波動が高い人の特徴って具体的にどんな人??

 

波動が高い人の特徴。

特に職場のケース、お仕事をしているときの特徴を書いていきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まず

職場に関わらず、波動が高い人というのは「穏やか」です。

自分の状態を客観的に知っているので、感情で行動することがありません。

感情で発言することがありません。

 

だから、

とても穏やかに見えます。

 

そして、

相手の発言を尊重してくれます。

 

アナタの言葉を尊重してくれるので、

コミュニケーションも取りやすいでしょう。

 

これも、自分に余裕があるからできることなのです。

 

感情で揺さぶられて生きていると、それだけでパワーを使います。

それほど、感情というのはパワーが大きいのです。

 

 

そして、「余裕」以外にも特徴があります。

それは言葉です。

 

職場でアナタや周りの人はどんな言葉を使っていますか??

そこにフォーカスしてみてください。

 

アナタがコミュニケーションをとってみて、

「心地良いなあ」

「楽しいなあ」

と思えていますか??

 

周りの人が感じていることではなく、

アナタが感じていることを認識してみてください。

 

周りが素晴らしいと言っても、

アナタの中でしっくりこなければ、しっくりこないことがアナタにとっての真実です。

 

逆も同じことが言えます。

 

周りが良くないと言っても、

アナタの中でしっくりきているのであれば、それが真実です。

 

言葉にフォーカスすることは、とてもわかりやすいのでぜひお試しくださいね。

 

余裕があるかどうか?

どんな言葉を使っているか?

 

そこにフォーカスするだけでも、どんな人が波動の高いタイプかがわかってくると思います。

 

ただ

波動が高いから良いとか、

波動が低いからダメなのではありません。

 

アナタにとって、合う・合わないはあると思います。

 

波動が高くても低くても、

1人の個人だということ、その人に対しての感謝や尊敬を忘れないでください。

それを忘れてしまえば、アナタ自身の現実に影響を与えていきます。

 

相手に対して、感謝・尊敬がなくなるということは、

自分に対して、感謝・尊敬がないということなのです。

 

そこは気をつけてくださいね。

 

関連記事

「感情のエネルギーは波動を動かしやすい。」

「言葉と波動のつながり。」

「自分の出したエネルギーはどんなものも返ってくる。」

「”心の余裕”を持つための考え方。」

「波動領域は自由自在に変えていける。」