社会や世の中が「おかしい」という違和感が出てくるからわかる真実。

日常を過ごしていて、「世の中、なんかおかしいな・・」

テレビは不安ばかり煽るし、働いても働いても、楽にならないし、よくわからない項目で税金をいっぱい取られるし。

 

「なんか、おかしいな・・・」って違和感を覚えるかもしれません。

 

その違和感、実はすごく大切なのです。

今まで隠されてきた情報にアクセスするために、その違和感は大事です。

 

違和感がなければ、問いを立てることは出来ません。

問いが立たなければ、考えることもしません。

考えないから、何が原因かわからないまま、ただ毎日を過ごしている・・・ということになってしまいます。

 

それでもある程度は満足?幸せ?に感じることもあるかもしれません。

 

でも、アナタが

「おかしい」

そう感じたことがあれば、おかしいと思ったことを調べてみてください

 

調べることでわかる新しい情報

 

今はインターネットがあります。

そこにアナタの疑問を軽く検索してみてください。

きっと様々な情報があるでしょう。

 

その情報の中で、アナタが腑に落ちる情報を信じてください。

 

もしかしたら、今まで信じていたこととは逆のことが腑に落ちることもあるでしょう。

そんなとき、すぐに受け入れる必要はありませんが、

まずは受け止めてみてください。

 

受け止めると、その情報を知ることが出来ます。

 

拒否すると、情報がゆがみます。

自分の中にいれるよりも、まずは「こんな情報もあるんだ」と思うくらいでいいのです。

それが1つのきっかけになります。

 

違和感は、違和感です。

 

アナタが「おかしい」と思うこと、違和感があることを、見逃さないでください。

 

この違和感を持つことが、おかしいのではありません。

アナタの持っている違和感は、マインドでは理解しにくいことかもしれません。

調べても陰謀論しか出てこないかもしれません。

陰謀論であっても、アナタが「腑に落ちる」と感じる情報は信じてみてください。

 

最初は、自分の腑に落ちる感覚がわからないかもしれません。

でも、もしかしたら「あの情報が合ってる??」と思う出来事が、

アナタの身の回りで起こることも出てきます。

 

今まで隠されてきた情報はどんどん世の中に出回ってきています。

 

「おかしい」と思った、調べてみた・・・

でも、1歩踏み出せない・・・。

 

その気持ちはわかりますが、

アナタから始めなければ、アナタの現実は動きませんし、動かないということは、何も変わりません。

 

火のないところに煙は立ちません。

 

例えば、陰謀論。

なぜ、陰謀論として情報が出回っているのかを考えてみるんです。

 

もし、自分にとって都合の悪いことを誰かに話すとしたら、いい気分で話すことはできないと思います。

それは、誰しも全く同じなのです。

だから、陰謀論として広めることで、本当か嘘かわからなくしています。

 

わからなくするとどうなるのか。

たくさんの真実が出てきます。

 

UFOがある。

UFOはない。

 

そうやって、真実をたくさん作ることをしていきます。

その結果、「議論」という名の下、「対立」を生み出すことができるのです。

 

自分にとって都合が悪かったとしても、その都合の悪いことを包み隠さず話せば、それが真実であり答えは1つです。

それなのに、あえて真実を話しながらも、100%の真実ではない情報を出すから議論を生み出すことになります。

 

交通事故でも、証言が違えば真実がわからなくなる。

それと同じです。

 

だからいつまでも、UFOがあるかないかという議論を続けることになります。

 

議論を生み出す本当の目的。

 

議論を生み出す本当の目的、それは、議論で生まれる対立のエネルギーに見ている人を共振させることです。

これが、世の中や社会に対しての違和感として、感じるきっかけなのです。

 

対立のエネルギーは、重いエネルギーです。

その重いエネルギーに共振させることで、見ている人の波動エネルギーを重くすることができます。

 

すると、そのエネルギーのまま気がつかずに日常を過ごしていると、重い現実を体験することになるので、またさらに重くなっていきます。

その結果、いつも重い現実を体験し、ストレスを感じて、さらに重いエネルギーを出すことになっていく。

その連鎖を生み出しているのです。

 

だから、議論するネタはなんでもいいことになります。

芸能人の不倫が大々的に取り上げられるのも、企業の不祥事が取り上げられるのも、事件や事故を取り上げるのも、全て議論を生み出すために取り上げられているんです。

 

よく見ればわかりますが、1つの事件に対して、テレビに出ているアナウンサーや芸能人たちが、当事者でもないのに勝手に話を進めています。

そこに違和感を感じている方も多いと思いますが、それこそが狙いなのです。

 

勝手に議論して、勝手に重くしてくれる。

 

情報を伝えるだけだったら、ワイドショーではなく、アナウンサーが一人で喋るニュースでいいはずです。

でも、ほとんどの番組がそうではありません。

 

ということは、そこに何かしらの意図があるということになります。

それが議論であり、対立のエネルギーだとわかれば、もう社会や世の中に違和感を感じることはなくなるのです。

 

だって、そのテレビで行われていること自体、どうでもいい話だからです。

当事者が出てきて話をしているわけではないので、真実を話しているとは限りません。

 

そこで交わされている議論になんて、真実のかけらもないんです。

それがわかれば、テレビから出てくる情報を聞く必要がなくなります。

だから、情報を鵜呑みにすることなく、冷静に判断できるようになるのです。

 

そこまで自分の中で考え切れるようになれば、重い波動エネルギーに気がついたら飲まれていたということはなくなります。

もし、飲まれて違和感を感じたとしても、その違和感を感じた理由がはっきり思い出せるので、昇華することもできるからです。

 

違和感は、生み出されていきます。

それは、軽く楽しくいきたいと思えば思うほどです。

 

基本的に、重くて普通の世界ですから、その中で軽く楽しく生きようと思えば、違和感が生まれることは自然なギャップです。

だからこそ、それを感じた時には、違和感の正体を突き止めてみてください。

 

自分の感じている違和感が何なのか?

どこに何を感じたのか?

 

それらがわかれば、世の中にある真実がどこにあるのかがわかるようになっていきます。

 

真実は1つです。

 

様々な視点から物事を見ることは大事なことです。

でも、自分の真実は1つしかありません。

 

どの真実を信じて、自分の現実にするかは自由に選ぶことができます。

だからこそ、楽しくなる情報を選んでみてください。

 

自分のハートがワクッとするような情報を選んでみてください。

 

その感覚で情報を選ぶことができれば、社会や世の中への違和感ではなく、確信に変わっていきます。

「やっぱりそうか」と思えることが増えていくんです。

「だから苦しかったのか」と思えることも増えていきます。

 

そうしていくと、この世の中の原理がわかってくるので、とても生きやすくなっていきます。

生きやすくなれば、軽く生きることはそんなに難しいものではなくなりますよ。

 

関連記事

「違和感や直感はハートからの合図です。」

「見る画像や映像は、共振するから意識しておく必要がある。」

「受け入れる情報は自分で選ぶから、思考の流れた先を把握できる。」

「常識基準の判断を手放してみると、自分を縛っているものが見える理由。」

「波動がわかれば、世界一周の旅に出なくても人生は変わるワケ。」

 

今西のLINE公式アカウント

気が向いたときに、気づきや発見を送っています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!

無料登録はこちら