答えは求めるものではない。

 

誰かに答えを求めることは、

アナタの人生を、答えを求めたその人に渡してしまうことになります。

 

それは、アナタの人生をアナタが作るということができなくなる

ということにつながってしまうのです。

 

 

アドバイスをもらうことはいいと思いますが、

最後に決めるのは、アナタなのです。

 

どんなに

相手が介入してこようとも、

アナタが受け入れなければいいのです。

(介入について詳しくは

「他人の人生には介入できない。」の記事をどうぞ)

 

 

だから、むやみにアナタの悩み事や問題の答えを、誰かに求めることはしない方がいいと思います。

 

逆に誰かが

「アナタはここに悩みを持っていますね、だからこうすればいいですよ」

とアナタに言ってきたとしても、

その情報が腑に落ちなければ、聞く必要はないのです。

 

腑に落ちて、

「そうだな・・・」と思うことは、採用していけばいいと思います。

 

どんなに有名だろうが、

すごいと言われている人だろうが、

関係ないのです。

 

 

アナタに何か違和感があれば、情報を採用する必要はないのです。

(こちらの記事もぜひ読んでみてくださいね

「違和感や直感はハートからの合図。」

 

 

答えは、誰にもわかりません。

「過去がこうだったからこうなる」ということもありません。

 

過去は、ただの情報(記憶)です。

今、目の前で起こっていることとはまったく別物なのです。

 

だから、

答えを求めるのではなく、

アナタ自身で答えを見つけてみてください。

 

いろんな視点で物事を見るために、相談するのはいいと思います。

でも、相手の意見を聞きすぎて、アナタ自身の意見を見失わないようにはしてください。

 

 

そして、最終的にアナタはどうしたいのかを決めてください。

それが答えです。

 

それは、アナタにしか導けなかった答えなのです。

 

 

それが

これまでの常識とか、

価値観とかとまったく違っても、

それを信じてみてください。

 

自分の感覚を信じることが出来れば、

これから何があっても、自分の感覚を信じることができます。

 

 

自分の感覚を信じることは、

答えを自分で探すことになるので、どんな問題も自分で解決できるようになっていきます。

 

 

そうすると、

自分の人生をより簡単に作っていけるようになるのです。

 

そして、

それがうまくいかなかったとしても、人のせいにすることもなくなります。

自分で納得して、次に進むことが出来るようになります。

 

 

だから、答えを”外”に求めることをやめてみてください。

きっと面白い世界が作られていきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー・ブロガー 波動と思考を物質次元でどう使えば楽しくなるのか? 感覚を使いこなせるにはどうすればいいのか? を、日々実験し・検証し、体験しています。