叡智と知識の違いは「オリジナルの体験」をしているかどうかの違いである。

重くなる原因を解決します。

【単発オンライン】
心の詰まりがホッコリとれる個人コンサル

詳細・申込はこちら

叡智と知識の違いはとても大きいです。

叡智というのは、「深遠な道理を知りうるすぐれた知恵。」

つまり、情報を得て、自分で腑に落とし、それを自分で使えているもののことを言います。

 

知識というのは、「ある事柄について、いろいろと知ること。その知りえた内容。」

つまり、知っている状態のことです。

 

言葉の意味だけでも大きな違いなのです。

 

例えるなら、

このブログを読んでいることと、それを日常で使えていることの差なのです。

 

情報はたくさんあります。

「どれが真実で正しいことを言っているか。」という視点ではなく、

「自分はどれを信じるのか。腑に落ちるのか。」という視点で、情報と接してみてください。

 

そして、情報は自分で使ってみないと意味がありません。

 

ブログを読んで腑に落ちたなら、アナタの日常生活で使ってみてください。

使ってみるからこそ、アナタに合う・合わないが分かってきます。

 

知識として知っていても、現実は変わらないのです。

マインドで理解しても、体験して感覚でわからなければ見える現実は変わりません。

 

知識を叡智に変えていってください。

叡智に変えることができるのは、アナタ自身だけです。

誰もアナタの叡智を作ることはできません。

 

そして、知識を叡智にしていくことを楽しんでみてください。

「なんだか今までと違う情報がある、試してみようかなあ。」

そのくらいの気持ちでやってみてください。

 

やってみて、合わないと感じるのであればやめればいいのです。

1度やったからといって、ずっとそれをやり続ける必要はありません。

 

「何としても知識を叡智に変えなくては!」と思っていると、叡智になっていきません。笑

 

もっと軽くていいんです。

深刻になって「できない」とつぶやいていては、できない現実が現れます。

 

だったら、お試し感覚で、なんでもやってみてください。

 

やれば結果がどうであっても、何かを感じることができます。

やらなければ、何も感じないままなのです。

 

ここで得た情報、他のところで得た情報、

すべてを自分の日常に使ってみてくださいね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
BEC株式会社 代表取締役 アフェリエイトと店舗経営で起業するも空虚感や違和感を抱え、「楽しく生きるために起業したのに、楽しくない」毎日が続く。そんな中、スピリチュアルやエネルギーなどに興味をもち、自分の現実で実験。根源にある重いエネルギーを昇華し、心の豊かさを感じるようになる。同時に、持っていた感覚や霊感を磨き、エネルギーを読み取る技術を活かしたセッションをスタート。現在は誰もが軽い感覚を思い出せる実践方法のレクチャーや、セッション・コンサルをしている。