【軽い?重い?】波動エネルギーの違いを感じて、どちらに共振するかを選べるようになる感覚。

波動エネルギーは、

「軽い・重い」という2つの種類があります。

その違いというのは、簡単にいうと、”愛”の割合です。

 

軽い世界は、愛が満たされている割合が多く、

重い世界は、愛の割合が少ない世界です。

 

そして、愛というのは、

感謝と尊重です。

 

軽い世界に居ると、感謝と尊重を自分にも相手にも持っている状態になります。

だから、すごく風通しのいい関係を築くことが出来るのです。

 

そして、

それは、人同士の話に留まらず、

すべての存在と心地のいい関係を築くことが出来ます。

 

人以外の動物や、物質。

 

例えば、

パソコン・スマホ・車・家・冷蔵庫・洗濯機・石など・・・

「人だけに意思があるのではない」ということがわかるので、

すべての存在を尊重することができ、自然に感謝の気持ちが沸いてくるのです。

 

その気持ちを、相手も受け取ってくれるので、

感謝の気持ちが返って来ます。

 

それが、調和で満たされる感覚です。

 

調和で満たされることは、

誰かに何かをしてもらったときではありません。

 

自分の中が満たされたときに、

自分から発されるエネルギーなのです。

 

自分の中から

「ありがとう」

という言葉が出て、相手に伝わり、

相手からも、

「ありがとう」

と返ってくる。

 

これが、調和の世界が生まれる瞬間です。

(言葉はあくまで例えです)

 

それは、人だけのコミュニケーションではないことに気がついてください。

 

自分との対話もそうです。

自分以外の人との対話もそうです。

人以外の動物との対話もそうですし、

物質との対話でも調和は生まれていきます。

 

波動エネルギーの違いは、

意識するだけで感じることができます。

 

自分の中から発しているエネルギーを感じることで、

軽いか、

重いか、

簡単にわかるのです。

 

そのエネルギーに共振して出てきた言葉を観察してみると、

今、自分がどんな世界にいるのか。

どんな体験をしたいのかがわかります。

 

自分の言葉には、感謝と尊重があるのかどうか。

もし、それらがあるなら、どんな言葉を使うのか。

何を使い、何を感じるのか。

 

それらがはっきりしてくると、

自分の共振したい現実の軽さを体験することが出来ます。

 

✔︎ あわせて読みたい。
波動の高い人・低い人の特徴は見た目以上に「言葉」でわかる理由。波動を高める3つの言葉。

 

軽い波動を体験し、

それを自分以外の人に渡していくことが出来るようになるのです。

 

自分の軽い波動を渡すということは、

相手の軽い波動を受け取るということになります。

 

だから、軽い世界で交流が生まれ、気持ちよく付き合えるのです。

 

違いがわかるからこそ、

軽いエネルギーを選ぶことができると思います。

 

✔︎ 音声でもお話ししています。
自分の放つ「言葉」が目の前の現実を創り出すメカニズム。

 

よければシェアをお願いします!