波動が重い具体的な状態。

波動には、「良い・悪い」「高い・低い」というのはありませんが、

「重い・軽い」というのはあります。

 

波動が重いか軽いかによって、アナタの見える現実が異なってくるのです。

 

「軽い波動」については以前お話ししました。

では、「重い波動」とはどういうものか、説明していきます。

 

波動が重い具体的な状態。

「重い波動」

これは、言葉にするとよくわかるのですが、

 

「つまらない」

「苦しい」

「悲しい」

など、アナタが聞いて嬉しくない、楽しくない言葉です。そして「嬉しくない・楽しくない」と感じている状態が重い波動に共振している状態にもなります。

 

上から押さえつけられるような、息苦しいような、ぐーっと苦しくなるような、そんな感覚でいるときも、重い波動に共振している時です。

 

そんな時の自分を想像してみてください。

きっと楽しくはないはずです。笑

 

それが今の社会のほとんどであり、ピラミッド社会を作り上げている理由であり、社会に対して、権力者に対して、違和感を覚える大きな理由になります。

 

波動を高める言葉と真逆が重い言葉です。

頭の中では、言葉で考え思考しています。

その言葉が「重い言葉」だと、そこに共振してしまうので、アナタ自身の波動も重くなってしまうのです。

 

そして、アナタ自身の波動が重くなれば、それに現実が引っ張られてしまいます。

「つまらない」「苦しい」「悲しい」などの言葉をつぶやいている人が周りに集まってくるのです。

 

自分の頭や、自分の波動エネルギーの状態が、今の自分の目の前の現実だということになります。

 

アナタの周りを見渡してみてください。

どんな人がいますか?

どんな出来事が起こっていますか??

 

それをじっくり観察してみてください。

するとアナタの波動がどういう状態なのかがわかります。

 

そして、それを変えたければ、アナタが”平和”になってください。

 

波動によって引き寄せられる現実は変わる。

アナタの波動が重いと「重い現実」を引き寄せるのであれば、

アナタの波動を軽くすれば、「軽い現実」を引き寄せることができるのです。

 

重い波動のまま、「軽い現実」を引き寄せることは、無理です。

だから、重い波動エネルギーから軽い波動エネルギーに共振し直す必要があります。

 

これも、同時にすることはできません。

まずは、重い波動エネルギーの共振を解くところから始まります。

そうしないと、いつまでも重いままで居続けることになるからです。

 

居続けるということは、引き寄せられる現実は重いままですし、今までと同じになります。

今までと同じが嫌なのであれば、共振しているエネルギー自体をまずは変える。

これがもっとも効果的なのです。

 

波動を高める(軽くする)方法。

まず、自分の身体の波動エネルギーを軽くしていきます。

そのために、自分の居心地のいい場所に行くか、実際に行けないのであれば、写真でもいいので、視覚的に捉えられるようにしてみてください。

 

そして、そこにいるのであれば目をつぶって、居なければあたかもそこにいるような気持ちで目をつぶってみてください。

そこにいる感覚だけに集中していると、自分の中にフォーカスしていく感覚がわかるようになります。

 

ここで、マインドがいろんなことを考え出すことも出てくるでしょう。

そんな時は、思いっきり考えることを優先させて、飽きるほど考えていくんです。

 

考えることを止めようとすると、考えることをやめられなくなります。

そうではなく、思いっきり考えるということを意識することで、そこに向き合うことができるようになるのです。

 

向き合い続けていると、途端に飽きが出てきます。

飽きるくらい考えていると、気がついたら考えることをやめているんです。

 

それがフォーカスを外した瞑想状態になります。

つまり、考える対象のエネルギーがなくなって、考えることを自然にやめられるようになるんです。

 

すると、気にしたものが気にならなくなり、自分の感覚だけに集中することができます。

その状態が、重い波動エネルギーから抜け出せた瞬間の状態です。

 

その状態ができたら、自分のふわっとするようなイメージを膨らませていきます。

そのイメージは、なんでも構いません。

 

今日の夕飯は何にしようかな。

これから温泉に行こうかな。

そういえばあのアイデア実行できるかな。

 

そうやって、自分の「やりたい」と思うことをやってみると、さらに軽くなっていきます。

ここで大事なのは、自分のやりたいことという視点です。

 

誰かのためにやるのではなく、やらないといけないからやるのではなく、自分がやりたいからやるということが大事になってきます。

そうしないと、せっかく軽い感覚に共振できるようになったのに、また今までと同じような状態になってしまうからです。

 

マインドが止まり、重い波動エネルギーの共振が抜けたら、とにかくくだらないと思うことでもいいので、自分の「やりたい」を実行してみてくださいね。

 

波動を高める(軽くする)言葉。

自分のやりたいことが思いついたら、次は「できた!」という言葉をつぶやいてみてください。

やってみたい・・・けど。。。

というのは、けどよりも後の言葉を実現化していきます。

 

だから、「やりたいけどできない」現実ばかりが出来上がっていくのです。

 

本当にやりたかったら、「できた!」と思っていれば、できるようになります。

やりたいな〜!できた!

そんな風に、軽く「できた」ということを言葉にしているだけで、どんどん軽くなっていくのです。

 

軽くなっていき、「できた」と思うことに疑いがなくなったら、それはもうできたも同然だということです。

できたと思えるものは、必ずできます。

イメージできることは、必ずできるんです。

 

それがわかってくると、謙遜をする必要が全くなくなることがわかると思います。

 

自分のやりたいは、全部できるんです。

だって、やりたいと思ったら、それはイメージができているということですから。

 

まとめ

重い波動に共振している具体的な状態は、言葉にすると難しいように思えますが、すごくシンプルに「居心地が悪い」状態だったり、「違和感がある」状態だったりします。

それがマインドではなく、身体の反応でわかるようになってくると、すぐに感じられるようになるので、自分の居心地にフォーカスして暮らしていくこともできるようになっていきます。

 

重い波動エネルギーとは一体何なのか?

それをまずは自分の日常から探してみてください。

 

そして、それが自分の現実に影響があると思うなら、それを昇華する術を知って、エネルギーごと昇華してみてください。

ここを頭でなんとかしようとすると、余計に迷子になりますし、重いエネルギーが大きくなっていくだけになります。

 

そうではなく、重い波動エネルギー自体を昇華していくことが大事なのです。

 

重いエネルギーをしっかりと昇華できれば、そこにシコリとして残ることもなくなります。

シコリとして残らないから、ブロックもできませんし、心理的なストレスをうむタネにもなりません。

 

それを日常的にやっていけば、重いエネルギーに共振して、心や頭が重くなることは劇的に減っていきます。

この辺りができるようになるから、波動エネルギーの軽い・重いをしっかり感覚で理解できるようになる必要があるのです。

 

いくら頭の中を変えても、重い波動エネルギーがなくならないのは、そういうことになります。

波動はマインドで考えて動かすものではないからです。

 

思考エネルギーというのは、マインドではないんです。

 

その辺りがしっかりと理解できれば、波動エネルギーを軽くすることや、軽い現実を引き寄せることができるようになっていきます。

面白かったらシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

今西 史樹(いまにし ひとき) BEC株式会社代表取締役。 軽く楽に楽しく生きるための価値観、波動の使い方、思考の使い方などを伝えています。電子書籍『波動のチカラ』