波動には、重い波動と軽い波動があり、同じことが言葉にも当てはまるのです。

 

重い波動を持った言葉というのは、

アナタが聞いて心地良くない言葉が、それにあたります。

「不安」「悲しい」「怖い」「つらい」などの感情を表現しているとき、心地良くないですよね??

 

それが重い波動の言葉ということになります。

 

逆に軽い言葉というのは、

「楽しい」「嬉しい」「わくわくする」などの感情を表現にしている状態のことなのです。

 

「こういう表現」という、特定の言葉ではなく、

アナタが聞いていて「楽しいな!」と思う言葉が、軽い波動。

 

聞いていて「つらいな」と思う言葉が重い波動である、ということなのです。

 

だから同じ表現を使っても、

アナタがどう感じるかによって重くもなるし、軽くもなるのです。

 

ということは、

アナタ自身の言葉の捉え方が、非常に重要なのです。

 

例えば、

「バカ!」

っていう言葉も、使うタイミングや度合いによって意味が異なってきます。

 

これは、「バカ」という言葉の意味よりも、

感情が大きな影響を与えているということを示しています。

 

このように、言葉の意味をそのまま捉える以外に、僕らは当たり前のように感情を察知しているのです。

これは、相手の波動(感情エネルギー)を感じているからなのです。

 

アナタから発せられる言葉は、波動と大きな関わりがあります。

そして、その言葉でアナタ自身の波動を重くも軽くもできるのです。

 

じゃあ、アナタはどちらを選びますか??

 

重い波動を選ぶのか、

軽い波動を選ぶのか。

 

そして、選んだ後、アナタがどんな言葉を使っていくのか。

それが重要なのです。

 

楽しい現実は、アナタが楽しい言葉を使うことで実現化していきます。

もし、「楽しく暮らしたい」と思っているのであれば、アナタが「重い」と思っている言葉を使わないようにしてみてください。

 

それだけでも変わっていきますよ~!

⇒軽い波動をマスターするプログラムはこちら

 

関連記事

「”波動”って何??波動をイメージできる具体的な例は水!」

「共振する情報を選ぶことで、重い波動に惑わされなくなる方法。」

「軽い波動を使ったヒーリング方法は、共振し直すこと。」

「毎日のように感じる感情を楽しむと、どんな感情にも飲まれなくて済む理由。」

「人間関係は出す波動を変えれば自然に変わる。」

 

今西のLINE公式アカウント

日常で見つかる僕の体験や発見をほぼ毎日シェアしています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!