お金のない世界になっても生きていけると言い切れる理由。

本来、物質次元では、お金は必要ではないのです。

お金がなくても生きていくことができます。

 

今すぐお金がなくなったとしても、生きていけるのです。

 

アナタがしていることをし続ければいいのです。

 

パンを作っている方はパンを作り続ければいいですし、

家を作っている人は家を作り続ければいいですし、

服を作っている人は服を作り続ければいいだけの話なのです。

 

お金は、それを交換するためだけのツールなのです。

それを思い出してください。

 

仮にお金のない世界になったとして、アナタは今の仕事を続けますか??

 

好きで楽しい仕事であれば、提供する感覚を思い出していきます。

それを思い出して、提供することを楽しんでいれば、楽しい波動が伝染していくのです。

その結果、「楽しい波動を感じたい!」と思う人が集まってきます。

 

100人でもそういう方々が集まっていけば、お金のない世界が勝手に出来上がっていくのです。

 

Aさんが野菜を作って、Bさんが料理をして、Cさんが楽しく食べる。

Cさんは服を作って、Aさんが服をもらう。

これが循環です。

 

そしてこの循環を、今の3次元でもしていると思いませんか??

そこにただ、お金というツールを加えているだけに過ぎないのです。

 

ということは、

お金というツールがなくても、循環というのは成り立ちます。

むしろ、お金がない方がストレスなく循環が生まれるのです。

 

それを思い出せば、お金というものが必要なくなっていきます。

勝手に必要ないと感じるようになっていくのです。

 

その世界になれば、物質への執着がなくなります。

「人より多く持ちたい・・・」や、

なくなっていくことへの不安もない世界です。

 

イメージしてみてください。

そして、アナタはどちらの世界を体験したいですか??

 

それが決まれば、アナタが体験する世界が変わっていきます。

もちろん、3次元のマネーゲームを楽しむのも1つの世界です。

 

でも、それが合わない人もいるということです。

 

合わないのに、その世界にいても仕方ありません。

 

出ることはできます。

そのために、自分でどの世界に行きたいかをはっきり選んでください。

はっきり選ばなければ、どっちつかずになってしまいます。

 

決めたら、今アナタができると思う小さいことでいいので、行動してみてくださいね。

 

関連記事

「お金の正しい循環なんてものはない!循環はしているもの。」

「特別感を捨てることで、自分の個性を見つけることができる理由。」

 

よければシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』