方向性を決めるコツ。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

自分自身がどんな現実を体験したいのか??

を意識して、方向性を決めてください。

 

「あっちもいいな、でも、こっちは捨てられない・・・」

では、どっちつかずになります。

 

どっちつかずでは、

エネルギーが流れないので、現実は変わりません。

 

「海もいいなあ・・でも、山もいいなあ・・」

と思っているだけでは、どちらも体験できませんよね??

 

同時に行くこともできないので、

どちらに行くのかを決めない限り、体験することもできません。

(もちろん、体験し終わったあと行くことはできます。一度決めたからずっといないといけない理由はありません。)

 

でも、

「山に行く。」

と決めれば、山に行くことができます。

 

これと同じことが、アナタの現実にも言えるのです。

 

それは、

「今までの生活を体験する」

というここと、

「軽い波動を体験する」

ということも同じなのです。

 

どちらも、同時に体験することはできません。

どちらかを選び、体験する必要があります。

 

そして、どちらかを選んだのなら、

山に行くのと同じように準備をし、行動していく必要があります。

 

ここでも、

「山に行きたいなあ~」

と思っているだけでは、山で遊ぶことは体験できませんよね??

 

どこの山に行くのか。

なにが必要か。

どうやって行くか・・・

など、いろんな情報が必要です。

 

これは、 軽い波動を体験する!〈←アナタが体験したい現実をいれてみてください〉

と、いうことも同じなのです。

「山に行く!」と同じように当てはめてみてください。

 

そうすれば、何が必要なのかが見えてきます。

そして、どう意識して方向性を決めればいいのかもわかってきます。

 

一度方向性を決めて進んでいたときに、

「あれ違うなあ・・」

と思ったら、その現実を体験することをやめればいいのです。

 

やめるというのは、新しい方向に向かうということです。

「山に向かおうとしていたけれど、やっぱり海がいい!」

ってなって海に行っても、何も問題はありません。

 

問題はないのですが、イメージしてもらったらわかると思いますが、

海と山で用意するものが違ってきます。

それを準備しなおす時間が、現実化のタイムラグなのです。

 

さらにイメージしてみて欲しいのですが、

何度も方向性を変えているとどうなると思いますか??

 

「海に行こう!」

「・・・・やっぱり山かなあ・・・・。」

 

「山、より海!

いや・・・」

 

これでは、エネルギーは困ってしまいますよね。

そして、タイムラグばかりが増えていくのです。

(何度決めなおしてもいいですが、そのたびにタイムラグが起こります)

 

アナタはどんな世界に進みたいですか??

その方向性を意識して決めてくださいね。

 

関連記事

「小さな選択肢が自信を生む。」

「”波動”って、何??」

 

よければシェアをお願いします!