社会や世の中が「おかしい」という違和感が出てくるからわかること。

日常を過ごしていて、「世の中、なんかおかしいな・・」

テレビは不安ばかり煽るし、働いても働いても、楽にならないし、よくわからない項目で税金をいっぱい取られるし。

 

「なんか、おかしいな・・・」って違和感を覚えるかもしれません。

 

その違和感、実はすごく大切なのです。

今まで隠されてきた情報にアクセスするために、その違和感は大事です。

 

違和感がなければ、問いを立てることは出来ません。

問いが立たなければ、考えることもしません。

考えないから、何が原因かわからないまま、ただ毎日を過ごしている・・・ということになってしまいます。

 

それでもある程度は満足?幸せ?に感じることもあるかもしれません。

 

でも、アナタが

「おかしい」

そう感じたことがあれば、調べてみてください

 

今はインターネットがあります。

そこにアナタの疑問を軽く検索してみてください。

きっと様々な情報があるでしょう。

 

その情報の中で、アナタが腑に落ちる情報を信じてください。

 

もしかしたら、今まで信じていたこととは逆のことが腑に落ちることもあるでしょう。

そんなとき、すぐに受け入れる必要はありませんが、

まずは受け止めてみてください。

 

受け止めると、その情報を知ることが出来ます。

 

拒否すると、情報がゆがみます。

自分の中にいれるよりも、まずは「こんな情報もあるんだ」と思うくらいでいいのです。

それが1つのきっかけになります。

 

アナタが「おかしい」と思うこと、違和感があることを、見逃さないでください。

 

この違和感を持つことが、おかしいのではありません。

アナタの持っている違和感は、マインドでは理解しにくいことかもしれません。

調べても陰謀論しか出てこないかもしれません。

陰謀論であっても、アナタが「腑に落ちる」と感じる情報は信じてみてください。

 

最初は、自分の腑に落ちる感覚がわからないかもしれません。

でも、もしかしたら「あの情報が合ってる??」と思う出来事が、

アナタの身の回りで起こることも出てきます。

 

今まで隠されてきた情報はどんどん世の中に出回ってきています。

 

「おかしい」と思った、調べてみた・・・

でも、1歩踏み出せない・・・。

 

その気持ちはわかりますが、

アナタから始めなければ、アナタの現実は動きません。

 

これから、どんな生活がしたいですか???

もし、今までと同じ生活が嫌だと感じるのであれば、ぜひ、情報を集めてみてください。

情報を集めていくと、きっと何かが見えてくるはずです。

 

まずは、アナタが世の中に感じる「おかしい」という違和感を、検索してみてくださいね。

 

関連記事

「違和感や直感はハートからの合図です。」

「見る画像や映像は、共振するから意識しておく必要がある。」

「受け入れる情報は自分で選ぶから、思考の流れた先を把握できる。」

「常識基準の判断を手放してみると、自分を縛っているものが見える理由。」

「波動がわかれば、世界一周の旅に出なくても人生は変わるワケ。」

 

開催情報in東京

7月20日(土)

軽い波動の体験交流会
13:30〜15:30
参加費:3,240円
JR東京駅周辺にて

詳しくはこちら

 

波動エネルギーの感覚レクチャー会
(1)17:00〜18:00
(2)19:00〜20:00
各回2名さまずつ
参加費:10,000円
地下鉄 東銀座駅周辺にて

詳しくはこちら




【無料】99%の人が知らない
「この世界の真実」を伝えていく音声講座

”軽く生きたい”と思っている方は、ぜひ聴いてみてください。
僕が思っている真実を、オフレコなしで話しました。
とてもリアルなお話ですよ〜!








週末配信
僕が見つけた”軽くなる発見”をお伝えする無料メルマガ

この一週間で感じたこと、わかったこと、気がついたこと。
それらを「ここだけの話」としてお伝えしていくのが、このメルマガです。




ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー ブログでは、軽く生きたいと思っている方に向けて書いています。僕も過去に現実が、重くて苦しくて、どうしようもない時期がありました。そんなときに、今までとは全く別の価値観や感覚を知ることができたのです。でも知ったからといって、急激に現実が変わるわけではなく、ちょっとずつ自分の中を整理していくことで、変わってきました。今でも新しい発見や、新しい視点、価値観、感覚を知ることができていますし、それが見つかるたびに楽しくなっていくのです。だから、同じように、重くて苦しくても、波動と思考を知れば、少しずつ自分で変えていけるんだということを伝えています。