心の痛みはいらない価値観を手放せている証。

 

これから必要のない価値観を手放すときに、

心が痛く感じることがあります。

 

 

キリッとしたり、

キューッとしたり、

緊張とはまた違った感覚で、

痛みを感じることがあります。

 

 

それは、

必要のなくなった価値観が手放せている状態です。

 

 

イメージとしては、

自分のハートにあったたくさんの釘が取れたようなイメージです。

 

 

その釘によって、

今までハートの声を聞くことが聞き取りづらかったのです。

 

 

その釘が徐々に抜けることで、

ハートの声が大きくなっていきます。

 

 

大きくなっていくので、

今までわからなかった感覚を思い出していくことになるのです。

(ハートの声とは?

「マインドとハートの違い。」

「5次元の視点を持つことで。」

 

 

一つ一つ着実に、抜いていってみてください。

たくさんの釘が刺さっていると思いますが、

徐々に手放してみてください。

 

 

時には、

「まだあるのか?」

と、嫌な気分になることがあるかもしれません。

 

 

でも、

一気に釘を抜くということは、

とても大きな痛みを伴うことになります。

 

 

大きな痛みは、

治癒するのに時間がかかりますし、

痛みに耐えられないこともあるのです。

 

 

だから、

小さく、

少しずつ自分の手で手放していくことが大切なのです。

 

 

釘を取りたいからと思って、

無理をする必要はありません。

 

「必要ない」と感じたときに、

価値観を手放すことが出来れば、

ほとんど痛みを感じることなく、

簡単に取れるのです。

 

 

そのタイミングは人によって違います。

 

 

楽しいことをしていれば、

ベストなタイミングで手放せるのです。

 

 

心が痛くなっても、

心配しないで、自分自身に任せてみてください。

 

 

痛くなったからと言って、

対処する必要はありません。

 

 

ただ、その”痛み”を感じきることができれば、

自然に痛みは消えていきます。

 

 

痛みを感じきってから、

「何が手放せたのか??」

を探してみると、すぐに見つかります。

 

 

感じきって必要のないものだからこそ、

冷静に見つけることができるのです。

 

 

冷静に見ることが出来れば、

気がつくと忘れています。

 

 

忘れるということは、

そのエネルギーの影響を受けないということです。

 

 

影響を受けていない状態こそ、

自分が必要のない価値観を完全に手放せている状態なのです。

(エネルギーの影響については

「心配事を考えたときの対処法。」

「思考エネルギーを幻想に流さない。」の記事をどうぞ)

 

 

痛みが出てきたら、

考えずにその痛みを感じきる。

 

感じきって、

ボーっとしていると、ふとした時に、

自分の頭の中に今まであった価値観が

消えていることに気がつきますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー・ブロガー 波動と思考を物質次元でどう使えば楽しくなるのか? 感覚を使いこなせるにはどうすればいいのか? を、日々実験し・検証し、体験しています。