エネルギーの方向性を決める。

 

僕らは波動というエネルギーの中で過ごしています。

それは空気と同じように敷き詰められているのです。

 

そして、そのエネルギーを刺激しているのが思考です。

だから、思考が変われば見える現実は変わります。

 

そして、思考もエネルギーです。

アナタが思考をどこに流しているのか??で、次に体験する現実が変わります。

 

楽しいことを考えていたら、楽しい現実を体験しますし、

不安なことを考えていたら、不安な現実を体験します。

 

とてもシンプルなのです。

 

だからこそ、

アナタが出している思考エネルギーの方向性を、はっきり決める必要があります。

 

どこに思考エネルギーを注いでいるのか。

楽しいことなのか。

不安なのか。

ワクワクなのか。

イライラなのか。

 

どこに注いでいるかをはっきり決めてください。

はっきり決めるから、アナタが体験したい現実を体験できるのです。

 

中途半端になったり、「どうしよう・・・」と迷うから、

エネルギーがどこに流れていいかわからず、現実には何も影響されないのです。

 

迷えばエネルギーは動きません。

迷うということは、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるようなものです。

 

アクセルとブレーキを同時に踏むと、

エネルギーは消費しますが、その場に居続けるという事になります。

だから、エネルギーを消費しているのに、現実は何も変化しないので疲れてしまうのです。

 

アナタのエネルギーを流す方向を決めてください。

決めれば、そちらに流れていきます。

 

流してすぐに現実が変わるわけではありませんが、

意図していれば確実にそちらに流れていきます。

 

そして、エネルギーを流すということは、

循環し、自分に返ってくるということです。

 

アナタがどんなエネルギーを流すかによって、返ってくるエネルギーも変わります。

それが繰り返し循環することで、自分の目の前の現実が変化していくのです。

 

まずは、どこにエネルギーを流すのか??ということを自分ではっきり決めてください。

決めて方向性をはっきりさせるからこそ、

エネルギーが流れ、現実が変わっていきます。

 

そして気がついたら、自分の見たい現実が見えている状態になっていますよ。

 

関連記事

「”波動”ってなに?」

「ご機嫌な現実を選ぶときのコツ。」