日常で義務感を感じる時に、人生を楽しむことへ視点を切り替える方法。

「ねばならない・・・・」

そんなことは1つもありません。笑

 

だって、答えは自由に決められるのが、この世界です。

 

自由に決めていいはずなのに、

なぜ、「ねばならない・・・」という暗黙の了解があるのか。

 

そこにまた一つ、支配構造の仕組みが隠れていますよ。

 

日常で義務感を感じる時に、人生を楽しむことへ視点を切り替える方法。

感じたら、一旦立ち止まる。

自分が楽しいこと、ご機嫌なことをしていれば、

その波動エネルギーが周りに伝わって、周りにいる人も楽しくなります。

 

だから、

「誰かのために自分を犠牲にする」

ということは、誰のためにもならないのです。

 

自分が楽しくないけれど、

それをしないといけないという義務を感じたら、

ちょっと立ち止まって感じてみてください。

 

そして、「それをしない」という選択肢があることに気が付いてみてください。

 

アナタの波動が連鎖していく。

重いことを考えている楽しい時間があるなら、

それを手放して軽いことを考える楽しい時間に変えてみてください。

 

どちらを選ぶか自由だからこそ、

自分の好きな現実を選べることを思い出してみてください。

 

そして、体験した方を選んだら、そのことをイメージして考える時間を作ってみてください。

そうすれば、好きなことに囲まれて生きることができていることがわかるようになります。

 

頭の中を好きなことだらけで埋め尽くしている状態になります。

その状態になれば、自然と軽くて楽しくなっていくと思いませんか?

 

心が軽くて、気分が軽い。

これはまさに軽い波動エネルギーに共振している状態でもあります。

 

だから、好きなことを考えていれば、好きなことをやれば、波動は自然と軽くなっていくんです。

 

波動が軽くなるから、次の現実も軽くなっていきますし、また楽しい現実を体験するから、その次も軽くなっていきます。

その繰り返しが起こっていくと、ずっと楽しい現実が続くということになるんです。

 

好きなことをして、楽しくなって、軽くなって、また新しい好きなことをして・・・

そんな毎日が現実になったら、どんな毎日を生きていると思いますか?

 

その笑顔になったアナタを見て、周りも笑顔になっていく。

その連鎖があるから、楽しくなっていくんです。

 

✔︎ あわせて読みたい。
波動とは?波動の上げ方や軽い波動がわかる感覚をお伝えします。

 

「しない」選択肢を取ってみるから、わかること。

「仕方がない」という言葉のエネルギー。

「仕方がない」

この言葉は、それを受け入れている状態です。

 

「仕方がないから」

それは、嫌だけど受け入れているという意味です。

 

これをそのままにしていると、

いつまでも嫌なことを受け入れる必要がある現実を作り続けます。

 

どんな些細なことでも、仕方がないということはあり得ません。

 

アナタの現実を作っているのは、アナタ自身だということを知っていれば、

「仕方がない」という言葉は出てこないのです。

 

環境や状態を作っているのも自分自身。

最初は小さな要求であったとしても、

その要求は、一度受け入れられた瞬間、だんだん大きなモノになっていきます。

 

その結果、どんな要求も受け入れないといけない現実になるんです。

 

そんな環境や状態を作っているのも自分自身であり、

それを止めることができるのも自分自身です。

 

止めるためには、「仕方がない」と思うこと、それを動機に行動することをやめることです。

 

アナタが受け入れなければ、それは現実になりません。

 

選択肢を「選ぶ」覚悟と勇気。

「いやだ」「やらない」という選択肢を堂々と選んぶ。

選択肢が見えたら、

思い切ってそれを選ぶ覚悟と勇気を持ってみてください。

 

もし、「しない」という選択肢があるにも関わらず、

それを選ばないということを選べば、

今までと同じ現実を見ることになります。

 

ちょっとの我慢であっても、

それは我慢です。

 

我慢に大きいも小さいもありません。

 

ちょっとの我慢は、

そのあとの現実を作ります。

 

もしそれが嫌なら、

別の選択肢があるのを思い出してみてください。

 

「いやだ」「やらない」

という選択肢を堂々と選んでみてください。

 

本音(ハート)は隠せません。

どんなに損得勘定や、利害関係をマインドが思いついたとしても、

マインドが思いついたことを選んでいる間は、

ハートの選択肢を選べないということを知っていてください。

 

