妄想が現実化するから、思いっきり妄想を楽しめばいいんです。

体験したい現実を作るには、

その現実を体験している状態を”今”に持ってきてみてください。

 

目の前のホログラムは変わりませんが、

意識はいくらでも自由に、

時間も空間も関係なく動くことができます。

 

だから、

自分の体験したい現実のイメージを膨らませて、

そこに居るときの感情や、自分の状態を体験することができるのです。

 

未来旅行のようなものですね。

 

そして、

そのイメージや状態を、思いっきり楽しんでみてください。

思いっきり楽しめて、

「あー楽しかった!」

と思える現実は、自分が本当に体験したいと思っていることなので、

タイムラグはあるにしても、

現実として体験することができます。

 

もし、

未来旅行をしていて、

「イメージが膨らまないし、感覚もわからない。」

と思うのであれば、

本当にその現実を自分が体験したいと思っているのかを確かめる必要があります。

 

 

本当に楽しくて、

心から体験したいと思うことは、

いつまでもイメージで遊ぶことができます。

 

こうして、

こうなって、

これができたら面白いなあ・・・

 

と、イメージすることが止まりません。

 

 

そして、

イメージしきったら、飽きてくると思います。

飽きてきたら、その現実を目の前におろすサインが来たと言うことなので、

イメージのときのアイデアを実行すれば、現実ができあっていきます。

 

 

これらは特別なことではなく、

いつもしていることなのです。

 

 

これまでは、重たい現実にフォーカスさせるような思考操作があったので、

重い現実を体験してきたに過ぎません。

 

今までが、重い現実にフォーカスしてきたんだということがわかれば、

フォーカスさせる先、

興味を持つ先、

考えているところを変えればいいだけなのです。

 

 

そこに、

何かブロックがあるわけでも、

囚われている訳でもありません。

 

 

だから、問題だと思っていることが問題でなくなります。

問題を作るのは、問題だと思っているからそうなるだけです。

 

 

いつも使っている思考を、

軽く楽しいところにフォーカスする。

そして、

自分の体験したい現実のことを妄想して遊んでみることが、

現実化につながります。

 

面白い、楽しいと思うことを、

不可能だと思うことでも、

体験してみたいことは、自由に妄想の世界で遊んでみてくださいね。

 

 

その妄想の世界が、次の世界を創造していきますよ。

✔︎ 関連記事

思考の現実化にはタイムラグがあるから面白いんです。

 

◆感覚的思考マスタープログラム◆

全国で実施!

「苦しさ」や「しんどさ」とはオサラバ。

詳しくはこちらをクリック!

よければシェアをお願いします!