直感が当たる例を出してみました。

 

「直感って、意外と当たるもんだよね」

そんなことを聞きます。

 

直感は”意外”ではなく、当たります。

ただ、それを信じているか、信じていないか。

ただそれだけの差なのです。

 

では、そもそも「直感」とはどういうことなのでしょうか??

例を挙げながらお話していきます。

 

例えば、

アナタが車(自転車でもいいです)を運転していて、

「(なんとなく)こっちの道の方がいいかな?」

と思ったとします。

 

でもその道は、明らかに遠回りの道です。

さて、アナタはどう行動しますか??

 

ここでの直感というのは、

● もしかしたら、いつもの道に行けば渋滞に巻き込まれるかもしれない。

● 事故を回避するためかもしれない。

 

もしくは、

● 違う道に行けば、懐かしい出会いがあるかもしれない。

● 新しい発見を見つけるかもしれない。

 

これらの理由で、

アナタが違う道に行くことをひらめいたのかもしれません。

 

これが「直感」です。

 

なにも、悪いことを回避するだけが直感ではありません。

アナタに必要な情報があるから、「いつもと違う道に行け!」というサインがあったのかもしれません。

 

直感を信じるには、

直感を感じたときにそれにしたがってみるしかないのです。

 

「こうしたほうがいいかも!」

と思ったら、それをやってみてください。

それが、明らかに損だと思ったとしてもです。

 

短期的に見れば、損に思うことはあるかもしれません。

でも、それはマインドで考えられる範囲の損になります。

 

 

直感は、アナタが意図している世界に向かうための合図です。

一見すると損に見えても、

ゴール地点からしたら必要なことなのです。

 

それを実行するか、

実行しないか。

 

それだけの差が、

大きな分岐になります。

 

そして

もし、必要な経験であれば、

何度も同じような直感が頭の中にひらめきます。

 

そんなときは、素直に受け止めてみてください。

 

そして直感というのは、意識すれば毎日していることに気がつきます。

そして、それが自分の感覚の中で腑に落ちていきます。

 

頭で理解しようとせず、

ただ、直感をつかまえてみてください。

 

時には。

「え!?」

と思うこともあるでしょうが、

ぜひそれもやってみてください。

 

きっと面白くなっていきますよ~!

 

関連記事

「自分で作る現実に損するということはない。」

「”なんか違う”という直感からわかること。」

「小さな閃きを実行する。」

「行動に移せない時の原因と対処法。」

「周りの人の目が気になるのはエネルギーに敏感だから。」

 

今西のLINE公式アカウント

気が向いたときに、気づきや発見を送っています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!

無料登録はこちら