ブループリントとは設計図でありいつでも変えることができる。

ブループリントというのは、

僕らがこの物質次元に来る前に、

この世界でどんな体験をしたいのかを決めた「設計図」みたいなものです。

物質次元でこんな経験をするぞ~!

と、考え選び、それを実現するためのヒントとして現実を自分で創っています。

 

じゃあ、もう未来は決まっていて変えられないの??

というと、そうではありません。

 

生きていく中でどんどん書き換えていくことが出来ます。

物質次元に来る前に決めたからといって、変えてはいけないということはないのです。

 

だから、僕らは物質次元における使命も目的もないのです。

ただ、物質次元という物質次元の体験がしたい

それだけなのです。

 

「ブループリントではこう決めてきた、こんな使命を持ってきた、だからこれ以外できない・・・」

なんて思わないでくださいね。

 

自由に変えていいのです。

縛られる必要もまったくありません。

 

楽しくないと感じたら、やめてもいいのです。

というか、

楽しくないことをしていても、楽しくない現実を引き寄せるので、

きれいさっぱりやめてみるのも1つですよ。

 

重要なのは、

今アナタが物質次元の体験を楽しんでいるのかです。

 

もちろん、

悲しい現実や、刺激的な現実を望むのであれば、それはそれで1つの選択です。

自分が望んでいる現実を体験できているのであれば、それでいいのです。

そして実は、悲しい経験すら楽しめるものなのです。

 

アナタの人生は、誰も決めることは出来ません。

アナタの人生は、アナタが決めるのです。

 

プループリントは持っていますが、それを自由に書き換えてみてください。

それを決められるのも、アナタ自身なのです。

 

設計図は、答えが決まっているものではありません。

設計図はあくまで設計図です。

設計図を見ながら作っていく工程で工夫し、もっと面白いものが出来上がることがあります。

 

それと同じなのです。

 

どんどん工夫してみてください。

どうやったら面白くなる??と考えてみてください。

 

軽くていいのです。

こうしてみたらどうかな??と考えてみてください。

 

いろいろやってみると、

ヒントはひらめきとして、感じることが出来ますよ。

面白かったらシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』