波動エネルギーを軽くすることでアセンションできる理由。

この記事では、波動エネルギーを軽くすることで、結果的にアセンションできている理由について解説していこうと思います。

波動エネルギーのことを理解できれば、アセンション自体がそれほど難しいものではなく、ここからさらに開いていく二極化においても、落ち着いて対応できるようになると思いますので、参考にしてみてください。

 

波動エネルギーを軽くすることでアセンションできる理由。

アセンションするというのは、どこか別のところに行くことを指しているわけではありません。

だから、アセンションをしていくことで、5次元という今とは全く別の空間や世界に行くということではなく、波動エネルギーが軽くなって、それによって自分の共振する次元が変わり(上昇し)体験する現実が、3次元という重い世界から5次元という軽い世界になることを、「アセンション」と呼んでいるだけだということです。

 

ここの認識を間違えると、アセンション自体を探し求めて追うことになってしまいます。

探し求めることや、別のどこか違う世界にいけることがアセンションだと思うと、幻想の中を漂うことになるので、ずっと軽くなることができず、アセンションすることができません。

 

大事なことは、別の惑星にいくような変動をすることではなく、自分が楽しく生きれるようになることです。

重い世界の価値観や考え方を持って、別の惑星に行っても、行った先で同じことが起こります。

それは、持っている波動と思考が同じだからです。

 

波動と思考を変えずに、自分の目に見える周りだけを変える目的で、そのためにアセンションをしようとしてもできないんです。

今ある目の前の現実自体が変わるのではなく、目の前の現実自体の受け取り方や、感じ方、楽しむ方法が変わります。

その結果、そこで体験できることも、集まる人も変わるから、その次に出来上がる現実が変わるのです。

✔️この辺りは、波動領域の記事でも解説していますので、よければ参考にしてみてください。

波動領域の違いについて。

 

このエネルギーの違いを理解できれば、ここでお伝えしている意味も理解できると思います。

流れが逆なのです。

 

「軽くなったから、現実が変わる」のと、「現実を変えるために軽くなる」のは、エネんるギーが全く異なります。

「軽くなったから、現実が変わる」というエネルギーの流れは、自分の中から外に向かってエネルギーが流れていきます。

自分が軽く楽しく生きることを目的に、自分の中を満たして、楽しくしている結果、そこから生まれる思考や体験する現実が変わる。

これは、自分の中から湧き出てくるエネルギーなので、自分にとって合うエネルギーになります。

 

だから、そのエネルギーで作る現実は、軽くて自分が心から満足し、ご機嫌になれる現実になるのです。

 

これが、「現実を変えるために軽くなる」になると、外からのエネルギーの流れになります。

外に対して不満があるから、中を変えていくということになるのです。

このエネルギーの流れで、自分の中を変えていくと、いつまでも満足することがありません。

 

満足できないのは、外によっていくらでも左右されるからです。

例えば、自分にとって居心地のいい人だと思って一緒にいる人がいたとします。

でもその人の不満点を見つける出来事がありました。

すると、外の現実に対して「これが嫌だ」と思うようになります。

 

嫌な現実を変えたいがために、自分の中を変えて、波動エネルギーを選ぶと、選んだ時は「これがいい」と思えると思いますが、また時間が経つと「違う」と思うようになるということです。

ということは、いつまでも満足できない現実を生み出すことになります。

これが外を感じて、自分の中を変える時に生まれるエネルギーなのです。

楽しくなれませんし、満足感を得られません。

 

だから、アセンションすることもないのです。

本当に軽い世界にアセンションしたいのであれば、自分の中を変えることから始める必要があります。

✔️自分の中を軽くする具体的な方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

思考エネルギーを軽くする方法。頭も感じ方もリアクションも軽くする具体例。

 

軽くなると、自分の枠の外の情報を知ることができるから、自分の中から湧き出てくる方向性を見つけられる。

波動が軽くなって、アセンションできるようになると、自分の枠の外から情報を得ることができます。

これは、本で学ぶことやネットで調べても得られる情報ではないんです。

 

