波動エネルギーや思考エネルギーには「忖度」という考え方がない理由。

波動エネルギーにも思考エネルギーにも忖度はありません。

都合のいいように判断して流れてくれるのではなく、普段から考えているところ、興味のあるところに流れていきます。

だから、普段から考えていることが大事ですし、興味を持っていることに意識を持つ必要があります。

 

例えば、行列に並んでいる時、どんなことを考えていますか?

「ああ、まだかな?前の人モタモタしてるし・・・もう・・・」

と考えていれば、そこにある「対立」のエネルギーが自分の共振しているエネルギーになりますし、「まだ」だという現実を引き寄せることになるので、すごく時間がかかっているように感じます。

だから、その行列が終わって、達成したいことを達成しても疲れて楽しめなかったり、イライラしてしまったりします。

そのエネルギー状態のまま、例えば車の運転を始めると、疲れているので都合の悪いことが起こったり、イライラすることが起こったりするんです。

 

これが、自分の普段から出しているエネルギーは、そのまま現実に反映されていくという理由です。

このエネルギーを毎日のように出している状態で、自分と向き合う時だけ「こうしたい」というエネルギーを意識しても、普段のエネルギーが変わっていなかったら、向き合う時だけ考えている「こうしたい」を実現することはできないのです。

ここが理解できるかどうかで、自分の現実を自分の思い通りにできているかどうかが変わります。

 

向き合う時間は確かに大事ですが、その時と同じような感覚で毎日の波動や思考を意識できているかどうかの方が大事です。

自分の意識がどこに向いているのか?という比率によって、現実の見える部分は変わってきます。

 

先ほどの「行列」においても、いつもの思考が「イライラ」しているから、イライラすることに興味を持っているのでそこにフォーカスし、行列に並べばイライラする現実を引き寄せることになります。

でも、行列に並んでいても、いつもの思考が「楽しいことを考えている」のであれば、楽しいことに興味を持っているのでそこにフォーカスし、行列に並んでいても楽しく時間を過ごすことができるのです。

 

この違いは、日常における意識、フォーカスしている場所がどこなのか。

それだけの違いですが、この違いが大きく、しかもこれが思考エネルギーを使う上でとても大事な感覚になってくるのです。

 

思考エネルギーを使っていない人はいません。

だからこそ、その使い方を楽しい方にすれば、周りの状態や環境に影響されることなく楽しめるようになっていくのです。

これが見える現実を変えるということになります。

 

行列を楽しめる現実に変える。

渋滞を楽しめる現実に変える。

遅延を楽しめる現実に変える。

空腹を楽しめる現実に変える。

思い通りにいかないことを楽しめる現実に変える。

 

これらはすべて、自分の意識やフォーカスを向ける先、つまり思考エネルギーを変えればできることになります。

だから、どんな現実も体験することを楽しめると心から思えるようになるので、不満や不安を感じることはなくなるのです。

純粋に楽しめます。

純粋だから、力が入らないのです。

力が入らないから楽に進めます。

 

ただ、これをする上で、波動や思考は、それらを勝手に判断して、都合のいいようにしてくれるわけではありません。

オートメーションで動いてくれるわけではなく、自分で意識的にフォーカスを変える必要があるのです。

 

意識的にフォーカスを変えるためには、自分の今感じていることを認識する必要があります。

イライラしているのであれば、そのイライラしている自分を把握する必要があるんです。

 

そして、「何にイライラしているのか?」ということも明確にする必要があります。

イライラは必ず原因があり、その原因がわかってくると、昇華することができて気持ちが落ち着きます。

だから、その感情に飲まれることはないのです。

 

飲まれないから、冷静にいることができます。

例えば、行列に並んでいてイライラするなら、なぜそんなにイライラするのかを、行列に並びながら考えるんです。

すると、今感じているリアルな感情として観察することができます。

 

いろんな理由を考えてみると、ふとしたときに「イライラする必要性」を感じなくなるんです。

そこまでできると、自然と納得できるので、イライラしなくなります。

イライラしなくなるから、並んでいるときに新しい発見があるかもしれませんし、並び終わった後も楽しく過ごすことができるのです。

 

そうやって、日常の出来事1つひとつに対して意識を持つようにしていきます。

すると、無意識に生きる時間が減るので、自分の思考エネルギーを自分の意識の中で使うことができるようになっていきます。

これができるようになると、本当に思うがままに現実を作ることはできるんです。

 

びっくりするくらい自分の体験したいことを作れるので、さらに楽しい毎日になっていきます。

その繰り返しをしていると、必要なものは必要なときに必要なだけ手に入ることを確信できるので、不安を考えることは減りますし、考えたとしても大丈夫だと言い聞かせなくても思えます。

そうなれるから、考えることを楽しい方に、自分の好きなことを考えていけるので、さらに楽しいことを実現することもできますし、そのための準備をすることもできます。

 

波動や思考は、自分の毎日考えていることにとめどなく流れていきます。

だから、自分の毎日の波動や思考を意識的に把握してみてください。

それだけでも、自分の現実がどうしてそうなったのか?ということがわかるようになるはずです。

面白かったらシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』