現実を作るエネルギーを見つけるコツ。

【限定実施】11月7日(日)in東京

楽しく喋ってるだけで「かるくなっちゃう」対面セッション

詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。

今ここしかありません。

それ以外は幻想です。

幻想だから、それをどう想像するのかも、自由にできるんです。

 

未来を作り出していくことも、過去を変えることもできます。

それは、それらが全部幻想だからなのです。

 

それを理解するためには、時間というものの捉え方を変える必要があります。

時間というのは、今の社会が作り出している共通認識であるだけです。

ということは、明日から、1年は「500日ですよ」ということを、生きている人みんなが信じれば、それが真実になりますし、1年が「100日ですよ」ということをみんなが信じたら、それが真実になります。

 

時間というものですら、それくらいあやふやであるということです。

そのどれを受け入れるのかということを、自分で意識することができるから、今までと同じように思えても、全く違ったタイムラインを生きることもできるのです。

 

例えば、365日という1年の数字を受け入れないと決めていれば、異常気象という言葉に振り回されなくなります。

僕ら人間ですら、毎日同じ状態だということはあり得ませんよね。

それは、生命体である惑星も同じだということです。

 

自転する速度も、公転する速度も、惑星の気分によって変わります。

同じところを一定の速度で、ロボットのように動いているわけではないんです。

それなのに、時間というものの概念によって、一定にされてしまっています。

 

だから、目の前の天気や気温を見る・感じることではなく、誰かの作った天気予報という答えを受け入れてしまい、それを現実に投影している状況を作り出してしまうのです。

わざわざ1週間先の天気を知る必要はありません。

それなのに、なぜそれを提供しているのか。

 

そこにも小さな思考操作があるということです。

「この日はこうなりますよ」ということを、専門家という言葉で作られた幻想によって、謎の信頼性を持たされたと思い込み、思考を操作していきます。

こうすることで、天気以外の答えも、専門家が答えを持っている、権威があると言われている人が答えを決めているのと、同じエネルギー状態を作り出すことができるのです。

 

ここで大事なのは、「エネルギー状態を作ること」なのです。

答えを受け入れるというエネルギー状態を作れば、それをどの局面でも使うことができます。

実際に、今の社会は、自分で決めた答えよりも、誰かの決めた答えを優先する「空気感」を作っていますよね。

 

その空気感というものに、誰しもが翻弄されるのは、答えを受け入れるというエネルギー状態を受け入れているからなのです。

ここは、波動エネルギーのことがわからないと、その状態から抜け出すことはできません。

 

もし、答えを受け入れているというエネルギー状態を捉えていれば、今のアナタの現実は、アナタの思うがままに作り出すことができています。

そうではないなら、そうではないんです。

 

明確に「重い波動」「重い感情」を感じることや、違和感や気持ちが悪いとわかれば、そこに気がつくこともできますが、ほとんどの場合、わからないレベルで作られています。

思考操作は、バレていいところと、バレたらダメなところがあるんです。

それを知っているので、わかりやすいところでうまくガス抜きしながら、根本は変えないように、流行りを作っていきます。

 

流行っていることは、本来、それぞれが答えを持っていれば起こり得ないことなんです。

流行るというのは、答えが同じだということになります。

なぜ、多くの人の答えが「同じ」になるのか。

これも、答えを決められているエネルギーに共振した時に取る人の行動パターンです。

 

他にも、同じような反応、同じような感情、同じような意見。

なぜ、同じになるのかというと、影響を受けている先が同じだからです。

これをテンプレートと呼びますが、ほとんどの人は、それがあたかも自分で考えていることだと錯覚しています。

 

自分の日常にあるテンプレートを見つけてみてください。

そこに思考操作が隠れています。

 

「あれ?なんで、こういう反応をした?」

ということがわかれば、

「あれ?なんで、こう考えた?」

ということを見つけられれば、自分の現実を変えることができるようになります。

 

今までと同じ反応や、今までと同じ思考であれば、同じ現実を体験するんです。

それこそ、1年は365日ということに疑いを持たない限り、ずっと365日であることと同じなんです。

 

ほとんどの現実が幻想であり、自分でいくらでも想像できるのに、なぜ365日は信じているのか。

そういう、もはや当たり前すぎて当たり前だとも思っていないところに、自分の現実を作っているエネルギーがあるということです。

 

でも、その根本的なところを変えない限り、自分の作り出す現実は変わりません。

だから波動エネルギーのことを知らないと、現実を変えることは難しいと思います。

 

波動エネルギーのことを理解するために必要な情報は、以下の記事・メルマガから読むことができます。

【実践的なまとめ】波動エネルギーを軽く整える方法。

ご機嫌な毎日を作り出せる方法がわかる。

 

考え方や捉え方が変わっていくと、精神性と呼ばれているものも変わってきます。

そこが変わるから、5次元という世界を体験できるのです。

 

田舎に行って生活することが5次元ではありません。

場所は重要ではないんです。

 

都会や街にいても、5次元で生きることはできます。

次元は場所ではなく、自分の中にあるからです。

 

自分の中が平和でないのに、田舎に行ったとしても、そこでできる現実は都会と変わりません。

都会で巻き込まれていることと同じことが起こります。

 

逆に、自分の中が平和でご機嫌だったら、都会でも十分5次元の世界を生きることができるのです。

もちろん、都会の方が、ストレスを感じやすい環境にはありますので、重くなりやすい側面はありますが。だからといって、無理に田舎に行く必要もないんです。

 

全部自分で作れます。

そこのコツを日常生活を通じて掴んでみてください。

 

小さなこと、日常で起こること、どんな些細なことも、選ぶことに意識ができれば、自分で作っていることを理解できるようになります。

小さなできたを積み重ねていくと、「できる」と確信に変わっていくのです。

 

すると、周りの答えを受け取らないということも選べるようになります。

「勝手に決めるんじゃない」と。

そうやって、自分の現実の主導権を自分に持ってくることができれば、ハートが感じる「やりたいこと」は実現できるようになるんです。

 

その世界は、軽くて穏やかで平和な毎日ですよ。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役 アフェリエイトと店舗経営で起業するも空虚感や違和感を抱え、「楽しく生きるために起業したのに、楽しくない」毎日が続く。そんな中、スピリチュアルやエネルギーなどに興味をもち、自分の現実で実験。根源にある重いエネルギーを昇華し、心の豊かさを感じるようになる。同時に、持っていた感覚や霊感を磨き、エネルギーを読み取る技術を活かしたセッションをスタート。現在は誰もが軽い感覚を思い出せる実践方法のレクチャーや、セッション・コンサルをしている。