波動が合わない人と一緒にいる理由は、波動が合っているから。

自分の波動と合う人、合わない人は、どんな方もいます。

 

そして、

重いからダメで軽いからいいとか、

これが正しい、これが正しくないとか、

そういうことは一切ありません。

 

意見が合わないからといって、

その人と波動が合わないということでもないのです。

 

すべて、自分が何を望んでいるか??ということだけが重要です。

 

じゃあ、波動が合わないというのは、どういう状態なのか??

 

全く合わない人はアナタの目の前には現れません。

そして、そもそも関わることがないのです。

 

関わっているということは、アナタとその方の波動が少なからず交わっているのです。

(自分の波動領域というのは、一点ではなく幅があります。)

幅がある中で少しでも接点があれば現れます。

 

だから、意見が違うからといって排除しないでください。

 

排除の思考は、尊重ではありません。

波動が重い人を排除する必要はないのです。

 

そうではなく、すべての人は、その領域を楽しんでいます。

(それを意図して体験しているかどうかは別ですが)

 

もし、意見が合わないのに現れるのであれば、

なぜ意見が合わないのかを感じてみてください。

 

そのためにも

対話というツールを使って解決してみてください。

「合わないから。」

と、決めつけていては何も変わりません。

 

自分の都合で物事を判断している間は、何も変わりません。

アナタが相手を否定している間は、アナタ自身を否定することになります。

 

もっと、軽く考えてみてください。

深刻になればなるほど、重い現実のタイムラインになっていきます。

 

ふと「合わないかも??」と思っても、話を聞いてみてください。

そうすることで、

なぜ、その人やその現実が自分の目の前に現れたのかがわかってきます。

 

出来事に意味はありませんが、その出来事を体験することで見出すことができます。

それをどう捉えていくのかで、自分のタイムラインが変わるのです。

 

『波動が合わない=目の前にいても自分には関係ない』

ではありません。

『波動が合わない=会うことがない』

なのです。

 

人に合って、自分に合うかどうかを考えるよりも、

その経験を通じて何を感じ楽しめるのかにフォーカスしてみてくださいね。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
今西 史樹
今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』