波動が低いときに起こること、そうなった時の対処法。

自分の波動が低いということは、重い現実を引き寄せることになります。

だから、重い現実が起こってしまうのです。

 

重い現実とは、例えば、

  • 分けもわからずにイライラする
  • 相手に同情のエネルギーをもらう
  • どんどん重いイメージの世界を作ってしまう

などがそうです。

 

自分の状態がそんなときは、

「自分の波動が重くなっているんだ!」

と認識してください。

 

認識するだけで十分です。

というよりも、認識できないと、自分が今「重いのか?」ということも見つけることはできません。

 

今の自分の状態を俯瞰して、それを伝えられるときに伝える。

 

もしその時、アナタの周りに誰かいれば、

「今、私はイライラしています」

と自分の状態を伝えればいいと思います。

そうすれば、周りの人はそっとしてくれると思いますし、何よりアナタがどう思っているのか、何を感じているのかがわかるようになります。

 

逆の立場で考えてもらえればよくわかると思いますが、相手の気持ちがわからないことって、どうしていいかわからなくなると思うのです。

それと同じです。

 

自分の正直な気持ちを表現することはダメなことではありません。

自分の感じている感情に、いいも悪いもないんです。

 

だからこそ、自分の感じていることをまずは自分で受け止めて、そのあとに一緒にいる人に伝えることが大事になっていきます。

 

どうしても感情がおさまらないのであれば、自分の目の前に人を立たせないようにしてみてください。

人がいると、フォーカスする先ができてしまいます。

波動エネルギーに慣れていても、目標ができるとどうしてもそこにエネルギーを流してしまうのです。

 

ちょっとしたことでイラっとして、そのイライラを目の前にいる人にぶつけたら、そのエネルギーが自分に返ってきます。

つまり、回り回って1番重いエネルギーを受けるのは、出している自分になるのです。

 

その状態で居続けるということは、重い波動エネルギーに共振し続けることになります。

だから、いつまでも抜け出せないのです。

 

ぶつけるのではなく、自分の感じている感情を感じてみてください。

怒りだったら、その怒りを感じるんです。

悲しいことだったら、その悲しさを感じるんです。

 

感じていれば自然に消えていきます。

 

感情を重くすると、余計に重くなる。

 

感情が重いというのは、例えば、

  • 軽蔑して相手を見てしまう
  • 心から応援できない
  • 心の中で相手を否定してしまう

などです。

 

表立って何かをするわけではありませんが、

浮かんでいるアナタの思考が、重い現実のほうへと動いていきます。

 

”思考が先、現実があと”なので、

考えが浮かんだ相手に何かが起こるのではなく、アナタの見る現実は重いものになります。

 

重い状態で重いものを体験するから、さらに重くなる。

重くなるのスパイラルですね。

 

そうなるのは、感情に軽いと重いはあったとしても、いい悪いはないということを知らないからです。

 

感情自体に判断材料を持っていると、それを感じたときに蓋をすることになります。

例えば、「怒ってはいけません」という価値観を持っていれば、どんなに怒りの感情が出てきたとしても、それを押し殺す行動に出ることになります。

押し殺すというのは、昇華ではなく貯めることです。

 

ダムもそうですが、溜めすぎると決壊しますよね。

それと同じように、自分の中にある感情を貯めるタンクに入れることになってしまいます。

 

そのタンクは、無限に受け止めることができません。

だから、決壊します。

 

自分が壊れたように、感情が爆発して取り返しのつかないことになりかねないのです。

これは、普段から何気ないところで感情を表現できず、溜めている証拠になります。

 

重い感情を貯めれば、そのエネルギーを持つことになります。

つまり、重いエネルギーを持っていることになるのです。

 

重いエネルギーを持つということは、そのエネルギーを出しています。

だから、根本的に自分の中にある重いエネルギーを昇華しないことには、いつまでも重い現実になるようにオートメーション化して現実を作ることになるのです。

 

重い現実を見るときは、自分が重いだけ。だから、軽くすれば変えられる。

 

これらすべて、

誰かが重いからその現実を見ているのではなく、

アナタの波動・思考が重いから、引き寄せているのです。

 

ということは、

アナタの波動・思考が変われば、アナタの現実も変わります。

 

「自分が重くなったな・・・」

と思ったら、軽くすればいいだけの話なのです。

 

「重い現実を見た自分は、波動が重いんだ・・・」

と、自己否定する必要もなければ、絶望する必要もないのです。

だって、それがわかったなら変えればいいだけ。

 

波動が低いと感じたら、まずはそれを感じてみてください。

低くなっている、重くなっている自分を見つけて、それを感じてみてください。

 

重いエネルギーを感じ切ったら、

どうすれば自分が軽くなるのかを考えてみてください。

気分が変わることがあれば、それをしてみてください。

 

例えば、

音楽を聴く

本を読む

映画を見る

散歩をする

寝る

なんでもいいので、気分転換をしてみてください。

 

気分転換は、案外パワフルなツールだったりします。

なんどやっても、気分が変わるんだったらやってみてください。

1度で変えようと思うから、余計にしんどくなります。

 

1度で気分が変わることもあれば、いろんな気分転換で変わることもあるんです。

それは、自分の感じている重さがどのくらいの大きさなのかによって変わります。

それも自分が「できた」と思うまでやってみればいいと思うのです。

 

そうすれば、アナタの波動が変わるので、アナタの見える現実は変わります。

アナタの見える現実が変わったら、アナタ自身の波動が変わったということです。

 

どんどん気分転換してみてくださいね。

アナタが自分の人生を作っているのです。

むしろ、自分の人生は、自分でしか作ることはできません。

 

それが腑に落ちてくると、自由に現実を描けることになります。

自由に描けるんだったら、アナタはどんな現実を描いていきたいと思いますか?

どんな楽しい世界で過ごしていきたいですか?

 

軽い世界にもたくさんの軽い世界があります。

 

人によって個性が違うように、軽い世界にもそれぞれの個性があります。

イメージしている世界が違うからこそ、それぞれが生きたい世界を描けるのです。

 

それこそ、1つの世界しかなかったら、つまらないと思います。

テレビゲームで、プレイステーションしかないような状態ですから。

 

人によっては、ニンテンドーのゲーム機が良かったり、そのほかのゲーム機が良かったりするわけです。

それらは、それぞれの好みによって変わります。

 

それと同じように、軽い世界もたくさんあって、それぞれが好きな世界を描けるのです。

 

重くなった自分を昇華し、重い価値観を手放していくことで、その世界をイメージすることができます。

それは、重いままでは想像すらできない世界だからです。

 

重い世界のまま、軽い世界にはいけません。

だから、自分の中を軽い状態にすることが先なのです。

 

自分の状態を軽くした状態で、軽い世界をイメージするから、その世界が具体的になります。

まずは、自分が重くなる原因、その原因を昇華したり、気分転換したりして、軽い感覚を身につけてみてください。

きっと今までとは違う現実を体験できると思いますよ。

 

関連記事

「未来のタイムラインは無数にあって、選び放題な理由。」

「現実を軽く楽しいものにするには、波動と思考を変えるしかないワケ。」

「自分の内側を整えるから、平和な現実を体験する。」

「自宅をパワースポットにする方法。」

「軽い波動で生きる方法。」

 

今西のLINE公式アカウント

気が向いたときに、気づきや発見を送っています。

登録いただいた方に、「楽にかるい波動で生きるためのマル秘バイブルPDFファイル」をプレゼント!

無料登録はこちら