やりたいことがわからないなら、心の活力を満タンにするところから始める理由。

ふと、「楽しいことを探せばいいんです!」って伝えてきて思うことがありました。

それは、それを探せないから困っているんだと。笑

 

好きなこともわからない。

楽しいこともわからない。

やりたいこともわからない。

 

なぜこうも、「わからない」になるのか。

 

多分、「考えればわかる」ということもわかっていながら、「わからない」という現実を作り続ける。

自分の中を変えれば、そのわからないも消えるかと思って、いろんな方法を探してみたり、実践してみたりするけど、イマイチ変わらない。

 

そりゃそうです。

自分の中に気力がないからです。

 

考えるところにエネルギーを回せないくらい、エネルギー不足になっているんです。

ガソリンがないのに、アクセルを踏もうとしても車は動きません。

それと同じ状態になっているのに、考えて探そうとしても、そりゃ「無理」ですよ。

 

ガソリンがなくなったらどうするの?

ガソリンスタンドに行きますよね。笑

つまり、エネルギー補給に向かいます。

 

でもこれは、ガソリンスタンドの場所を把握しているから出てくるアイデアですよね。

じゃあ、ガソリンスタンドがなかったらどうすればいい?

周りに走っている車のガソリンを奪うことになります。

これが人になれば、エネルギーバンパイアとして、周りの人のエネルギーを奪っていくことになります。

 

喧嘩をしてみたり、人の気を引いてみたり、支配してみたり。

他にもたくさん方法はありますが、少なくとも、注目を浴びたり、被害者になったりして、自分に意識を向けさせようとする行動を行なっていきます。

 

その結果、その時はエネルギーをチャージできたように思えますが、結局走っていれば、またガス欠になるわけです。

すると、また同じように周りから奪っていきます。

それも、みんなが同じことをしているので、それが「奪っている」ということにも気が付いていません。

 

これが、今の重い社会です。

心のエネルギータンクを満たせない、ガソリンスタンドを見つけることができないんです。

その中で生きていれば、そりゃ、何もわからなくなります。

 

出来るだけ省エネでいないと、生きていけないからです。

これが、考えられない大きな原因だと思います。

 

考えていない人はいませんし、考えられない人もいません。

それでも「わからない」のは、活力がそこまで回せないからになります。

 

じゃあ、ガソスタはどこにある?

僕らの心のエネルギータンクを満たすためのガソリンスタンドは、もうすでに繋がっているんです。

それが、宇宙だったり、大地だったりします。

そこからエネルギーをオーダーすれば、いくらでもチャージすることができるんですよ。

本当は。

 

だから、ちょっとやり方を思い出せば、いつでもチャージできるので、活力がないってことにはなりにくいのです。

(いろんな影響で、たまに何もする気がなくなりますが、それもそうだとわかっているので十分な休息をとるようにしています)

 

では、その宇宙と大地のつながり方についてです。

 

まず、宇宙は、意識を上にどんどん伸ばしていきます。

すると、宇宙の端っこにコツンと当たるような感覚を感じられるのです。

 

そこで、宇宙エネルギーをオーダーします。

すると、チャージできるのです。

 

大地も同じで、下に意識を持っていきます。

すると、テラ(地球)の内部の真ん中に到達できます。

 

そこで、大地のエネルギーをオーダーすればチャージすることはできるのです。

 

そうやって、意識を向ける先をはっきりさせて、そこで料理を頼むようにオーダーすれば、必要なエネルギーはもらえるんです。

しかも、無料ですしね。笑

無限にあるエネルギーからもらうから、全体のエネルギーが減るなんてこともありません。

エネルギーをタダでもらうからって、罪悪感はいりませんよ。笑

 

これが、僕らの心のエネルギータンクを満たすことができます。

何度かしていくうちに、エネルギーは満たされて、活力は戻ってくるので、そこから自分のやりたいことを考えればいいのです。

 

なんで、そんなこと教えてくれないのか。

わかればすごく簡単なことですし、誰しもそこに繋がっているので、いつでもチャージできます。

特別な訓練もいりませんし、能力も必要ではありません。

にも関わらず、なぜ教えてくれないのか。

 

これは、この重い世界を作ったところに理由が隠されています。

重くて当たり前なのです。

 

エネルギーをチャージされて、活力なんて持たれたら支配できません。笑

だから、教えないんです。

 

非情に思えますが、重い世界ではこれが普通なんですよ。

軽くなっては困ります。

考える力を持ってしまっては支配できません。

だから、ガス欠になっても波動のことは世の中で教えないんです。

 

むしろ、怪しいとか、胡散臭いって言われてますよね?

それがなぜなのか。

表に出ているスピを扱っている人が、なぜ怪しさを出すのか。

そこに色々と隠れていると思いませんか?笑

 

自分で心のエネルギータンクを満タンにできれば、今ある心の病はなくなります。

心の病がなくなって、軽い世界になってしまったら、商売あがったりなので、そんなことはしないと思いますが。

だから、重い世界にいる間は、いつまでも重いままなんですよね。

 

それでも、ここまで支配者たちがやりすぎてくれたおかげで、「おかしくない?」と気がつく人が増えてきているのも事実です。

そんな時に、エネルギーチャージは大事な技術になります。

 

イメージを信じれば、この記事を読んですぐにできます。

ここに書いた方法は、イメージをして、自分を信じることができれば、今すぐにでもできます。

今すぐして、エネルギーを満タンにしてみてください。

 

きっと気持ちが全然違うはずです。

「かるっ」ってなると思います。

 

そして、なんでもいいからやりたくなってくると思うのです。

すると、わざわざ「やりたいこと、好きなことはなんだろう・・・」なんて悩まなくてもいいんです。

 

やりたいことを探す方法は、僕も書いていますが、そんな記事を読まなくても、自然と見つかります。

だからまずは、心の活力を取り戻してみてください。

 

感覚がわからなかったら、身体を休めてみてください。

それだけでも十分な時もあります。

 

自分の心が満たされること。

これって本当に大事なことなので、ぜひその状態を作ってみてくださいね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
今西 史樹
今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』