ハートの感覚を日常で使う方法。

どうしてもやりたくない時は、ハートが黙っていません。

そして、「嫌だ!」と強く感じます。

 

逆に言えば、なんとかなる時は、その選択肢に対してハートは何も感じません。

何も感じない時は、それをやっても大丈夫だということです。

 

ハートの感覚を使っていく上で大事なのは、「こっちがいいですよ」とか「こっちが正しいですよ」とか、そういう表現をしてくれるわけではないということです。

この世界のどの体験においても、自分にとっては貴重な時間です。

そして、長期的な視点があれば、どんな体験であっても必要なものになります。

 

だから、ハートの感覚がわかれば、人生がよくなる選択肢を教えてくれるよりも、絶対に違うと思う時に反応することがわかるのです。

ということは、どんな毎日を暮らしていたとしても、自分のハートが特に問題なければ、それも1つの選択肢だということです。

選ぶかどうかはそのときの自分次第なので、その都度感じればいいと思いますが、ほとんどの場合が自分のやりたいこと、興味のあることだから目の前に情報として存在していることになります。

 

ただ、この興味を持っていること自体が、誰かの決められているものであるなら、そこに自分が本当にやりたいと思うことがないので、楽しさやワクワクを感じながら選ぶことができません。

よく、4つの中から選びなさいというようなクイズがありますが、あれは、「与えられた選択肢の中にしか答えはありませんよ」という暗示になります。

だから、自分の人生を考えた時に、自分の目の前にある情報だけで決めてしまいがちになるのです。

 

4つの選択肢があれば、そこから自分に合うものを選ぶという感覚です。

もちろん、そこに1番自分が欲しいと思うものがあるなら、それを選べばいいと思いますが、4つの中に自分が最もいいと思えるものがないなら、4つ以外の答えを探しにいけばいいということです。

 

クイズでも、自分の答えがそこになかったら、他を答えにしてもいいということになります。

自分の正解は自分で探すことができる。

それが自由です。

 

例えば、以下の中から自分の好きな場所を1つ選んでください。

・リビング

・お風呂

・寝室

・キッチン

という質問があれば、この4つの中から選ぼうとします。

そして「1つ」だと言われたら、1つ選ぶ行動になるのです。

 

これが思考操作の正体になります。

答えを誘導されているんです。

 

1つ選ぶこともできますが、3つの人もいますよね。

優劣なんてつけられないこともあるでしょう。

4つ以外の選択肢がある人もいると思います。

 

その答え全てが、自分にとっての1番の答えだったら、それが真実だということです。

 

ここでハートの出番がやってきます。

その答えを決めた時、ハートはざわつくか。

何も感じないか。

暖かくなるか。

他の反応になるか。

 

それによって、自分がそれを本当の1番だと言い切れるかどうかがわかります。

 

自分にとって、マインドや自分以外の条件で決めた答えの場合、違和感を感じることがあります。

そして、それをやろうとすると、「なんか嫌だ」「だって、嫌なんだもん」というような感情が出てくるのです。

これは、自分がその答えに対して感じている真実だと思います。

だから、それを選ぶことをやめるんです。

 

では、何も感じなかった場合はどうなるのかというと、これは全く問題がないということになります。

何かを感じることがサインの時もありますが、何も感じないのも特に問題がないということです。

 

ただ、自分にとって「これだ!」と強烈に感じるものは、ハートにエネルギーを感じることもあります。

そんな時は、今までやったことがなくても、思い切ってチャレンジしてみてください。

 

そこで、「できない理由」を探すことをやめてくださいね。

できない理由や、やった後の不安を考えれば考えるほど、前に進めなくなります。

それは、それぞれのエネルギーが重い波動なので、ものすごく自分の中にある精神的なエネルギーを消費することになるのです。

 

エネルギーが消費されてしまうと、行動することができなくなります。

軽い気持ちでなんでもやってみることができれば、未知への恐怖心というものが幻想だとわかると思いますので、ここは慣れていき、思考を変えていくしかありません。

 

ハートの感覚が、特に何もないのであれば、とりあえずやってみることをオススメします。

と言っても、そこも自由です。

動いて新しい現実を体験することも1つですし、今までと同じ現実を体験することも1つです。

どちらも同時に体験することはできませんので、選ぶ必要がありますが、そこをハートの感覚の使い方を知っていれば、案外簡単に進んでいくことができると思います。

 

ハートの感覚の探し方は、こちらの記事を参考にしてください。

ハートとマインドの役割と違い。

 

ここ最近は、楽しくない情報が圧倒的に増えてしまっているので、どうしてもマインドの感じるエネルギーが「自分」だと思ってしまうことがあると思います。

そんな時だからこそ、ハートの感覚を感じることは大事になってくると思うのです。

 

やりたいと思えばやってみて、やりたくなかったらやらない。

すごくシンプルですが、その過程を進んでいくことで、ハートの反応があるときもないときも楽しむことができますよ。

よければシェアをお願いします!