マインドとハートを同時に選ぶことはできないのです。

 

それは、留まることと、変化することも同じです。

 

違う選択肢を選びたいのに、

それを選ぶことを怖がって選ばない選択肢を取っていれば、

現実は何も変わりません。

 

自分で選んでいるからこそ、自分で変えることができる。

自分で選ぶ選択肢を変えるしかないのです。

 

情報は、その選択肢の幅を広げてくれます。

でも、広げるだけであって、実際に選ぶのは自分なのです。

 

どんなに人のせいにしても、

環境のせいにしても、

自分の外にある原因のせいにしても、

それを選んでいるのはアナタ自身です。

 

ここが腹から腑に落ちれば、

作り直すことができます。

 

自分で選んでいるからこそ、

変えることもできるのです。

 

もし、自分の見ている現実が、誰かによって選ばされているのであれば、

その選んでいる人が変えない限りなにもできません。

 

でも、そうではないのです。

 

自分で選んでいるからこそ、

自分で変えることができます。

 

「誰かが変えてくれる」

「白馬に乗った王子様が迎えに来てくれる」

ということはありません。

 

もし、何か不満があったり、違和感を感じているのであれば、

作り直してみてください。

 

作り直す力があるんです。

そして、作り直す過程も楽しいことなのです。

 

すると、気が付けばご機嫌になっています。

毎日が楽しく、「不満??なにそれ」と思える様な生活ができるのです。

 

そんな楽しくご機嫌に過ごしているアナタを見て、

周りの人も「楽しく生きることができる」と思えるようになっていきます。

 

結果的に、

誰もが楽しく笑顔がある環境になっていきますよ。

 

まとめ

心から物質次元を楽しんでいる人といると、楽しくいることができます。

 

楽しそうなことをしていたら、やってみたくなるじゃないですか。

それと同じような感じです。

 

だから、僕は、波動や思考を楽しくお伝えしています。

というより、楽しく生きていれば、自然と楽しく伝わるものなのです。

 

滲み出てくるような、そんなイメージです。

 

ふとした時に、目の前の人がどんな雰囲気なのか見てみてください。

すると、その人が本当に楽しく生きているかどうかがわかります。

 

もし、自分が楽しく生きていれば、目の前の人の楽しい部分を見ることになるので、楽しくなります。

 

人はたくさんの側面がありますよね。

どの側面を見るのか?というのは、タイミングや場面によって変わります。

 

自分が楽しく生きていれば、軽い波動が出るので、どんなに不機嫌でつまらなさそうに生きている人でも、自分の目の前では、楽しい話をしてくれるようになるんです。

 

そして、ご機嫌で生きていれば、軽い波動に共振するので、波動領域は軽くなります。

 

軽くなると、重い波動を持っている人との接点はなくなるのです。

 

だから結果的に、物質次元を楽しんでいない人と会うこともなくなります。

それが波動領域の違いなのです。

 

それらも、自分で変えることができます。

変えるには、楽しいことをしていればいいんです。

 

夢中になれることって、

「夢中になれること見つけた!」とは言いませんよね。笑

 

いつも考えていることが、夢中になっていることです。

だから、もしアナタが、

不安や恐怖をいつも考えているということは、それらに夢中だからです。笑

 

同じ夢中になるんだったら、楽しいことを考えればいい。

それだけなのです。

 

不安や恐怖を考えるよりも先に、

「ああして・・・」

「こうして・・・」

「こうなって・・・」

「ああなったらおもしろいなああ」

と、考えられるものを見つければいいのです。

 

それも、案外、

「考えていることが当たり前で、気が付けていないだけ。」

ということもあります。

 

特別なところには何もありません。

すべて自分の中にありますよ~!!

 

✔︎ 音声でもお話ししています。詳しくはこちら↓
自分で決める時に大切なこと。

 

◆波動マスタープログラム◆

【 東京 】【 大阪 】で実施!

詳しくはこちらをクリック!

よければシェアをお願いします!
ABOUT US
今西 史樹
スピリチュアルカウンセラー。チャネリングを通して得た情報と、かるい価値観と感覚を発信・提供。【経歴】▶︎2014年IT分野で起業▶︎ブログ運営▶︎セッション / ワークショップ / 講座開催【趣味】▶︎ゴルフ(ベストスコア94〈ハーフ44〉)/ ゲーム。