時間軸が存在すると支配するには都合がいい理由。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

時間軸は存在するのか??

「そんなもの、存在するに決まっているだろ!」って思いますか??

 

過去から今、今から未来。

もしくは、未来から今、今から過去。

 

そんな時間軸の中で僕らは過ごしている。

そう感じているかもしれません。

 

では

例えば、この世界から時計がなくなったらどうなると思いますか??

まさに、『モモ』(ミヒャエル・エンデ著)の世界です。

 

この本は、時間のメカニズムについて書かれている本です。

しかも、物語なので、哲学書みたいな難しいものではありません。

でも本質を突いています。

 

質問を変えます。

なぜ、時間が必要なのですか??

 

「時間」というのは、僕らにとって「制限」ではありませんか??

それなのに、なぜ必要なのでしょうか??

 

時間がなくなったら、「今」だけに集中することが出来ると思います。

「何時までに〜しないといけない」

「何時に行かないといけない」

「時短することがいいことだ!」

と、考えなくてよくなるんです。

 

未来のことを考える必要がないとも言えます。

 

そして、

時間というのは本来ないものなのです。

「今」しかありません。

 

過去は、ただの情報です。

未来は、真っ白です。

何も決まっていません。

 

時間軸を作ることによって、それを忘れてしまっています。

今に集中させないために、時間軸が存在するのです。

 

時間軸を作ってしまえば、簡単に人をコントロールすることが出来ます。

未来について考えさせて不安を煽ったり、

潜在意識で過去の出来事を観察させたりできるのです。

 

どちらも、今この瞬間に起こっていることではないのです。

それを思い出してください。

 

子ども達を見てみてください。

今、一瞬一瞬を生きています。

だから目の前のことに一生懸命ですし、先のことを考えて行動しないのです。

 

そして、コントロールを嫌います。

 

もともと僕らもそうだったのです。

もともとある感覚なのです。

 

それを思い出してください。

今この瞬間を感じきり、

自分がどうしたいのかを考えていればいいのです。

 

時間軸というものは、さっさと手放しちゃいましょう。

 

関連記事

「思考エネルギーを自分の見たい現実に使う。」

「自分と向き合う時間の使い方。」

「エネルギーの種類を知れば、どれが思考操作か感覚で理解できる理由。」

「感情をコントロールすることはできない理由。」

「感謝と尊重という軽い波動エネルギーは、虫に対する態度を変えれば本当の意味を理解できる。」

 

よければシェアをお願いします!