都合の悪いことが起こったとしても大丈夫な理由。

本当に必要な情報や体験はすぐに目の前に現れます。

それが面白くて、楽しいんですよ。

でも、これが都合の悪いことも起こるんです。

 

自分で作っている現実だとわかっていても、都合が悪いことが起これば、「ちょっと〜〜!」って思うこともありますが。笑

そんなことを言っていても、もう目の前の現実になっているので、それを受け入れて、どうすれば解決できるのかを考えるしかありません。

そして、思いつくアイデアや、やってみたいと思うことをとにかくやってみていると、ある時解決するんです。

すぐに解決することもあれば、そうでない時もあります。

ただ確実に解決はするんですよ。

 

その体験をした後に、「何でこの都合が悪いと思っていることが起こったんだ?」という理由がはっきりわかるようになります。

体験したからこそ、「そうだよね」という確認ができますし、その解決先が、自分の欲しい体験だったりするんです。

だから、体験する前から「これは必要な体験だ」なんてことはわかる時もあれば、わからない時もあるということになります。

 

無意味な体験ってないんです。

どんな些細なことも、どんな都合の悪いことも、無意味なことはありません。

本当に自分にとって無意味だったら、それを作り出すこと自体意味がないんです。

だから、作りようがないんですよ。

 

それが腑に落ちてくると、マインドが騒いでも軽いままいることができます。

マインドが「都合悪い!!」って言い続けても、ハートの落ち着きを選べるようになるんです。

 

その結果、どんな体験であったとしても、いつも自分の中は軽いままになるので、必要以上に大きなエネルギーになりません。

だから、解決できるんです。

 

都合の悪いことに意識して、フォーカスして、自分で思考エネルギーを流せば大きくなっていきます。

そうなるから、問題がとてもつもなく大きなものに感じたり、乗り越えられない出来事だと思っちゃうんですよね。

でも、それだけだとわかれば、目の前の現実を冷静にみて、エネルギーを流す先を変えればいいだけになります。

 

そうすると、自分の思考エネルギーをうまく使うことができるので、見えてこなかった解決先や、必要な情報をキャッチできるようになるんです。

 

体験する前から、合うかどうかなんてわからない。

体験する前から、自分にそれが必要かなんて、全くわかりません。

わかることがあったとしても、実際に行って体験してみないことにはわからないんです。

 

例えば、USJの絶叫マシーンは、乗ってみて初めて、その体験が楽しいかどうかわかります。

もちろん、行く前から、体験する前から、ある程度イメージできたとしても、体験してみないことにはそのイメージも本当かどうかわかりません。

 

これが、物質次元の楽しさなのです。

イメージして、そのイメージが楽しいかどうか。

それを体験できるのが、今いるこの世界なのです。

 

だったら、未知の世界に飛び込んじゃえば、たくさん新しい体験をすることができます。

やる前からマインドと相談しても、その相談相手は本当の現実を作っている場所ではないから、答えは出せないんです。

だから、より迷いが出てきて、どれが本当に望んでいることなのかがわからないままになります。

 

行動って、苦痛じゃないですよ。

行動しなかったら、何も感じません。

もちろん、それはいいも悪いも含めてです。

 

でも、行動するからわかることはたくさんあります。

行動するから見える景色もあります。

 

それがオリジナルであり、リアルなのです。

だから、人生を思いっきり楽しめるようになるんです。

 

何もしなかったら、傷つくこともありません。

何もしなかったら、周りのやっている人を見て楽しむことはできます。

 

でも、そういう状態だからこそ、ハートは満たされていないんです。

何もしないことって、ハートが満たされないんですよ。

満たされているように見えて、そうじゃない。

 

それがわかった時、行動して目の前にできた(作った)現実を体験するとき、その瞬間、ハートは「やった」と思えるんです。

それが刺激になって、また新しい挑戦を見つけることができる。

そうやって、自分のハートを満たしていけると、いつでもやりたいと思うことは、できるようになっていきます。

 

誰かの何かを見ることは、知識を得る快感を感じます。

誰かのチャレンジを応援することは、自分もそれを達成した気分になります。

 

でも、何も達成していないんです。

だから、いつまでも心に隙間ができます。

 

それを解消するには、小さなことを自分がやってみるしかありません。

行きたいと思うところに行く。

やりたいと思うことをやってみる。

学びたい、研究したいと思うことをやってみる。

 

それが軽く楽しい世界です。

自分で作り上げていける世界です。

 

誰でもそれを実現できます。

行動することが、苦痛ではなく面白いことだと思えるようになったら、やることなすことが楽しくなっていくんです。

その世界を体験しているから、僕は毎日楽しく暮らしています。

いつも軽い波動に包まれています。

それだけです。

 

どうせ生きるんだったら、思いっきり遊べば?

都合のいいこと、都合の悪いこと。

それを毎回のように判断して、一喜一憂して楽しいですか?

 

それが楽しくて楽しくて仕方がないんだったら、それを体験すればいいと思います。

でも、楽しくないから、どうすればそれがなくなるんだろうと思って、情報を探しているはずなんです。

 

だったら、考えること自体をやめればいいんです。

そもそも、都合のいいとか、都合の悪いとか、そういうこと自体をなぜ考えるのか?

なぜ、考えないと気が済まないのか?

そちらの原因を探して、考えた方がいいと思います。

 

考えるということは、そこにフォーカスするということです。

フォーカスすれば、現実になります。

 

ということは、考えること自体をやめてしまえば、気になっていることはなくなるということになるのです。

なくなれば、スッキリすると思います。

 

考えること自体をなくすために、考えることをしていても、思考は止まらないので、一向になくなる気配を見せません。

そりゃそうです。

考えているところにまた、考えるエネルギーを持ってきているんですから。

 

だから、考えないという選択肢を選ぶこともまた、1つだということになります。

 

まとめ

都合が悪いと思ったことでも、大丈夫です。

結局自分が現実を作っているので、タイミングでない限り、死ぬことはありません。

 

そして、自分で作っている現実において、解決できないような出来事を起こすこともないんです。

だからこそ、解決できますし、解決できる選択肢はもうすでに持っているんです。

 

すぐに見えると面白くないから、隠している・・・というか、見えないところに持っているだけなんですよね。

だったら、見つけてしまえばいいわけです。

 

それも、自分に聞いて、その直感とひらめきを感じて、進んでいくことができれば、手に入れることができます。

その過程をめんどくさがってサボるから、手に入れることができずに、「どうしてこんな・・・」と嘆くことになってしまうのです。

そうではありません。

どうしてこんな現実・・・という現実を作っているのは、自分なのです。

だから、変えることができるもの、自分自身です。

 

それを忘れないでくださいね。

面白かったらシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』