波動が低いときに起こること、そうなった時の対処法。

自分の波動が低いときに起こることがあります。

自分の波動が低いということは、重い現実を引き寄せることになります。

だから、重い現実が起こってしまうのです。

 

重い現実とは、例えば、

  • 分けもわからずにイライラする
  • 相手に同情のエネルギーをもらう
  • どんどん重いイメージの世界を作ってしまう

などがそうです。

 

自分の状態がそんなときは、

「自分の波動が重くなっているんだ!」

と認識してください。

 

認識するだけで十分です。

というよりも、認識できないと、自分が今「重いのか?」ということも見つけることはできません。

 

もしその時、アナタの周りに誰かいれば、

「今、私はイライラしています」

と自分の状態を伝えればいいのです。

そうすれば、周りの人はそっとしてくれると思います。

 

また、態度に出てくる以外にも、

波動が低いときは、自分の中で出てくる感情が重いものになっています。

 

感情が重いというのは、例えば、

  • 軽蔑して相手を見てしまう
  • 心から応援できない
  • 心の中で相手を否定してしまう

などです。

 

表立って何かをするわけではありませんが、

浮かんでいるアナタの思考が、重い現実のほうへと動いていきます。

 

”思考が先、現実があと”なので、

考えが浮かんだ相手に何かが起こるのではなく、アナタの見る現実は重いものになります。

 

 

これらすべて、

誰かが重いからその現実を見ているのではなく、

アナタの波動・思考が低いから、引き寄せているのです。

 

ということは、

アナタの波動・思考が変われば、アナタの現実も変わります。

 

「自分が重くなったな・・・」

と思ったら、軽くすればいいだけの話なのです。

それだけです。

 

波動が低いと感じたら、まずはそれを感じてみてください。

低くなっている、重くなっている自分を見つけて、それを感じてみてください。

 

感じ切ったら、

どうすれば自分が軽くなるのかを考えてみてください。

 

気分が変わることがあれば、それをしてみてください。

 

例えば、

音楽を聴く

本を読む

映画を見る

散歩をする

寝る

なんでもいいので、気分転換をしてみてください。

 

そうすれば、アナタの波動が変わるので、アナタの見える現実は変わります。

アナタの見える現実が変わったら、アナタ自身の波動が変わったということです。

 

どんどん気分転換してみてくださいね。

アナタが自分の人生を作っているのです。

 

それが腑に落ちてくると、自由に現実を描けることになります。

自由に描けるんだったら、アナタはどんな現実を描いていきたいと思いますか?

⇒波動をマスターするプログラムはこちら

 

関連記事

「未来のタイムラインは無数にあって、選び放題な理由。」

「現実を軽く楽しいものにするには、波動と思考を変えるしかないワケ。」

「自分の内側を整えるから、平和な現実を体験する。」

「自宅をパワースポットにする方法。」

「軽い波動で生きる方法。」

 

開催情報in東京

7月20日(土)

軽い波動の体験交流会
13:30〜15:30
参加費:3,240円
JR東京駅周辺にて

詳しくはこちら

 

波動エネルギーの感覚レクチャー会
(1)17:00〜18:00
(2)19:00〜20:00
各回2名さまずつ
参加費:10,000円
地下鉄 東銀座駅周辺にて

詳しくはこちら




【無料】99%の人が知らない
「この世界の真実」を伝えていく音声講座

”軽く生きたい”と思っている方は、ぜひ聴いてみてください。
僕が思っている真実を、オフレコなしで話しました。
とてもリアルなお話ですよ〜!








週末配信
僕が見つけた”軽くなる発見”をお伝えする無料メルマガ

この一週間で感じたこと、わかったこと、気がついたこと。
それらを「ここだけの話」としてお伝えしていくのが、このメルマガです。




ABOUTこの記事をかいた人

今西 史樹

BEC株式会社 代表取締役 波動トレーナー ブログでは、軽く生きたいと思っている方に向けて書いています。僕も過去に現実が、重くて苦しくて、どうしようもない時期がありました。そんなときに、今までとは全く別の価値観や感覚を知ることができたのです。でも知ったからといって、急激に現実が変わるわけではなく、ちょっとずつ自分の中を整理していくことで、変わってきました。今でも新しい発見や、新しい視点、価値観、感覚を知ることができていますし、それが見つかるたびに楽しくなっていくのです。だから、同じように、重くて苦しくても、波動と思考を知れば、少しずつ自分で変えていけるんだということを伝えています。