お金に本来ブロックはなく、出来事にどんな価値観を持っているかだけ。

自分の感じるエネルギーの大きさは、感じているもの自体のものの見方によって大きく変わります。

だから、現実や物事、感じ方などが軽く変われば、どんな出来事も軽く感じることができるようになるのです。

これについてわかりやすいのは、お金です。

 

例えば、コーヒー一杯をいくらだと想像しますか?

300円のところもあれば、500円のところもあり、場所によっては1200円のところもあります。

同じコーヒーなのに、値段に差がある理由はいくらでもあるように思えますが、それぞれに対する感じ方は違うと思います。

 

ホテルのロビーラウンジで飲む1200円のコーヒーと言われるのと、喫茶店で飲むコーヒーが1200円と言われるのと、それぞれの感じ方が違うと思います。

それこそ、コーヒーに対するものの見方の違いになり、価値観の違いになります。

 

そして、それがどう感じるのかが人によって違うから、1200円のコーヒーが高く感じる人もいれば、やすく感じる人、妥当だと感じる人と、わかれていくのです。

 

もし、いつも300円のコーヒーしか飲んだことがなかったら、1200円と言われると「そんな違うの?」と思うはずです。

逆も同じで、1200円のコーヒーしか飲んだことがなかったら、300円と言われると「え?」となりますよね。

 

さらにその「え?」には、様々な価値観があります。

「品質大丈夫?」と思う人もいれば、「そんなやすくて飲めるものなんだ」と思う人もいると思います。

それも、その人が持っているものの見方、価値観によって変わるのです。

 

これらすべてが、出来事ではなく自分の受け取り方によって変わるので、その受け取り方が軽くなれば、軽い感覚で受け取ることができれば、出来事から作られる自分のエネルギーは軽くなるので、その次に体験する現実は軽くなります。

 

例えば、1200円のコーヒーに対して、「高い」や「そんなの・・・」と思っていれば、そのコーヒーを飲む時間が楽しくありませんし、飲み終わってからも、頭の中では、「ああ・・・」とそのことばかり考えてしまいます。

その結果、頭の中や目の前は楽しくない現実が続くことになるので、重く感じるのです。

 

では、どういう状態になれば、軽くなれるのかというと、1200円のコーヒーというものに対して、特別何も感じなくなれば、何も考えなくなれば、軽くなっていきます。

 

例えば、1200円が高いという判断は、言い換えると「自分はそんな高いもの買えない」という思考エネルギーから生まれていますし、そもそも値段に対する比較のエネルギーを持っていることになるので、お金に関わらず「比較する」という思考エネルギーを持つことになります。

だから、無意識に自分を誰かと比べて、自分のできないところを見る癖がついているので、そういう現実を見ることになるんです。

それをやめない限り、自分を比べますし、誰かを比べます。

自分が優勢であれば、優越感に浸って、劣っていたら自己否定というような状態になってしまうので、生きることは楽しめません。

 

だから、ものの見方を変えるんです。

まずは、お金を比べるということをやめます。

 

1200円のコーヒーが高いのではなく、その金額でその時間を最大限ご機嫌に過ごせるように思考を変えていくんです。

そのためには、1200円のコーヒーが高いと思う思考の原因になっている「比べる」という思考エネルギーを手放す必要があります。

手放すためには、比べるという思考エネルギーを学んだ過去の出来事を昇華し、そこにあるエネルギーを昇華する必要があり、それができれば、比べるという思考エネルギーがなくなるので、どんな値段のコーヒーでも楽しめるようになっていきます。

 

値段を見ても動じないというのは、そういう状態です。

300円でも500円でも1200円でも、自分が体験したいと思ってそこにいるわけだから、そこで必要な金額を払うだけ。

そう思えるようになると、一切の揺らぎがなくなります。

 

もし、自分が体験したいと思っていないのに、そこにいるなら、次は「なぜ自分はそこにいるのか?」ということを同じように考えていく必要があります。

そうやって、少しずつ思考エネルギーを変えていくことができれば、出来事に対するエネルギーの大きさが小さく感じられるようになっていきます。

 

小さく感じるから、どんな出来事も楽しめるんです。

 

他には、海外旅行によくいく人と、たまにしか行かない人。

たぶん、飛行機の乗り方は違いますよね。

慣れていれば、何をすればスムーズに乗れるかわかっていますが、たまにしか体験しなかったら、頭の中でいろんなことを考えて不安になることもあると思います。

でもこれは、1度体験すれば、その不安は消えます。

また時間が経つと同じような現実を体験する理由は、「飛行機に乗ること=大きなこと」という価値観を持っているからです。

 

不安をなくすには、「飛行機に乗ること=大きなこと」を「飛行機に乗ること=電車に乗るのと同じ」くらいに思えれば、不安自体をなんとかしようと思わなくても、不安は消えていきます。

 

重くなる時は、自分の価値観によって出来事が重い方に大きくなっているだけなのです。

だから、自分の思考エネルギーや持っている価値観を変えれば、重くなることはありません。

そして、出来事に対する自分のリアクションが変わるので、目に見える現実も変わっていきますよ。

よければシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』