人間関係は出す波動を変えれば自然に変わる。

 

人間関係は、自分の波動エネルギーが変わり、波動領域が変われば、自然に変化していきます。

だからといって、それが動機で波動を軽くしようと思っても軽くはなりません。

 

自分の出しているエネルギーが重ければ、重い人間関係になるのですが、

「人間関係を変えたい」「関わる人を変えたい」

それが理由で波動を軽くするという事は、

「排除」という重いエネルギーを出すことになるのです。

 

人間関係は変えたいものではなく、自然に変わるもの。

 

自分が楽しくご機嫌に生きることを選んで、

それを実行していれば、そのエネルギーに人が引き寄せられてきます。

 

自分がご機嫌で生きているから、周りもご機嫌で笑顔な人で囲まれるのです。

 

これが逆になった時、ご機嫌に生きる事はできなくなります。

周りを変えればご機嫌になれるという思考になるからです。

 

これは、自分の人生の選択を周りに放棄していることになります。

そして、自分の人生は、その周りによって左右され、決められるということになるのです。

 

人間関係において、周りはそれほど重要ではありません。

それは、周りにいる人ですら、自分の思考エネルギーの結果だからです。

 

つまり、

自分がストーリーの主役で、周りはエキストラだということになります。

エキストラを変えようと思ったら、自分の歩んでいるストーリーを変える以外にありません。

 

今までと同じストーリーで進んでいくとなると、

同じ人間が出てくることになります。

 

ということは、

今までとは違うストーリーを選ぶことができれば、違う人間が出てくるということになるのです。

 

重い今までのストーリーから、軽いストーリーに変える。

それぞれのストーリーの違いこそが、波動領域の違いなのです。

 

周りが変われば、自分が変わるという思考エネルギーは、

「自分の選んでいるストーリーは変えないけど、エキストラは変わってね。」といっている状態なのです。

 

エキストラといっても、それぞれの意思があります。

ドラマにエキストラとして出演していて、急に「主役の人が出て行けと言うから、出て行ってください」と言われたらどんな気持ちになるでしょうか?

少なくとも笑顔でいることはできないでしょうし、排除されたと思うはずです。

それと同じことが、「自分の選んでいるストーリーは変えないけど、エキストラは変わってね。」という思考エネルギーです。

 

その思考エネルギーを選んでいる状態で、軽いとはなりません。

だから、いつまでも人間関係が楽しくない現実を作ることになります。

 

人はたくさんの面がある。

 

人はたくさんの面を持っています。

ミラーボールのように、たくさんの面があって、光が当たったところが光るのと同じように、

自分の見ている相手の面がすべてではありません。

 

自分がご機嫌で楽しくしていれば、

今まで見たこともない顔を見ることができます。

 

どんなに険しい人でも、

どんなに怖い人でも、

笑顔になる瞬間は持っています。

 

ただそれを見せていないだけなのです。

 

ということは、

自分が笑顔でご機嫌に生きることができれば、

そのエネルギーに共振した相手から、笑顔を見ることもできるようになります。

 

「合わないから縁を切る。」

というのも1つの選択肢だと思います。

 

それを選ぶことで解決するなら、それでいいと思いますが、

今の物質次元では、そうもいかない時が出てくると思うのです。

(根本的には、エネルギー不足がそれを引き起こしているのですが・・・)

 

そんな時に、自分の中を穏やかにしてみるという方法もあるのを覚えておいてください。

そして、もし日常でそういう場面が来たら、

自分の周りではなく、自分の中だけにフォーカスして穏やかにしてみてください。

 

そうすると、自分の出しているエネルギーが軽いものになります。

軽いエネルギーを相手に出すことで、相手も気持ちのいい感覚を感じることができます。

 

だから、自分の見える現実は、

今までのように怖いもの、苦しいものではなく、楽しく気持ちのいいものになるのです。

 

気持ちのいいものになって、そのエネルギーが連鎖して行けば、

その場の空気も変わっていきます。

 

その結果、そこにいる人の楽しい面をみることができるようになるのです。

 

目的を持って波動を軽くしても軽くならない。

 

波動は、ご機嫌にしていれば自然に軽くなります。

だから、何か特定の目的のために軽くしようと思っても軽くならないのです。

 

人間関係を変えるために波動を軽くするという思考が、どういうエネルギーなのか?ということを自分の中で感じてみてください。

 

そして、自分の思い描く人間関係を具体的にイメージしてみることで、

それを自分の現実におろしてくることができます。

 

「これが嫌、あれが嫌」と、嫌なことばかりをイメージしても、

その嫌なことを現実化していくので、いつまでも楽しくなりません。

 

だから、自分のもっとも理想としている人間関係をイメージすることが大切なのです。

イメージできればできます。

でも、できなければできないのです。

 

まずは、自分がどんな人たちと生きていきたいのか?

ということを明確にしてみてくださいね。

 

(エネルギーと人間関係については、こちらの記事もどうぞ!

「エネルギーバンパイアの特徴。」

「まずは自分を満たすところから始める。」