波動エネルギーがわかれば、子どもが会話をしてくれるようになるワケ。

波動エネルギーがわかると、親子関係は劇的に楽しく変わります。

それは、アナタの出しているエネルギーが変わるから起こることです。

 

どんなにコミュニケーションにおける方法論を学んでも、子どもはコミュニケーションをしてくれるようにはなりません。

それは、明確に「波動エネルギー」というものはわかっていないしても、「なんとなく話したくない」というような表現として、話したくないという意思を表示することになるからです。

だから、コミュニケーション論を学んでも、アナタ自身の会話をしている上で出している波動エネルギーが変わっていないことには、子ども反応が変わることはありません。

 

よく相談されるのですが、「子どもが勉強しないのですがどうすればいいでしょうか?」という質問がありますが、この質問自体が支配のエネルギーだということに気が付かない限り、この質問に対してどんな答えをもらっても、解決することはないんです。

 

子どもの意識に関わらず、勉強をさせること。

これは立派な支配エネルギーです。

 

このエネルギーが出ているアナタと話をしたいと思う人はいると思いますか?

逆の立場になって考えてみてください。

 

アナタの意思に反して、「これをしなさい」と言われたら、どんな気持ちになりますか?

それと同じことを子どもにしていることになるのです。

そりゃ、話をしたくなくなりますよね。

 

小学校低学年くらいまでは、「勉強しないとお菓子をあげない」などの脅しをすれば、言うことを聞くようにはなりますが、これも立派な「脅し」のエネルギーになっています。

これも逆の立場で考えてもらえばよくわかりますよね。

 

脅されて気持ちがいい人はいますか?

いないと思います。

でも、子どもにはそれをしているんです。

 

その結果、力関係が圧倒的に違う低学年の間は効果があるように思えても、ある一定の期間を過ぎるとそれも効かなくなります。

問題なのは、そこまで散々「脅し」と言う重いエネルギーでコミュニケーションをすることによってたまった波動エネルギーが、アナタに向かって流れ出すということになるんです。

 

その結果として、子どもが話を聞かなくなるという行動を取るようになります。

行き着く先は、受験などの本当に相手の話を聞きたい時に、アナタに子どもが話さなくなるという現実です。

 

よく、「子どもの志望校がわからないし、聞いても教えてくれないんです」という話がありますが、あれは、聞いている両親が、今まで子どもに散々本音を聞かないで、コミュニケーションをとっているからそうなるんです。

話してくれない現実を引き寄せたのは、それまでのアナタの行動に原因があって、もし、小さい頃からアナタが子どもの意思や話を聞いていれば、そんなことにはなりません。

 

話を聞くというのは、投げやりに受け答えをするということではありません。

これもよく見る光景ですが、小さい子どもだからと、会話を蔑ろにしている人が多いように思います。

子どもでも一人の人間です。

それなのに、大人との対応が違う時点で、子どもを下に見ていることになります。

 

下に見ているということは、エネルギー的に支配のエネルギーです。

小さい時は、それでも子どもはめげずに答えてくれます。

でも、支配のエネルギーなんですよ。

 

子どもは何もしならないから、大人が先回りしてしてあげないといけないという価値観も、子どもを下に見ているので、重い価値観です。

もし、その価値観が軽いものであれば、楽しく生きるためのものであれば、もっと笑顔で子どもたちと接することができているはずですよね。

そうではないということは、違うんです。

楽しく生きるための価値観ではありません。

 

このように、「話を聞いてくれない」というのは、その瞬間だけの問題ではなく、もっと全体的なところに問題があることに気がついてください。

それがわからないと、いつまでも「宿題をしなさい」という言葉を変えるだけになります。

 

言葉や表現方法を変えたって、意味ありません。

根本的な波動エネルギーを変える必要があります。

 

では、どうすればいいのか。

 

まずは、今のアナタのエネルギーを変えることが大事になります。

 

支配のエネルギーや、脅しのエネルギーをやめることです。

つまり、宿題をしなさいとか、宿題をしないとお菓子をあげないとか、そういう言葉を使うこと自体をやめるということです。

 

それでも言いたくなるなら、言いたくなる理由を探します。

 

宿題ができていない状態で学校に行ったら困るから。

本当にそうですか?

子どもではなく、アナタが困るだけですよね。

 

宿題をしない子ども=ダメな子ども=その子を育てている自分がダメ

みたいな方程式が出来上がっていませんか?

 

つまり、子どもが困るから言うのではなく、アナタが困るから言っていることに気がついてください。

子どものためと言いながら自分のため。

これがエネルギーで子どもに伝わっています。

 

そんなアナタに、子どもが大事な話を相談したいと思いますか?

自分のために言っているのではないとわかっている人のところに話をしにいきますか?

 

そもそも、「宿題をしなさい」って、子どものためを思って言っていると言う人がいますが、本当に子どものために行動できる人は、そんな言葉を選びませんし、言いません。

そこまでわかってもまだ、「宿題をしなさい」と言うことができるのであれば、子どもと楽しく会話をするのは、諦めた方が楽だと思います。

子どもを支配して、ギクシャクして、悩んでいく現実を体験することも1つなので、そちらを選べばいいのです。

 

そうすれば、スッキリ重い世界を体験することができますので、不満は出てきません。

そうではないのであれば、言葉を変えるのではなく、波動エネルギー自体を変えていってください。

 

自分の波動が軽いのか、重いのかを把握して、自分の何気ない日常の会話のエネルギーがどう言うエネルギーなのかを把握し、重い「支配」や「対立」「脅し」をやめることをして、調和に変えてみてください。

 

実際に、それを実行した人は、目を見て会話できなかった親子関係が、コタツで雑談できるようになりました。

調和に変えるだけで、今まで1度も母の日にプレゼントをもらったことがなかったのに、もらうことができたなんてこともあります。

子どもだけではなく、旦那さんとの関係が変わることもありました。

 

すべて、小手先のテクニックや方法論を変えたわけではなく、波動エネルギーを変えた結果です。

 

波動がわかれば、過去も変えることができますし、今の現状も変えることができます。

つまり、遅いことはないということです。

今この瞬間に波動エネルギーを変えることができれば、それでちょっとずつ変わっていくので、気がついたら雑談できるようになっていきます。

関係性も変えることができます。

 

毎日、何げない会話を楽しめるようになっていくので、笑顔が増えていきますし、楽しいと思える現実を体験できるようになるのです。

全部、波動エネルギーを変えるだけになります。

 

もし、子どもとの会話がうまくいかないのであれば、アナタ自身の波動エネルギーを変えてみてください。

支配や対立ではなく、調和のエネルギーを使ってみてください。

それだけで、親子関係は劇的に楽しくなっていきますよ。

 

ちなみに、子どもは波動エネルギーに敏感なので、アナタが変わればすぐに子どもの態度が変わります。

これにはいつもびっくりされていますね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役 アフェリエイトと店舗経営で起業するも空虚感や違和感を抱え、「楽しく生きるために起業したのに、楽しくない」毎日が続く。そんな中、スピリチュアルやエネルギーなどに興味をもち、自分の現実で実験。根源にある重いエネルギーを昇華し、心の豊かさを感じるようになる。同時に、持っていた感覚や霊感を磨き、エネルギーを読み取る技術を活かしたセッションをスタート。現在は誰もが軽い感覚を思い出せる実践方法のレクチャーや、セッション・コンサルをしている。