僕がこうやってブログを書いていますが、僕は本を読みませんし、他の方のブログもほとんど読みません。

それでもほぼ毎日、3000文字以上のブログ記事をかける理由は、そこにあります。

マインドでは仕入れることができない、外の情報にリンクし、自分の目の前の現実や頭の中で照らし合わせて分析し、その結果をここに文字として書いているから、文章を書くことができます。

 

これができるようになったのも、軽い波動に共振し、アセンションしたことで、自分の理解できる範囲が増えていき、持てる知識と情報が変わっていったからに他なりません。

これも、外から教えたもらったわけでも、チャネリングで勝手に情報が降ってくるわけでもなく、自分が知りたいと思う情報を聞くことで手に入れることができます。

 

チャネリングって、波動が軽くなって必要だったら、誰でもできるようになります。

これも、軽くなれば情報が手に入るのではなく、軽くなって、疑問がたくさん沸いたからそれを調べていくうちに、ふとした直感を思い出したり、松果体を動かして感覚を磨いた結果、チャネリングの精度や確信を得たから、コツがわかってできるようになったことになります。

実際、波動をマスターされた方の中で敏感な方は、チャネリングができるようになっています。

それも、やってみたければ、電話をかけるような感じで友達になれば、いつでも話が聞けるんです。

 

その頃には、もう波動エネルギーが軽くて、価値観が軽いので、それ自体が特別だということを思うこともないんです。

一部の人しかできませんとか、特別な訓練が必要ですって言っている方は、多分勉強不足なんだと思います。笑

それか、エネルギーバンパイアとしてやっている人ですかね。

どちらにしても、誰もできないって、それ自体がおかしいことに気がついた方が楽しく生きれますよ。

✔️チャネリングがしたいなら、まずは松果体の復活からです。

松果体を使えば、波動エネルギーと思考エネルギーを判別できるようになる理由。

 

松果体は、フッ素を使うと復活しないので、歯磨き粉はお勧めしません。

そしてなぜ、松果体に近いところでフッ素を使うように仕向けているのか。

超感覚を思い出したら困るからですね。

 

極論を言えば、毎日ご機嫌でいればアセンションはできています。

毎日ご機嫌にしていれば、自然と心のエネルギータンクも満タンになるし、アセンションできるし、波動エネルギーも思考エネルギーも軽くなります。

その状態で生きていれば、自然と軽くなれるので、アセンションすることができているんです。

二極化のうち、軽い方を自然と選べるようになっていきます。

 

ただ、根本的に重い社会の中にいると、「楽しい」や「ご機嫌」自体も作られたもので、実は波動エネルギーが軽くならないことを「楽しい」や「ご機嫌」に定義している場合があります。

それを見分けるためには、「軽い波動」を感覚的に理解するのが楽だと思います。

だから、軽い波動エネルギーを理解し、その感覚をマスターしていくことが必要だと思うのです。

✔️一見楽しくないと思うことでも、それが案外、軽くなるために必要だったということもあるんです。

波動エネルギーが理解できた後に待っている世界。

 

そういったとこまで理解できるようになると、この世界の面白さがわかると思います。

その結果、勝手にアセンションが進んでいき、自分にとって心か満足できる現実を体験できるようになるんです。

 

まとめ

アセンション自体が難しいことではありませんし、足並みを揃える必要もありません。

それぞれがそれぞれのタイミングで、楽しいこと、満足できることをやっていけば、それでいいと思います。

慌てて周りに合わせていても、それは外からのエネルギーなので、自分に合うものではなかったりするんです。

 

だったら、じっくり自分に合うペースで、自分が楽しいと思える軽い波動を見つけて、そこから生まれる現実を体験していけばいいと思います。

アセンションは、波動を軽くしていればできることなので、波動が軽くなっている自分の状態を探すなり、実践してみるなりしてみてください。

よければシェアをお願いします!

ABOUT US

今西 史樹
今西 史樹
今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』